東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県の転職エージェント
関東地方東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県

関東地方で障害者枠の仕事探しをサポートする、転職エージェントを紹介します。
ここを最後までじっくり読めば、転職に成功する方法と、自分にぴったりの転職エージェントが分かります。

最新情報-07/01/2021<転職市場の動向>
6月から7月は、コロナ禍ですが求人案件数は僅かに上昇です。

このデータは、各社求人の重複もあるため、求人の実数ではありませんが市場の動向として見て下さい。
障がい者転職市場7月までの動向

  • アットジーピー 6/1(876件)
  • dodaチャレンジ 6/1(1017件)
  • ランスタッド 6/1(354件)

このメディアの強みは、ここを運営する有志のアドバイザー達が各企業の人事採用担当なことです。
各企業の人事で動きがあるので報告します。


新型コロナウィルスの感染拡大による経済活動の悪化に伴い転職市場が悪化しています。
今月は先月より若干上昇傾向ですが、ほぼ横ばい状態です。

現在のデータでは、昨年の7月が底で1792件です。
今月は、2195件です。(非公開含まず)
1年経過して455件増加しています。



しかし、コロナ禍前の求人案件数にはまだまだ遠く、このままでは今後企業の予算の見直しが有り、コストがカットされ大幅に採用が減少すると予測されます。

転職を検討している人は早めに行動に移しましょう。

昨年の夏以降、全体から見ると少し回復してきてはいますが、デルタ株感染拡大で今後は減少する可能性があります。

今月は首都圏より地方に影響が出ているようで、地方に強いアットジーピーの求人数が減少しています。

転職サイトで確認出来る求人案件数は、非公開を含む全ての数とは異なり減少していると考えられるので、より成功確率を上げるために転職の相談は数カ所にしてください。

<コロナウィルス対策>
*現在「ランスタッド」「dodaチャレンジ」「アットジーピー」はリモートで自宅から相談が出来ます。(3社とも全国対応です。)


他県への転職を考えている方は、こちらから
北海道東北関東中部近畿中国四国九州


-この記事が向いている人-

  • 関東地方で障害者枠の求人を探している人
  • 関東地方で障害者枠で採用されたい人
  • 関東地方で障害者枠の転職に成功したい人
  • 利用する転職エージェントがわからない人
  • 転職エージェントの活用の仕方を知りたい人

ハローワークってダメなの?

女性スタッフ

公共職業安定所のハローワークではダメなの?

アドバイザーKアドバイザーK

雇用保険や失業保険などは、ハローワークでないと出来ないので、とても役に立つ公共機関です。


ですが、障害者枠の仕事を探す方法で、ハローワークは向いていません。
なぜなら、ハローワークは求人を出すとき企業の審査が無いからです。

理由審査のないハローワークはどのような企業でも求人ができます。
つまり、どの企業も求人票を提出さえすれば掲載されます。
なので、上質な求人ばかりではないということです。

では、転職エージェントはと言うと、審査をしてから企業間で人材紹介の契約を結びます。
その契約には違約金も盛り込まれていて、紹介した人材が数ヶ月以内に退職した場合は、紹介料を契約内容に沿って返却することになります。

なので、紹介した人材が即辞められては何も儲からないので、契約を締結する前に企業を審査するのです。
だから、転職後に不満があると言う事は少ないのです。

【ポイント】
ハローワークは、審査がないので自分で企業を調べないとわかりません。
それでは、時間もかかりコストも大きいですよね。
なので、転職ではハローワークは向いていません。

なぜ転職に使うのはエージェントなのか

アドバイザーKアドバイザーK

ハローワーク以外であれば、転職サイトや他の転職求人誌など、どこでも良いかと言うと、それも違います。
一番良いのは転職エージェントを利用することです。

理由転職サイトや求人誌などは、企業情報と求人内容と仕事内容が書かれているのを自分で閲覧するだけです。

固定された誰でも解る情報しかなくて、お得感ゼロです。それだけではダメなのです。

文字からだけでは企業の社風もわからないし、仕事で求められる具体的なことも解りません。

-例えば-
応募資格や仕事内容のところ等に「Excelの使える方歓迎」などと記載されている場合がありますが、Excelと言っても、関数が少し使えれば良いのか、ピボットが使えないとダメなのか、フィルターが使える程度で良いのかなど、色々考えられます。

