atGPジョブトレ評判

満足度92%、就職後の定着率91%の就労移行支援

ゼネラルパートナーズの、障害別に専門に特化した5つの就労移行支援が新しく1つの『atGPジョブトレ』に変更となり、各障害に特化した専門コースに変わりました。また、今までの「ジョブトレIT・Web」は、内容は変わらずIT・Webのスキルを身につけるコースになりました。

利用者の満足度92%、就職後の定着率91%のサービス気になりますよね。
その就労移行支援「atGPジョブトレ」が気になる人に、実績とコース内容の全てと利用者の評判を紹介します。これを、読むだけであなたが利用するべきか解ります。

変更は以下になります。

旧サービス 新サービス
うつ症状専門シゴトライ うつ症状コース 
発達障害専門リンクビー 発達障害コース 
統合失調症専門リドアーズ 統合失調症コース 
聴覚障害専門いそひと 聴覚障害コース 
難病専門ベネファイ 難病コース 
ジョブトレIT・Web ジョブトレIT・Web 

旧サービス
atGPジョブトレ旧サービス

新サービス
atGPジョブトレ新サービス

そこで、当メディが改めてatGPジョブトレをぶった切って行きます。

【ここでわかること】

  • atGPジョブトレとは
  • atGPジョブトレで出来る事
  • atGPジョブトレがおすすめな人
  • atGPジョブトレ各コースの特長

アドバイザーL

ガイドは、現役の採用担当で当メディアのアドバイザーのわたくしLと、利用を迷っているN氏です。


元利用者N氏

よろしくお願いします。


当メディアの無料相談をご利用頂いた方から、任意でアンケートを実施しています。
そのアンケートに寄せられたコメントも、利用者の生の声として一部掲載しています。参考にしてみて下さい。

就労移行支援アンケート

atGPジョブトレとは

atGPジョブトレとは

アドバイザーL

最初に、atGPジョブトレを紹介します。

基本情報

ゼネラルパートナーズ
商号 株式会社ゼネラルパートナーズ
設立 2003年4月9日
本社 〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目4−12 京橋第一生命ビルディング 3階
社長 進藤 均
資本金 2,500万円

atGPジョブトレとは、株式会社ゼネラルパートナーズが運営する就労移行支援事業の名称です。
記事冒頭でも説明しましたが、以前は「うつ症状専門のシゴトライ」「発達障害専門のリンクビー」「統合失調症専門のリドアーズ」「聴覚障害専門のいそひと」「難病専門のベネファイ」の5つとIT・Webスキルの「ジョブトレIT・Web」に別れていました。

それが、1つのサービスになり各コースになりました。
それが、atGPジョブトレです。

利用料金

atGPジョブトレの利用料金はほとんどの人が0円~9,300円で利用が出来ます。

所得帯 負担上限額 備考1 備考2
生活保護 負担上限額0円 生活保護受給世帯
低所得 負担上限額0円 市町村民税非課税世帯 3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、
概ね300万円以下の収入の世帯が対象となります。
一般1 負担上限額9,300円 市町村民税課税世帯
(所得割16万円未満)
概ね600万円以下の収入の世帯が対象となります。
一般2 負担上限額37,200円 上記以外の世帯

atGPジョブトレの実績

atGPジョブトレの実績

atGPジョブトレを利用して就職した人の数や定着率など今までの実績を紹介します。

atGPジョブトレの年間就職数

まず、最初にatGPジョブトレを利用して就職した人を1事業所あたりに換算して全国平均と比べて見ました。
atGPジョブトレ均年間就職数※資料:atGPジョブトレ

1事業所の就職者数が全国平均で3.4名のところ、atGPジョブトレは7倍の24名です。

atGPジョブトレから就職した人の定着率

atGPジョブトレから就職した人の半年後の職場定着率です。

atGPジョブトレ半年後の職場定着率

少し前のデータですが、2017年度の調査では就職後半年間の職場定着率の全国平均が60%なので91.4%はかなり高いと言えます。

アドバイザーL

これは、就職後「長く働くこと」を目指したトレーニングの成果が出ています。

atGPジョブトレから就職した職種

障害者は、体調管理のことや症状のことを考えるとデスクワークが向いています。atGPジョブトレから就職した人の職種は事務職が多いです。これは、模擬職場トレーニングで目指した実践に近いトレーニングの効果でしょう。

atGPジョブトレの事務職就職率
一般事務や専門事務(営業・経理・総務などの事務)への就職が大半を占めています。

元利用者N氏

どのような業種に就職しているんでしょうか?


