面接待ちの心境のイラスト

ここの無料相談に、面接で質問したり、聞いてはいけないことがありますか?
などと、相談を受ける事があります。

基本、聞いてはいけないことはありません。
どちらかというと、面接官は何でも聞いてほしいと思っています。

それは、何を聞きたいのか、不安な事は何なのか、必要な配慮は何だろうなど、面接官の方が知りたいことがたくさんあるからです。

でも、質問をすることで評価が下がる事もあります。

と、言う事で今回は現役面接官が今までの数ある面接の中で、これはいい質問だと思った逆質問と評価が下がる逆質問を集めてみました。
転職プロのアドバイザー
現役面接官の転職アドバイザー
編集部紹介はこちら

ここでわかること面接成功へのコツ

やってはいけない質問の仕方

まず、最初に質問の仕方についてです。
これは質問の内容ではありません。
ここのタイトルにあるように、やってはいけない質問の仕方があります。

何でも聞いてほしいと最初書いておきながら、なんだ?と思うかと思いますが、普通の事です。
質問は何でもOKですが、聞き方です。
これは、社会人としてのマナーを見られるので要注意です。

アドバイザーKアドバイザーK

気を付ける事は1つ!

「話をさえぎらない」

これだけです。

話を聞いていて、あれ?とか、ん?と思っても、その場で話の途中で質問をしてはいけません。
社会人としては、当たり前のことですよね。

でも、これが意外とできない人もいるのです。
話を聞いていて、忘れてしまうといけないと思うのか、ついつい話の途中で質問をしてしまう人がいます。

アドバイザーKアドバイザーK

私の場合は、大目に見ますが、厳しい、面接官では1発アウトです。
話を聞いていて質問がある場合は、メモを取っておき、話がひと段落した時に聞くようにしましょう。

障害者の面接で使える逆質問集

それでは、ここからはいいよいよ逆質問を解説しながら紹介していきます。
最初は、評価の下がる質問集です。

評価の下がる質問

面接官が説明した事と同じこと 聞いていないことにがっかり
企業理念や会社概要など調べればわかるようなこと 調べればわかるのに、何もうちの会社に興味がないな
製造している主製品やサービスなどについて 何をしに来るんだ
障害がありますが仕事をするのに大丈夫でしょうか それをこっちがききたいよ
前の会社は○○でしたが、御社でも○○は出来ますか 前の会社が良ければ転職しなければいいよ
Point他にもありますが、少し調べればわかる事や、やる気があるのかな?と思われるような質問は評価が下がるので要注意です。

「おぬし・・・できるな]と思わせる逆質問

もし採用して頂けましたら最短でいつから働かせて頂けますか 入社希望が強いようだ
配属先で必要なスキルは何が必要でしょうか 即戦力としてやる気を感じられる
入社前までに学んでおくことがあれば、教えてください 現状維持ではなく、前向きな思考力
配属先には、障がいを持っている社員はいますか。また、必要な配慮はありますか コミュニケーション力も高そうだ
一緒に仕事をする方達に私の障害の説明を説明をさせていただけますか 障害について自分で理解をしていて安心して採用が出来そうだ
Point他にもありますが、採用が決まり仕事をしているイメージがわくような前向きの質問が好ましいです。

質問が終わったら

逆質問も終わりになったら、
「以上でわたしがお聞きしたいことは全てです。ありがとうございました。」
といって、きっちりと逆質問を閉めましょう。

質問がなくなったからと言って、黙っているとせかっくうまく行った逆質問も面接官への印象が悪くなってしまいます。

もし、質問が無い場合

面接官の説明が細かく行き届いていて、特に聞きたいことがない場合は、無理に質問をする必要はありません。

その場合は、
「十分にご説明頂きましたので、私からの質問はありません。」
と、はっきり伝えましょう。

これはこれで好印象になります。

まず少ないケースですが、わざと説明を減らして質問があるか試す面接官もいます。この場合は、上で説明したような質問はありませんとしてしまうと、アウトです。
質問するのに勇気がいる人もいると思いますが、説明が少ないと感じたり、聞きたいことがある場合は、勇気を振り絞って質問をしてみましょう。

まとめ

逆質問は、内容によって効果が大きく期待できます。
正しい、逆質問で面接官に「おぬし・・・できるな」と思わせてしまえば採用決定でしょう。

ここだいじ

  • 質問は話をさえぎってしない
  • やる気のないような、逆質問はしない
  • 入社後のイメージが湧くような逆質問をする
  • 質問がおわる時は、しっかりしめる。

こちらの記事もお読みください。
障害者採用でブランクを担当者はどう見るのか、その対策方法とは