この他にも、「社会人として基本的なことが出来ること」等と書かれている場合もありますが、挨拶や身だしなみ程度ならわかりますが、アサーティブとかアンガーマネジメントなんて言われたら意味不明です。

また、一番気になることは、障害への配慮です。

これは、障害者枠の雇用経験がある企業と言うだけでは解りません。
障害名をいくつも書いて「雇用実績あり」と書いてあるのを見ますが、担当者が変われば実績はないのと同じです。

もしも、初めての担当者にに当たってしまったら最悪です。
モルモット状態になる可能性があり、絶対に長く働けないでしょう。
そうなると、企業も担当者も障害者もギブアップです。

このように、文字だけでは採用情報を収集することに限界があります。
なので、対策を打つことは難しく、内定まで行く確率が低くなり、雇用までたどり着けません。

ですが転職エージェントは違います。
それは、最低でも3つあります。

【転職エージェントが良い理由】

  1. 活きている求人情報
  2. フォローとサポート体制
  3. 入社後のフォロー

活きている求人情報

1つ目は、活きている求人情報です。ハローワークは求人の内容が精査されていません。

例えば

  • ただ形だけ出しているような、数ヶ月、いや数年変わらない求人
  • 求人票の業務内容が伝わってこない説明
  • 転職市場の相場を全く知らない、最低賃金

何年間も頭の中がフリーズしているんではないかと思うほどの時代錯誤に内容に驚かされます。

まだ、ハローワークでも大手企業の求人情報であれば、企業の採用担当者がエージェントと接触していたり、マーケットに敏感なので、エージェントからの採用条件に合わせてきますが、中小企業は良い案件ばかりではありません。※全てではありません個人の見解です。

転職エージェント一方、転職エージェントは企業の採用担当者にこまめに連絡を取り、いつも最新の採用情報を持っています。

その時、転職エージェントは企業の担当者へ転職市場の動向を伝え、値頃感を共有します。

なので、転職エージェントの持っている企業の求人情報は、いつも新しく、活きている時代に沿ったものになっています。

女性スタッフ

それであれば、利用する障害者はマーケットにあった採用条件が整っている求人情報が集まる転職エージェントを利用するほうが徳ですね。


アドバイザーKアドバイザーK

そうですね。自分のことなので、いい加減には決めて欲しくないです。

失敗すると、また転職になります。転職はそのたびに大変な思いをしますし、何より転職回数が短期間出で多くなると、次の転職が難しくなるという統計もあるので、良いことはありません。

フォローとサポート体制

2つ目は、転職先を探すことから、内定までのフォローとサポート体制です。

-応募先が決まるまでのフォローとサポート-

  • 人材になる応募者1人1人と面談
  • 応募者の転職の要求を満たす提案
  • 求人内容や雇用条件のわからないことへの情報提供
  • 不明快なことは、企業へ問い合わせて確認

-応募先が決まった後のフォローとサポート-

  • 応募書類の書き方と添削
  • 模擬面接を行い対策の実施
  • 応募書類の提出
  • 面接日程の調整
  • 面接の後、企業の担当者へ口頭でのフォロー
  • 内定の時の条件交渉

