50代の障害者の転職におすすめするエージェントここを読まれている就職や転職を考えている50代の障害者の人におすすめのエージェントとサイトを紹介します。

私も、利用をして転職をしましたが、その経験からおすすめするのは転職サイトから無料登録をして、webサイトで仕事を探してからエージェントに相談をする方法が、就職まですんなりいきました。

サイトから登録だけしてエージェントに丸投げでも良いですが、条件は自分で確認した方が良いです。

50代におすすめする転職エージェントは3つだけ

障害者の就職や転職のエージェントやサイトはたくさんあります。
障害者のエージェントとサイト
でも、どれでも良い訳ではありません。
この中から、50代におすすめの転職エージェンとサイトを紹介します。

おすすめするエージェント【公式サイト】ランスタッド
https://www.randstad.co.jp/

【公式サイト】dodaチャレンジ
https://doda.jp/

【公式サイト】アットジーピー
https://www.atgp.jp/

おすすめする理由は知らなくて良い、早く仕事を探したいと言う人は、無料で登録できるので上の【公式サイト】から登録してください。

50代の障害者の労働市場の現実

まず、労働者数の推移を見てください。
身体障害者で見ると50歳以上が51.8%で、半分以上です。

50代で働いて居る障害者の推移
出典:ChallengeLAB(基データ厚生労働省)

これは競争率が高いと言うことを言いたいのではなく、既にこれだけの50代の障害者を企業が採用していると言う事です。

では、精神・発達・知的障害であれば良いかと言うと、そうではなく50代の障害者が働く環境は身体障害者でいっぱいだと言うことです。

つまり、雇用が産まれにくい。採用枠が出来ないと言う事です。

社会も企業も高齢化が進む中で、若返りの為に50代以下を積極採用しているので、50代の就職や転職は難しいのが現実です。

50代が早く転職する為に必要な事

では、50代の求人は無いのかと言うと人事にいる私から言うとそうでもありません。
一部では、まだまだ採用枠はあります。

でも、それ以前に50代の転職で必要な事を伝えます。

50代の人から、このサイトの無料個別相談に相談がありますが、いつも感じていることがあります。
それは、「遅い・のんびり」が目立ちます。

今まで、30年間近く働いてきたので、のんびり転職するのも良いですが、上の表の通り50代の働く環境は定員オーバー気味です。

遅くて、のんびり仕事を探していたら、どこにも転職は出来なくなります。

そこで、50代の障害者が転職をする時に守って欲しいことがあります。
それは、「早く・さっさと動く」です。

雇用保険の受給があるから、取り合えずお金は困らないのでのんびり何てのはダメです。
障害年金や傷病手当も同じです。

雇用保険がある人で、早く就職出来れば再就職手当がハローワークから貰えます。
雇用保険の残っている日数で貰える金額が変わります。
障害者の場合受給日数が長いので、一度にまとまったお金が入るので「さっさと動く」用にしましょう。

アドバイザーMアドバイザーM

私は、約94万円1回、約118万円を1回受給しています。

50代こそ転職エージェントを利用するべき

早く、さっさと行動に移すのは、ハローワークにでは有りません。
最初に紹介した転職エージェントにです。

効率よく仕事に就くためには、この方法が一番早いです。

エージェントの良い所早い、簡単、確実、採用されやすい

この4つがエージェントの利用をお勧めする理由です。

早いエージェントは人財を紹介して営業利益を出します。
仕事の出来る人は、どの世界でも仕事が早いです。
営業成績も評価も上がるので、さっさとあなたにピッタリの求人を紹介してくれます。
簡単webの公式サイトから登録して、カウンセリングを受けるだけで、あなたにぴったりの仕事を紹介してくれます。
カウンセリングはリモートでも出来るので簡単です。
確実エージェントは人材紹介のプロです。
企業からの紹介料を取る為に確実に転職が成功するようにアドバイスとフォローがあります。
採用されやすい書類選考が通るように、添削をして完璧に仕上げることが出来ます。
面接も模擬面接をして対策をします。
候補者が採用されるように、口頭でフォローをします。
書類選考が通るように、添削をして完璧に仕上げることが出来ます。
面接も模擬面接をして対策をします。
候補者が採用されるように、口頭でフォローをします。
アドバイザーMアドバイザーM

応募書類だけで無く、生の声のフォローは本当に利きます。
私は採用担当の立場ですが、このフォローで考えが変わったことが何度かあります。

本当に大切なフォローですが、これが出来るのはエージェントだけです。
ハローワーク、転職サイトだけの利用ではできません。

50代の障害者の働き方を選択

ハローワークでは、50歳以上の求職者に「中高年齢層の障害者が継続雇用に求める配慮」という、にアンケートをとりました。

その内容は以下の5問です。
このアンケートの内容についてどのように思いますか。
その通りと思ったのはどれですか?