アドバイザーL

外資系から国内大手のあらゆる業種で活躍をしています。
業種については、次で紹介します。

atGPジョブトレから就職した業種

atGPジョブトレが公式で発表している就職先の業種です。

  • サービス
  • 人財
  • 金融
  • 官公・公社・団体
  • ソフトウェア・通信
  • メーカー
  • 鉄道・航空・運輸
  • 医療・福祉・教育
  • その他(商社・不動産・マスコミ等)

元利用者N氏

業種が多くて、どこの事務職が良いのか迷いますね。


アドバイザーL

少し前は、官公やソフトウェア・通信が人気がありましたが、私がこれからすすめる業種はサービスかメーカーですね。コロナ禍でも業績の良い企業がたくさんあります。

就職先の企業規模

atGPジョブトレからの就職先の企業規模です。
社員数1,000名以上の企業への就職が3割以上です。
atGPジョブトレ就職先企業規模

元利用者N氏

どうして企業規模にこだわるんですか?

アドバイザーL

企業が大きければ良いというわけでは無いのですが、社員数が多い大手の方が比較的コストが掛けられる事が多いです。

具体的言うと、使えるコストが潤沢なので、障害者にとって働きやすい環境である行き届いた合理的配慮が期待出来ると言う事です。


元利用者N氏

利用者の年代はどうなっていますか?


アドバイザーL

そうですね。年代はこの次で紹介しますね。

atGPジョブトレの利用者の年代

利用者の年代は50代が少ないですが、あとは綺麗に別れていて20代~40代の多くの方が利用しています。

就労移行支援年代別利用データ

元利用者N氏

年代に関係なく利用しやすいようですね。


アドバイザーL

そうですね。実際に働き始めれば色々な年代の人と一緒になるので、丁度良いトレーニングになりますね。

atGPジョブトレ4つの特長と強み

atGPジョブトレ4つの特長と強み

atGPジョブトレの特長を4つ紹介します。

  1. 障害に特化した専門のコース制
  2. 即戦力の事務職のスキルが身につく
  3. 就職活動のサポート
  4. ひとり一人と向き合う満足度の高い支援
アドバイザーL

それでは、まず特長を一つずつ紹介します。

1.障害に特化した専門のコース制

atGPジョブトレは、障害ごとに特化した専門のコースに別けることで、従来の一般型の就労以降支援より、ひとり一人の障害特性と個性をサポートする事が実現できました。

障害特性のサポートは、専門知識があるスタッフが必用で特化しているからこそ可能なサポートがあります。でも、それだけでは不十分で個人の性格や育った環境など人生のバックボーンが違うのでひとり一人に寄り添った熟練のサポートも必用です。

その両方のサポートを可能にしたのが、atGPジョブトレの障害ごとに特化した専門のコースです。

2.即戦力の事務職のスキルが身につく

障害者の仕事は、障害のことを考えるとデスクワークが向いています。そしてデスクワークで一番求人が多いのが事務職です。でも、事務職の求人に多いのは経験者です。これでは、経験者で無ければ事務職に就職するのは難しいです。

そこで、実践に近いプログラムを用意して何度もトライ&エラーを繰り返し学べるトレーニングが出来るようにしました。

全ての人が同じ内容では無く、ひとり一人に合ったサポートが可能です。

3.就職活動のサポート

atGPジョブトレは、就労移行支援で就職活動に必用な研修や模擬面接や応募書類の添削を行います。ですが、これは他の就労移行支援でも行う事で普通のサポートです。

でも、他の就労移行支援との大きな違いがあります。それは、障害者に特化した専門の就職や転職サポートが同じatGPにある事です。

具体的には、atGPジョブトレでトレーニングをして就職活動のサポートを受けながら、別のatGPのサービスである求人が掲載されているサイトや、ひとり一人にアドバイザーが付くエージェントサービスも無料で利用が出来ることです。これがatGPジョブトレの最大の強みです。