アドバイザーKの体験談私は現役で採用担当を企業でしていますが、面接の後で採用するか悩む時があります。

その時、面接後の転職エージェントからのフォローで背中を押され採用を決めたことが何度もあります。

採用したい気持ちはあるけど悩んだ時、自分への言い訳になるのだと思います。

入社後のフォロー

3つ目は、雇用後のフォローです。
入社後に、入社前に見えなかった事が見えてくる場合がります。

-例えば-
社内の人間関係などです。社員の中には、障害者枠で働く人のことをよく思っていない人もいます。

思っているだけであれば、いろいろな人がいるので仕方ないと割り切りますが、利害が出てくるとそうもいきません。

ですが、自分が直接言うのは言い難いし、言ってはいけません。揉める元です。
そういう時、転職エージェントを利用していた場合、相談ができます。

Point転職エージェントは、そう言った入社後のトラブルを回避したり、解決することも出来ます。
障害者にも、企業側にもシコリが残らないように解決します。

女性スタッフ

転職エージェントって、流石というか。
プロですね。


アドバイザーKアドバイザーK

そうなんです。転職のプロなんです。
だから、利用することを勧めているんだよ。

しかも、これ全てが無料

ここまで、フォローとサポートをしてくれるので内定率が高く、転職エージェントの利用者の9割が転職に成功をして満足度が高い理由です。

女性スタッフ

納得です。

これは、ハローワークや、転職サイトや転職情報誌には真似は出来ません。
これが、転職エージェントの利用をする人が多くて満足度が高い理由です

-補足-
転職エージェントは常日頃から企業とミーティングをして求めている人材をチェックしています。

どのような資格が必要で、どのようなポジションで働く人を探しているか確認をおこたりません。

また、障害を勉強するセミナーに参加したり、エージェントの社内でも勉強会を開いて学んでいます。

なので、障害特性や同じ障害名でも人によって症状が違うことや、個人個人の性格が関係していることなど、育った環境によっても障害者1人1人が違うことを学んでいるので、誰にでも対応できるスキルがあるのです。

女性スタッフ

どうりで行き届いている訳ですね。

転職の成功の鍵を握る最後の1つ

転職を成功させるためには、転職エージェントが良いことは解ってもらえたと思いますが、これだけではまだ足りません。

あなたは自分の強みを自分でしっかり解っていますか?
転職する時、自分の強みは売りになります。そこを転職エージェントに売り込み解ってもらえなければ転職の成功はしません。

もし、自分の強みが解らなかったり、解ったつもりなっていると思う人は、まずはこのグッドポイント診断を受けてみましょう。公式からの登録で無料で利用できます。

グッドポイント診断公式サイト
https://next.rikunabi.com/

ポイントグッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した、約30分でできる無料の本格診断サービスです。

ここで、診断にかかる30分が長いと思いますか?
転職を成功させるための30分なんて短いと思いませんか。
アドバイザーKアドバイザーK

毎日やるわけではありません。
1日24時間なので、30分は1日のたった48分の1の時間です。
たった1回で診断ができます。
面倒だなんて思わないで頑張ってください。

関東地方の転職エージェント7選

関東地方(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県)の求人を取り扱っている転職エージェントです。

登録3分 全て無料で利用できます

  1. アットジーピー
    全国で一番求人案件数が多いマルチ総合情報型
    【公式】https://www.atgp.jp/
  2. dodaチャレンジ
    幅広い求人ラインナップとフォローとサポートが手厚い信頼型
    【公式】https://doda.jp/
  3. ランスタッド
    30代~40代の正社員の求人を得意とする専任カウンセラー型
    【公式】https://www.randstad.co.jp/
  4. エージェント・サーナ
    85%が独自の非公開求人2ヶ月以内の内定率脅威の60%独自クローズ案件型
    【公式】https://www.agent-sana.com/
  5. ラルゴ高田馬場
    圧倒的なサポート力と障がい者専門の福祉施設ラルゴ神楽坂のノウハウを融合した就職・転職支援総合サービス
    【公式】https://go-largo.jp/
  6. D&I
    特例子会社からオフィス環境までサポートするニッチなサービス型
    【公式】https://bab-navi.com/
  7. アビリティスタッフィング
    精神障害者の就労に強く、紹介予定派遣のサービスもある精神障害特化型
    【公式】https://ability.r-staffing.co.jp/

