20代の障害者におすすめのエージェント20代の障害者の就職や転職は、障害への配慮が難しいという理由だけではなくて、社会人としての経験やスキルが少ないので雇用する企業側が慎重になりがちです。

あなたに十分なパフォーマンスがあって、必要な配慮が明確でも伝えきれなくて採用されるまで行けない場合があります。

その様にならない為に、障害者で現役の採用担当であり、転職経験のある当サイトのアドバイザーが間違わないように正しい転職方法を解説します。

解説は私たちがします。
転職プロのアドバイザー
編集部はこちら

20代の障害者枠の転職で転職サイトを活用する方法

20代の障害者の転職でおすすめする方法は、転職サイトとエージェントの利用です。
まず、転職サイトで求人を見つけて、エージェントから応募します。

転職サイトとエージェントを活用した具体的な流れ

  • STEP1
    転職サイトに登録
    当サイトで障害別におすすめする転職サイトに登録をする
  • STEP2
    カウンセリングを受ける
    電話かtv電話か対面でカウンセリングを受ける
  • STEP3
    転職サイトで求人を探す
    1つのサイトではなく複数のサイトでもれなく求人を探す
  • STEP4
    カウンセラーに相談
    転職したい求人をエージェントのカウンセラーに伝える
  • STEP5
    応募
    エージェントから推薦状を付けて応募をする

この流れで、応募すると自分で応募する時の「パフォーマンスがあって、必要な配慮が明確でも伝えきれなくて採用されるまで行けない」という事がかなり少なくなります。

理由は、エージェントは企業の人事から委託されて人材を紹介するので、採用条件を全て解っています。その中には年代や障など様々な条件が入っていて、それだけを見ると「そんな条件の人いないよ」と採用担当の私でさえ思う場合もあります。

ですが、エージェントはカウンセリングで障害者ひとりひとりの事を良く理解ているので、企業側の条件に合わせてひとつひとつ人事に説明して推薦していきます。

もし、問題がある場合はどうしたらクリア出来るかなども柔軟に推薦をしてくれるので、自分で応募するより、採用される機会が高くなるのです。

特に20代の障害者の転職は、社会人経験や業務経験が少ないという事や障害への必要な配慮などから、企業側では慎重になりがちです。

それを無くすために、20代でも十分に活躍出来ることをエージェントから推薦してもらいましょう。

20代の精神・発達障害者におすすめの転職サイトとエージェント

アドバイザーMアドバイザーM

私は発達障害ASDで、20代で転職を2回しています。
私の利用した経験と人事での経験からおすすめするエージェントを解説します。

ランスタッドチャレンジド

ランスタッドTop画像

おすすめ度:5.5

【公式サイト】ランスタッドチャレンジド
https://www.randstad.co.jp/

ランスタッドは全国対応で一部地域は精神衛生福祉士(対応地域東京・神奈川・千葉・埼玉)が常駐していて、登録した時点から対応してくれます。

私も、ここを利用して転職をしていますが、ランスタッドの精神衛生福祉士とカウンセラーは仕事だからと言う事では無く、一人一人に向き合って転職について本人に一番良い方法を一緒に考えてくれる人でした。

私は2回の転職で12社のエージェントを利用しましたが、ここが一番印象に残っています。
今でも、気にしてくれていて問題なく仕事が出来ているか声を掛けてくれます。

会社の方針と言うより、この人達の人柄なんだと思います。
転職を考えている精神・発達の人に是非利用してもらいたい私からのおすすめのエージェントです。

【公式サイト】ランスタッドチャレンジド

登録はこちら >

dodaチャレンジ

 

dodaチャレンジのTop画像

おすすめ度:5.0

【公式サイト】dodaチャレンジ
https://doda.jp/challenge/

dodaチャレンジが20代の障害者の転職におすすめな理由は、障害者の就職支援と就職した現場の配慮のノウハウがあるからです。

なぜ、そのようなことが出来るのかというと、dodaチャレンジは就労移行支援「ミラトレ」を運営しているパーソルチャレンジと同じ運営母体だからです。

また、パーソルチャレンジはパーソルの特例子会社でもあり障害者の配慮有る働き方に特化しています。

この2つがあるので、障害者に寄り添った転職支援が可能です。

dodaチャレンジは、ランスタッド共に併用をおすすめするエージェントです。

【公式サイト】dodaチャレンジ

登録はこちら >

20代の軽度知的障害者におすすめの転職サイトとエージェント

アドバイザーMアドバイザーM

私が、人事の採用担当としておすすめするエージェントは、首都圏のみになってしまいますがラルゴ高田馬場です。

ラルゴ高田馬場

ラルゴ高田馬場のTop

おすすめ度:4.0

【公式サイト】ラルゴ高田馬場
https://go-largo.jp/takadanobaba/

どのエージェントも、精神などの障害に特化している以外は、どのような障害も登録が可能としていますが実際はそうでも有りません。

企業の採用方針にもよるので、エージェントだけが悪いわけでは無いのですが、知的障害者の受入れが出来る企業が少なく、結局エージェントの取り扱いも減ります。

ですが、ラルゴ高田馬場は取引先が都内に600社以上有り、独自のコネクションを持っています。
また、転職支援の中にはバーチャルオフィスを用意し、社会人経験が少ない人や就職に不安がある人が慣れる事が出来るような環境を整えています。