就労移行支援は、数多くありますが大手で就労移行支援と障害者の求人サポートを併用できるのは「atGPジョブトレ」と「ミラトレ」だけです。

関連記事
7つの障害者の転職エージェントとサイトを比較評価したおすすめランキング

4.ひとり一人と向き合う満足度の高い支援

障害者が長く安定して働く為には、自分自身の障害を理解する事と、その対処法を知ることが大切です。

でも、それは何度も説明しましたが、障害特性や個性はひとり一人違うのであなたに合っていないと意味がありません。その為、atGPジョブトレでは専任のスタッフが面談を通して一緒に考えます。そして適切な対処法を見つける為にスタッフ全員でサポートします。

atGPジョブトレ3つのサービス

atGPジョブトレ3つのサービス

ここでは、atGPジョブトレのサービス内容の紹介と見学者と利用者のアンケートのコメントも一部紹介します。
主なサービスは3つです。

  1. 3つのスキル習得
  2. 就職活動サポート
  3. 職場定着サポート

それではここも1つずつ紹介していきます。

1.3つのスキル習得

atGPジョブトレ3つのスキル習得

習得する3つのスキルです。

  • 障害理解・対処スキル
  • ビジネススキル
  • 実践トレーニング

障害理解・対処スキル

「ストレスマネジメント」「認知行動療法」「アンガーマネジメント」などになりますが、コースによって障害特性や個人のスキルで変わることもあります。

ビジネススキル

  • ビジネスコミュニケーション研修
  • 対人コミュニケーション研修
  • PC研修
  • RPAトレーニング
  • 電話対応研修
  • 文書研修
  • 庶務業務研修

実践を想定した研修があります。これも個人のスキルや経験によって変わります。

実践トレーニング

ここでは、ビジネススキルを更にトレーニングして実践レベルで活用できるレベルまであげます。

内容は、ひとり一人の希望する業種から設定して一般事務やアシスタント、営業事務など実際に想定される業務を通してトレーニングをします。

【3つのスキル習得の評判】
男の人利用して思うことは、3つのスキル習得は、障害の理解と対処スキルが良いと思いました。障害者になって初めて働く人は、特に必用な基礎になります。実際に、僕は自分が出来ると思っていたことが出来なくて、それを出来るようにするために何が必用なのかが明確になりました。これが明確になったことで働く為に必用な配慮を面接で伝える事が出来ました。結果、企業側が用意できる範囲内だと判断してくれたので採用になりました。
(東京都 20代 男性)

もっと読む   >
女の人実践トレーニングがとても良かったです。
私は、働いた経験はありませんがMOSの資格を持っているので事務職などは簡単だと思っていました。しかし、現実はMOSの資格などより大切な事がありました。実践では、コミュニケーション方法や優先順位の付け方、ホウレンソウの徹底など必用なことが沢山あって、どれも私には足りませんでした。頭でっかちではなく実践して身につける事ができるので、これから働く準備をする人におすすめです。
(神奈川県 20代 女性)


男の人ビジネススキルの中で面白かったのがPC研修で、難しっかったのがビジネスコミュニケーションです。そして全く解らなかったのがRPAトレーニング、RPAとは?で止まっています。
多くの研修がありますが、対人コミュニケーション研修とビジネスコミュニケーション研修だけしっかりやっておけば、通常の仕事では問題ない感じです。
(東京都 20代 男性)


男の人実践トレーニングは、仮想業務を実践的に行うのですが、これが思っていた以上にリアル。
上司役がいて、業務依頼が来るのですが、しっかり設定がされているので面白いです。
作りこむ資料や日程設定もあり、これを繰り返せば実際に就職しても仕事のすすめ方が解っているのでスムーズに結果を出せそうです。
(埼玉県 30代 男性)


女の人仕事は一人で行う物では無く、多くの人が役割があり関わり合って成果が出ることを学びました。私は、今まで仕事は自分の事だけを考えて行う物だと感じてきましたが、色々な人が関わる仕事では、みんなが協力し合い助け合って成果を出すことを知りました。その為にはコミュニケーションがとても大切です。色々な障害がある人が苦手なことをそれぞれがサポートすれば問題は無いんです。
(東京都 30代 女性)