関東地方の転職エージェントの求人数を比較

東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 群馬県 栃木県 茨城県
アットジーピー 720 176 100 115 47 54 61
dodaチャレンジ 491 56 22 22 3 2 12
ランスタッド 187 45 16 32 18 31 16
ラルゴ高田馬場 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
DIエージェント 69 13 2 6 1 3 4
エージェント・サーナ 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
アビリティスタッフィング 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開


-データについて-
21年5月25日現在
求人数は多少変化があります。
最新の情報をご確認ください。

リクルートの転職エージェント利用の統計データ

リクルートの調査で、転職に成功した人の転職エージェントの利用数は4.2社です。
全体の利用者数からだと2.1社になっています。

転職エージェント平均利用者数
転職決定者 平均4.2社
利用者全体 平均2.1社

関東地方の利用すべき転職エージェント

転職を成功する為には、リクルートの統計から見ると最低2社以上の転職エージェントを利用しているので、まずは関東地方のエージェントの中から2社を選びます。

ここでは、多くの求人の中から選びたいので、求人案件が圧倒的に多いアットジーピーは必須になります。

関東全域で必須の転職エージェント

『関東で求人案件が1番多いエージェント』
アットジーピー
全国で一番求人案件数が多いマルチ総合情報型
【公式】https://www.atgp.jp/

東京都・神奈川県・千葉県で利用すべき転職エージェント

次は、県によって求人案件が多いエージェントが変わります。

『東京都・神奈川県・千葉県編』

dodaチャレンジ
幅広い求人ラインナップとフォローとサポートが手厚い信頼型
【公式】https://doda.jp/

東京都・神奈川県・千葉県で一緒に利用するエージェント

アットジーピー
全国で一番求人案件数が多いマルチ総合情報型
【公式】https://www.atgp.jp/

dodaチャレンジ
幅広い求人ラインナップとフォローとサポートが手厚い信頼型
【公式】https://doda.jp/

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県で利用すべき転職エージェント

『埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県』

ランスタッド
30代~40代の正社員の求人を得意とする専任カウンセラー型
【公式】https://www.randstad.co.jp/

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県で一緒に利用するエージェント

アットジーピー
全国で一番求人案件数が多いマルチ総合情報型
【公式】https://www.atgp.jp/

ランスタッド
30代~40代の正社員の求人を得意とする専任カウンセラー型
【公式】https://www.randstad.co.jp/

キャリア重視の人へイチオシの転職エージェント

『30代~40代の正社員』

ランスタッド
30代~40代の正社員の求人を得意とする専任カウンセラー型
【公式】https://www.randstad.co.jp/

女性スタッフ

そうなると、効率よく転職するためには、アットジーピーとdodaチャレンジとランスタッドに登録しておけば良さそうですね。


アドバイザーKアドバイザーK

そうだね。強みを知る、グッドポイント診断も忘れずにね。


女性スタッフ

でも、あまり多いと登録に時間がかかるので面倒そうですね。


そんなことありません。

これらの転職エージェントは、全て無料で2~3分で登録ができます。

どうしても面倒な人はこの2つだけは登録しておきましょう。

絶対に登録するべき2社
【公式】dodaチャレンジ

【公式】ランスタッド

アドバイザーKアドバイザーK

では、次で今選んだエージェントの紹介をしていきます。

アットジーピー

【関東全域でNo.1の求人数】
atgp-top-big
【公式】https://www.atgp.jp/

アットジーピーの特徴

  • はじめての転職でも大丈夫、専任のコンサルタントが書類の書き方から、面接の仕方まで全力でサポート!
  • 障害者転職サポート実績No.1

-ここだいじ-
業界No.1の求人案件を持つアットジーピーが、あなたにマッチした求人を紹介します。

また、専任のキャリアアドバイザーが書類の書き方から、面接の仕方まで全力でサポートをします。

一度登録しておくと求人企業からのスカウトメールと面接が確約されたプラチナスカウトで、あなたにマッチした求人が届くサービスがあります。

ポイント関東全域(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城圏)で一番求人数を持つアットジーピーは、絶対に登録すべき基本のエージェントです。
今、直ぐに納得いく求人が無くても、スカウトメールで連絡が来るので、あとは待つだけです。