軽度の知的障害の人であれば、柔軟な転職への対応が期待できるのがこのエージェントがおすすめです。

【公式サイト】ラルゴ高田馬場

登録はこちら >

20代の身体障害者におすすめの転職サイトとエージェント

アドバイザーKアドバイザーK

私は下肢に障害があり、転職は3回しています。
今は、人事で採用関係の仕事をしていますが、私のエージェントの利用経験と人事としておすすめできるエージェントを2つ紹介します。

アットジーピー

アットジーピーのTop画像

おすすめ度:4.5

【公式サイト】アットジーピー
https://www.atgp.jp/

アットジーピーは、障害者のエージェントとしてパイオニアです。
業界NO.1の求人数を誇り、エージェントの質も高いです。

実際に私は、20代からの3回の転職で3回とも利用しています。
そのうち2回が20代でした。

1回のカウンセリングで平均7~8社の紹介をしてくれます。
当時は20代の障害者枠の給与などの相場も解らなかったので、各社の条件を比較できるのが嬉しくて便利でした。

多くの求人から比較しながら選べるのでおすすめのエージェントです。

【公式サイト】アットジーピー

登録はこちら >

エージェントサーナ

エージェント・サーナTop画像

おすすめ度:4.0

【公式サイト】エージェント・サーナ
https://www.agent-sana.com/

エージェント・サーナは障害者の転職支援28年の実績がある老舗のエージェントです。
カウンセリングは、適格でさすが老舗と思わされる場面がありました。

全ての求人がクローズ案件で、登録する前は求人を確認できませんが、2-3分で登録が出来るので不便さは感じません。

実際には20代の時の転職で2回利用しています。
利用して感じたことは、面接の時企業の入口まで、もしくは面接前の待機所まで同行してくれるのが心強くて面接の緊張が和らぎました。

20代で面接が不安な人や緊張しがちな人には、おすすめのエージェントです。

【公式サイト】エージェント・サーナ

登録はこちら >

転職する前に自分を知ってアピールに使うサイト

グッドポイント
私が実際に利用して見て、結構当たっているなと思ったのがこの無料で利用が出来るリクナビNEXTの「グッドポイント」です。

問題に答えていくと18種類のなから5つの強みを教えてくれると言う内容なのですが、リクルートが真剣に作っただけあって良く出来ています。

グッドポイント18種類の強み

30分はかかりませんが、それくらいの余裕を持って取り組んだ方が良いです。
この結果は、自分の強みとしてエージェントのカウンセラーに伝える事で、更に効果が期待できると私は利用して思いました。

リクルートNEXTの無料診断

グッドポイント診断

20代の障害者におすすめの企業

障害者の採用担当として今注目している外資企業がいくつかあります。
それを紹介します。

アクセンチュア社員が急増していて障害者の雇用加速が継続していると思われます。
サテライトオフィスを開設しています。
発達・精神障害の人はチェックしてみることをおすすめします。
ランスタッド」「dodaチャレンジ」から確認が出来ます。
ヒューレット・パッカード20年近い障害者の積極採用をしている企業です。
社内にはスキルを磨くSEEDセンター、転職者を受け入れるISCが有ります。
私が転職する時は、「アットジーピー」から紹介されました。

20代の障害者の転職でやっておいたほうがいいこと

障害者が転職で、やっておくべき事があります。

それは、年収交渉です。
オファーが出た時点で交渉をします。

一度入社してしまうと、一気には給与ベースはあがりません。
入社する前に出来るだけ上げとかないと、昇給では追いつきません。

企業のコストにも、幅が持たせてることが多いので交渉すれば年収を上げることは可能なはずです。

でも、個人で自分の年収を交渉するとなると、やりにくいですよね。

そこで、交渉はエージェントに任せましょう。
エージェントは、人財を紹介して採用されたら、その人の年収の約30%が紹介料になります。

仕事として人財を紹介しているので、年収が上がるのであれば紹介料も上がるので喜んで交渉してくれます。

特に20代の年収は、今後の30代の転職の時、採用する企業の年収の参考にもなるので、上げられるだけ上げとくと追々自分の年収アップに繋がります。

20代の障害者の転職は、転職サイトから登録してエージェントに相談することで失敗は減ります。当サイトでおすすめしている転職サイトから登録して良い転職をしてください。

私たちは、20代の障害者の転職を応援します。
転職プロのアドバイザー

おすすめ転職Agent