2.就職活動サポート

就職活動サポートは、就職活動の基礎知識から就職が決まるまでの間を大きく3つに別けてサポートをします。

  • 就職活動の準備
  • 色々な求人サービスの利用をサポート
  • 個別に就職が決まるまでサポート

就職活動の準備

就職活動をする為に必用な、基礎知識と就職活動準備やノウハウを学びます。

色々な求人サービスの利用をサポート

ハローワークなどの面接会や自社のatGPの求人サービス、事業所の見学会、インターンなど色々なサービスを駆使してあなたにぴったりの就職先を見つけるサポートをします。

個別に就職が決まるまでサポート

就職が決まるまでのサポートとして、3つのサポートがあります。

  • 応募書類の作成・添削
  • 模擬面接と振り返り
  • 面接同席

【就職活動サポートの評判】
男の人就職活動サポートで、特に良かったと感じたのは模擬面接です。
私は、1度社会人として就職も転職もしているので、就職活動自体は解るつもりです。
以前、応募書類と面接のレクチャーも受けています。ですが、面接だけは慣れることは出来ません。対策は数をこなして自信をつけるしか有りません。これが出来るのは、就労移行支援だけです。何度でも納得いくまで出来ます。
(神奈川県 30代 男性)

もっと読む   >
女の人障害者になって初めての就職を考えて利用しました。応募書類の作成は経験がありますが、障害者として作るのは初めてで何を書けば良いか良く解りませんでした。履歴書とか普通に販売されているのを利用して必用なところを埋めていくと履歴書が出来上がるのですが、障害者か良く解りません。これを、障害名と障がい特性と必用な配慮を解りやすく作る事で良い履歴書になります。そのノウハウと添削をしてくれます。この応募書類が面接まで繋げる重要な要素です。それが無料で出来るのはお得です。
(東京都 20代 女性)


女の人面接の同席は、正直嫌です。企業に、私が何にも出来ないように受け取られるようで私自身が嫌です。でも、強制では無く希望者だけと言うことで良かったです。
atGPジョブトレを利用しようと考えている人で、私のように面接の同席が嫌な人は、ハッキリ断った方が良いです。遠慮していると思われて、しつこく同席を言ってきますが、本当に嫌だという事を伝えないと同席されます。
(東京都 20代女性)


男の人インターンが良かったです。僕は働いた経験が無いので正直働くイメージが沸かなく不安しか有りませんでした。インターンも初めは嫌でやる気も無かったのですが、もうすぐ利用期間も1年になるし、廻りの人が次から次に卒業していくのを見て、インターンをする事にしました。インターンは、最初から障害と必用な配慮を企業の担当者に伝えてくれるので少しは安心です。結果、何とかインターンをやりきり、時短勤務からの採用を提案され就職する事になりました。インターンが無ければ僕はまだ引きこもりだったかも知れません。atGPジョブトレを利用したらインターンは積極的に利用すると良いですよ。
(神奈川県 20代 男性)

3.職場定着サポート

就職は、入社がゴールではありません。その後安定して長く働き続けられることが大事です。せっかく就職しても退職になったのでは、今までの努力は水の泡です。そこでatGPジョブトレでは職場定着サポートに力を入れています。

  • 定期面談
  • 就職先定期訪問
  • 定期アンケート
  • OBOG会

【職場定着サポートの評判】
男の人定期面談は、入社後半年は必用だと思います。就労移行支援から仕事を実践する場所に移ったことで、今まで感じ無かったストレスやプレッシャーを仕事と対人両方に感じます。ふと、逃げ出したくなることもあります。今逃げ出せば楽になれると何度も思いました。でも半年が過ぎる頃、職場に慣れてきたのか知らないうちに逃げ出す事を考えなくなりました。この半年の定期面談に助けられたように思います。
(東京都 40代 男性)

もっと読む   >
男の人OBOG会は、利用者のためでは無く卒業者の為にあると思います。卒業をして仕事をして数ヶ月経つと、入社後の経験を話したくなります。家や友達に話しても反応が少ないので面白くありません。少しでも真剣に聞いて貰えるところがOBOG会です。一生懸命に経験を話すことで自分の足りなかった事やこれからの目標が見えることがあります。これからも話したいことが溜まったら足を運びたいと思います。
(神奈川県 20代 男性)