カウンセリング拠点

-最寄り駅-

  • 東京メトロ銀座線「京橋」駅 5番出口すぐ
  • 都営浅草線「宝町」駅 A5出口 徒歩3分
  • JR「東京」駅 八重洲南口 徒歩7分
  • JR「東京」駅 京葉線出口 徒歩5分

【カウンセリング】

女性スタッフ

電話やオンライン面談ツールを利用したカウンセリング実施中です。

dodaチャレンジ

【東京都、神奈川県、千葉県でNo.2の求人数】
doda-top-big
【公式】https://doda.jp/

dodaチャレンジの特徴

  • dodaチャレンジ自体が特例子会社です。リアルな体験から働きやすい環境の企業を提案できます。
  • 約3,000社の取引実績の豊富な求人の中から、あなたにマッチした仕事を提案できます。

-ここだいじ-
サービス満足度95%を誇るdodaチャレンジは、20代から50代までの利用者がいます。

満足度の高い理由は、「豊富な就職ノウハウに満足!」「レスポンスの速さに満足!」「1人づつを理解する姿勢に満足!」と言う声が多くあり、カウンセリングから転職までの満足度を裏付けています。

カウンセリングは、電話やチャット、テレビ電話も使って実施いています。このようなサービスは、コロナ禍には嬉しいサービスです。

ポイント丁寧なカウンセリングで定評があるdodaチャレンジは東京都、神奈川県、千葉県ではアットジーピーに次ぐ求人数があります。満足度95%と評価の高いdodaチャレンジも登録すべきエージェントです。

カウンセリング拠点

-最寄り駅-

  • JR山手線、京浜東北線「田町駅」三田口(西口)より徒歩1分
  • 都営地下鉄三田線、浅草線「三田駅」A3、A4出口より徒歩1分

【カウンセリング】

女性スタッフ

電話やチャット、テレビ電話を使って実施中です。

ランスタッド

【埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県で求人数No.2】
randstad-top-big
【公式】https://www.randstad.co.jp/

ランスタッドの特長

  • 年収600万以上のハイクラスの正社員の求人があります。
  • キャリアデザインを考えた転職ができます。

-ここだいじ-
ランスタッドは、外資系の転職エージェントです。

もともとが、一般枠専門の転職エージェントだったので、障害者の転職エージェントにない企業の正社員の求人があります。

成果主義の外資企業の考えなので、障害に関係なく成果を出せば、キャリアアップして給料を上げる事も可能なポジションの求人案件があります。

ポイント関東の中の埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県の求人数が、アットジーピーに次いで多いです。

それだけで無く正社員の転職を得意とするランスタッドは条件が良い転職を望む人には外せないエージェントです。

カウンセリング拠点

-最寄り駅-

  • 東京メトロ 銀座線・丸の内線 赤坂見附駅(D紀尾井町口)より徒歩3分
  • 東京メトロ半蔵門線 永田町駅(7番口)より徒歩3分
  • 東京メトロ南北線 永田町駅(9a番口)より徒歩8分

【カウンセリング】

女性スタッフ

オンラインで実施中です。

関東地方で転職を成功させる5つのステップ

転職成功までの4つのステップを確認しましょう。
このステップと同じように進めることで転職までスムーズに行きます。

ステップ1:エージェントを選ぶ

障害者の転職エージェント選びエージェントは1つより2つ、2つより3つ選ぶ方が求人案件数が増えるので選択肢が増えます。

ステップ2:転職エージェントに登録

障害者転職エージェント登録無料登録は1-2分(1社)で終わります。後は連絡を待っているだけです。

ステップ3:面談を受けて応募先を決める

障害者転職エージェント面談メールで連絡が来るので希望日を伝えて面談を受け応募先を決めます。

ステップ4:アドバイスとサポートで内定まですすめる

障害者転職エージェントアドバイス応募書類と模擬面接などのアドバイスとサポートを受けます。

内定!