アンケート内容

  • 自分の能力やスキルを活かせない
  • 職場の環境が整っていない
  • ノルマを減らしたい
  • 仕事内容を軽易なものにしたい
  • 勤務時間を減らしたい

出典:ハローワーク

私は、これを2つに別けました。

Aタイプ自分の能力やスキルを活かせない
職場の環境が整っていない
Bタイプノルマを減らしたい
仕事内容を軽易なものにしたい
勤務時間を減らしたい
Aの内容にその通りと思った人 ぴったりなのは、配慮ある環境でスキルや経験を活かすバリバリの働き方
Bの内容にその通りと思った人 ぴったりなのは、配慮のある環境で自分の障がいに合わせた優しい働き方
ABどちらも選んだ内容が合った人 無理しないでBと同じ働き方をおすすめします

これが、ハッキリすると利用するエージェントを絞ることが出来ます。

50代が転職するためのエージェントの紹介

数ある障害者の転職エージェントとサイトの中から最初に紹介した3つですが、その中のどれでも良いと言うわけではありません。

そこで、この前で選んだ働き方に合っているエージェントをタイプ別に紹介します。

ランスタッド

ランスタッドはAタイプにぴっったりです。

ランスタッドTop画像
おすすめ度:5.0

【公式サイト】ランスタッド
https://www.randstad.co.jp/

ランスタッドに向いている人

  • 正社員へ転職
  • キャリアアップで転職
  • 高収入へ転職
  • 外資への転職

「ランスタッド」は外資系の企業で、世界で活躍するグローバルなエージェントです。
日本では元々は一般の転職エージェントだけでしたが、企業で障害者雇用が進み出してから企業の要望に応えるように障害者の紹介も始めました。

なので、障害者枠の紹介だけで無く、障害者が一般枠で正社員として働く案件やキャリアを重視する案件が多くあるのが特徴で、スキルや経験を活かした働き方を考えている障害者にぴったりのエージェントです。
ランスタッドの求人案件
一般公開されていないクローズ案件が多いので、登録していない人は見られないのが不便ですが、他のエージェントでは紹介していない企業やハイクラスの求人があるので、是非登録をしておくことをおすすめします。

登録はこちら(公式サイト) >

dodaチャレンジ

dodaチャレンジはAタイプにぴったりです。

dodaチャレンジのTop画像
おすすめ度:4.5

【公式サイト】dodaチャレンジ
https://doda.jp/

dodaチャレンジに向いている人

  • 日系大企業へ転職
  • ハイキャリアに転職
  • ITエンジニアに転職

「dodaチャレンジ」は、社会人として就労経験がある障害者の就職や転職に力を入れていて、ハイキャリアや専門スキルを重視する日系大手の求人が多いのが特色です。

dodaは元々一般枠の転職エージェントなので、障害への配慮はしますが障害に関係なく活躍を期待する企業の求人があります。

dodaチャレンジの転職支援

カウンセリングは、1人の障害者に2人のキャリアアドバイザーがついて、1度に2人から幅広くアドバイスしてくれるところがおすすめです。

でも、アドバイスの上手下手は、キャリアアドバイザーの経歴にもよるので合わないと思ったら、早めに交代をお願いしてみてください。

dodaチャレンジは、スキルや経験を活かした転職をする人が登録をしておくべきエージェントです。

登録はこちら(公式サイト) >

アットジーピー

アットジーピーはBタイプにぴったりです。

アットジーピーのTop画像

おすすめ度:4.0

【公式サイト】アットジーピー
https://www.atgp.jp/

アットジーピーに向いている人

  • とにかく早く働きたい人
  • 障害に配慮のある環境で仕事をしたい
  • 資格や学歴、職歴がなく就職や転職が不安な人

「アットジーピー」は、障害者が障害の事に重点を置き、自分にあった働き方をしたい人におすすめするエージェントです。

求人案件数は業界NO.1で、業界のパイオニアと呼ばれているアットジーピーはカウンセラーの質が良いことで定評があり、配慮ある働き方を提案するスペシャリストです。

アットジーピー転職先

キャリアや正社員で働くのでは無く、配慮が充分にできる環境で無理の無い就職や転職を考えている人は、まず登録をしておくべき基本のエージェントです。

登録はこちら(公式サイト) >

50代が早く転職する為の流れ

  • STEP1
    公式から登録
    おすすめするエージェントの公式サイトから登録をする
    この時、一緒に登録をするエージェントも登録を済ませる
  • STEP2
    エージェントからの連絡
    メールか電話で連絡が来るので直ぐに対応をする
  • STEP3
    カウンセリング
    オンラインか対面でカウンセリングを受ける
  • STEP4
    紹介を受ける
    あなたにぴったりの企業の紹介を受ける
  • STEP5
    応募書類添削
    履歴書・職務経歴書などの添削を受ける
  • STEP6
    求人に応募
    応募書類が整ったら即応募する
  • STEP7
    模擬面接
    企業面接に向けて模擬面接を受ける
  • STEP8
    企業面接
    企業の面接を受ける
  • STEP9
    内定
    無事内定
    この時、複数のエージェントで内定がある場合はよく考えて1つ選ぶ
  • STEP10
    条件交渉
    エージェントに条件交渉を任せる
  • STEP11
    入社
    必要書類を提出して入社
  • STEP11
    定着フォロー
    入社後、エージェントの定着支援を受ける

まとめ

如何でしたでしょうか。

50代の労働市場の実態から、就職する為に必要な事、利用するエージェントまでを駆け足で解説してきました。

記事の中でも書きましたが、50代の障害者の転職は既に働いて居る人が多いのと、企業が若返りをして若年層の採用にシフトしているので50代の人には不利な面があります。

ですが、そこはしっかり自分に合ったエージェントを選べば、自分の希望する企業を紹介して貰うことで対応が出来ます。

でも、そこでもたもたしていると他の人に良い条件の求人を持って行かれます。

それを阻止して自分がゲットする為には、やはりスピード感が必要です。

webサイトから登録をして面談をリモートで行うところまで一気に済ませてしまえば、あとは転職のプロであるエージェントが素早く対応します。

ここで解説した「50代が転職する為の流れ」を見直しながら、一気に転職を勧めてください。

アドバイザーMアドバイザーM

私たちは50代の障害のある人の就職や転職を応援します。

おすすめ転職Agent