女の人就職先に定期的に訪問されるのは嫌です。上司が良い顔しません。そのたび仕事をさぼっているかのように見られている気がします。また、私が同席しないときも訪問されることで時間が割かれるのも私のせいのように思われているように感じます。特に声や態度に出してる訳では無いので私の妄想なのかも知れません。でもそのように考えてしまう私が病気の特性なのでしょうか。
(東京都 30代 女性)


女の人私は、定期面談も就職先定期訪問も必要ありません。定着サポートは解るんですが嫌です。でも、定期アンケートは良いサポートだと思います。気軽に近況を伝える事が出来て良いことも悪いことも伝えやすいです。そのアンケートを基に必要に応じて面談や訪問をしてくれるだけで充分なので過剰なサポートは必要ないと思います。
(埼玉 30代 女性)

atGPジョブトレがおすすめな人

atGPジョブトレおすすめな人

私が採用担当を続けていて思うことは、これまで採用までいかなかった人は就労移行支援の利用で解決します。
仕事をしたいけど準備が出来ていない人や、準備は出来ているけど安定して働く自信が無い人におすすめです。

特に、障害特性が強く出ている人は、atGPジョブトレの障害別に特化した専門コースがあっています。
具体例をあげます。

  • コミュニケーションが難しい
  • ブランクが長い
  • 転職回数が多い
  • 障害者として働いた経験が無い
  • 同じミスを繰り返し自分でどうにもならない
  • 自分の障害特性の理解と対処法が解らない

他にも、ひとり一人の悩みや不安なことには違いはありますが、障害に特化した専門コースであれば、各障害ごとの特性とひとり一人の個性をサポートする事が可能です。

atGPジョブトレ各コースの紹介と評判

atGPジョブトレ評判

ここでは、atGPジョブトレの障害に特化した各専門コースと評判を紹介します。
専門コースは障害別に5コースあり、その他にIT・Webのスキルを身につけるコースとしてジョブトレIT・Webがあります。

アドバイザーL

早見表を作成したので、各コースとエリアを選択して見ることが出来ます。
ご利用下さい。


『障害別コース』

『IT・Webスキルコース』
IT・Webスキルコース紹介 >

うつ症状コースの紹介と評判

atGPジョブトレうつ症状コース
コースの目標:長く働くこと

このコースの対象になる人は、「うつ」「双極性障害」「適応障害」「不安障害」のうつ症状がある人で、こんな悩みがある人をサポートします。

  • 障害の治療と仕事を両立したい
  • ブランクが長く働く事が不安
  • 人間関係が原因で転職回数が多い
  • 昼夜逆転で働く事が不安

事業所は首都圏に2ヶ所で、関西に1ヶ所になります。

首都圏エリア
atGPジョブトレ秋葉原(旧シゴトライ)』

atGPジョブトレ秋葉原
開所時間 10時~16時(月曜〜土曜)
定員 20名
アクセス
  • R各線「秋葉原駅」昭和通り口より徒歩4分
  • 東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」2番出口より徒歩3分
  • 東京メトロ銀座線「末広町駅」1番出口より徒歩7分
所在地 〒101-0023
東京都千代田区神田松永町23 NC島商ビル2階

Map

atGPジョブトレ横浜(旧シゴトライ・リンクビー)』

atGPジョブトレ横浜
開所時間 10時~16時(月曜〜土曜)
定員 20名
アクセス
  • JR・横浜市営地下鉄ブルーライン線「関内駅」より徒歩6分
  • みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩6分
  • JR「石川町(元町・中華街)駅」より徒歩6分
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町223-1 NU関内ビル10階

Map

関西エリア
atGPジョブトレ梅田(旧シゴトライ・リンクビー)』

atGPジョブトレ梅田
開所時間 10時~16時(月曜〜土曜)
定員 30名
アクセス
  • JR「大阪駅」中央南口より徒歩5分
  • 地下鉄御堂筋線「梅田駅」南改札より徒歩5分
  • 阪神電鉄本線「梅田駅」西改札口より徒歩3分
所在地 〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル23階

Map

【うつ症状コースの評判と口コミ】
*アンケートより
女の人同じ障害で悩んだり苦しんでいる人達と相談したり打ち明けられる事が大事だと思っていました。
でも、なかなかそのようなコミュニティはありません。
ですが、ここであれば特化しているので全員が同じ様な悩みがあります。
このような場所を探していました。
(東京都 30代女性 利用者)