障害者転職内定おめでとうございます。

まとめ

『ハローワークと転職サイト』

  • ハロワークの求人は募集している企業を自分で調べる必要があり時間がかかる
  • 転職サイトや求人誌は、情報しか載っていなくて一方通行

『転職エージェントのメリット』

  • 要望にあった満足度の高い求人を紹介
  • 応募書類の書き方と模擬面接までアドバイス
  • 企業の担当者に面接後の口頭によるフォロー
  • 面接などの日程調整
  • 内定の条件交渉
  • 全て無料

『転職エージェントのデメリット』

  • 良い案件が多いので利用者も多い
  • 早い者勝ち
ちょっとPointクローズ案件って知っていますか?
表には出ない求人で、面談時などに見せてもらえる事があります。

-クローズ案件はこんな特典があります-

  • 競争率が低い
  • 好条件が期待できる
  • 採用までが早い

女性スタッフ

カウンセリングを受けている時、クローズ案件が出てこない時は積極的に聞いてみるといいですよ。


もう1つ大事なPointがあります。

『ここだいじ』
クローズ案件でなくても、まだ求人に出ていない案件があります。
それは、企業からの求人票がエージェントに提出されたばかりの求人です。

これは、まだ誰にも紹介していない可能性が高く、公開されている転職エージェントのサイトにも出ていない求人です。
しかも、企業は求人を出したばかりで採用を物凄く意欲的にしたがっています。

これをゲットするためには、ただ待っていても絶対に出てきません。
こまめにカウンセリングを受け、専任のキャリアドバイザーやコンサルタントと仲良くなっておきましょう。

専任のキャリアドバイザーやコンサルタントも、転職させるのが仕事なので、あなたの事を良い人材だとわかれば、じゃんじゃん案件を出してくれます。
そのためには、自分を知ってもらうためにマメにカウンセリングを受け、自分の強みをアピールをしましょう。

専任でないとダメな理由カウンセリングは人と人の信頼が関係してきます。

人が変わっても、もちろん引き継ぎはしますが、箇条書きに書かれている資料だけで信頼関係が築かれるものではありません。

毎回カウンセリングをする人が変わるようでは、せっかく築こうとしていた信頼関係は何も構築されません。

なので、カウンセリングは人の変わらない専任のいるところが絶対条件です。

専任のキャリアドバイザーやコンサルタントがいるエージェント
【公式】dodaチャレンジ
【公式】ランスタッド
【公式】アットジーピー

最後にもう一度転職の流れを書いておきます。

自己診断もエージェントの登録も全て無料です。


アドバイザーKアドバイザーK

関東で良い転職ができることを応援します。


他県への転職を考えている方は、こちらから
北海道東北関東中部近畿中国四国九州


ランスタッド公式サイト
https://www.randstad.co.jp/
『対応エリア:全国』外資系のグローバル企業です。精神保健福祉士が常駐しているカウンセリングが好評で、正社員・キャリアアップへの提案力があります。配慮のある環境でキャリアデザインをするのに最適です。

dodaチャレンジ公式サイト
https://doda.jp/challenge/
『対応エリア:全国』パーソルグループの特例子会社パーソルチャレンジが運営元です。自社が特例子会社だからこそ、障害のある人に寄り添った提案が出来ます。グループの保有する企業情報からの提案力はパワーがあります。

アットジーピー公式サイト
https://www.atgp.jp/
『対応エリア:全国』求人案件数が多く、業界では1-2位を競います。首都圏のみだけではなく地方の求人にも強くUターンやIターンで仕事を探す時に提案力があります。