もっと読む  >
男の人1人1台のパソコンが用意されていて、ドレスコードも有る模擬があります。
良い点は、実際の業務に似た環境で実践的な仕事方法も学べて、更にそこで起こりえるコミュニケーションやストレスを事前に解って対策を取っておけることが大きいと感じました。悪い点は、実践では想定外の出来事が多くあります。その時の対処法をどうするかだと思います。
(神奈川県 30代男性 利用者)


女の人見学してPCの操作や、やっている模擬の内容が難しいと感じました。
スマホ操作は簡単なのですが、パソコンのExcelとか良く解らないので出来るか不安になります。
説明では、何も出来なくてもパソコンの専門の講師がいるから誰でも大丈夫とのことですが。。。
(東京都 30代女性 見学者)


女の人ここを見学した時、企業が参加する事業所見学がある事を知りました。見学されるのが見世物のようで凄く嫌だろうなと思いました。ですが、その見学から採用されていく先輩達が沢山いる事を説明で聴き、実は凄く有意義な事だと言う事が解りました。
私も、通所するようになったらいっぱいアピールをして早く仕事に就きたいです。
(千葉県 20代女性 見学者)


女性スタッフ弊社で障害者雇用をする機会は事業所見学からが多いです。ここは、うつ障害への理解がある企業を上手に選んで見学に誘っています。これは、アットジーピーの障害者の転職エージェントとしての実績データがあるからです。
求人情報を上手く活用していると思いました。
(運輸・通信業 採用担当者)

無料見学/個別相談会

発達障害コースの紹介と評判

atGPジョブトレ発達障害コース

コースの目標:自分らしい働き方の実現

このコースの対象になる人は、発達障害の「自閉症スペクトラム障害(ASD)」「注意欠如・多動性障害(ADHD)」「学習障害(LD)の人で、こんな悩みがある人をサポートします。

  • 働いていける自信が無い
  • 自分の障害について理解したい
  • 苦手なことと向いていることが解らない
  • 苦手なことを克服する方法を知りたい

事業所は首都圏に3ヶ所で、関西に1ヶ所になります。

首都圏エリア
atGPジョブトレ秋葉原第2(旧リンクビー)』

atGPジョブトレ秋葉原第2
開所時間 10時~16時(月曜〜土曜)
定員 20名
アクセス
  • 東京メトロ銀座線「末広町駅」2番出口より徒歩2分
  • JR山手線・京浜東北線・総武線「秋葉原駅」電気街口より徒歩10分
  • JR山手線・京浜東北線「御徒町駅」南口より徒歩7分
所在地 〒101-0021
東京都千代田区外神田5-2-3 アソルティ末広町3階

Map

atGPジョブトレ大手町(旧リンクビー・いそひと)』

atGPジョブトレ大手町
開所時間 10時~16時(月曜〜土曜)
定員 20名
アクセス
  • 東京メトロ「大手町駅」A1出口より徒歩5分
  • JR山手線・京浜東北線「神田駅」西口より徒歩7分
  • 都営新宿線「小川町駅」B6出口より徒歩7分
所在地 〒101-0047
東京都千代田区内神田1-5-4 加藤ビル1階

Map

atGPジョブトレ横浜(旧シゴトライ・リンクビー)』

atGPジョブトレ横浜
開所時間 10時~16時(月曜〜土曜)
定員 20名
アクセス
  • JR・横浜市営地下鉄ブルーライン線「関内駅」より徒歩6分
  • みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩6分
  • JR「石川町(元町・中華街)駅」より徒歩6分
所在地 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町223-1 NU関内ビル10階

Map

関西エリア
atGPジョブトレ梅田(旧シゴトライ・リンクビー)』

atGPジョブトレ梅田
開所時間 10時~16時(月曜〜土曜)
定員 30名
アクセス
  • JR「大阪駅」中央南口より徒歩5分
  • 地下鉄御堂筋線「梅田駅」南改札より徒歩5分
  • 阪神電鉄本線「梅田駅」西改札口より徒歩3分
所在地 〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル23階

Map

【発達障害コースの評判と口コミ】
*アンケートより
女の人実践的なトレーニングは簡単そうにやっているように見えましたが、毎日の実践から出来るようになっている事を知りました。
話を伺えば、今はリーダーとしてやっている方も、最初は話も出来ずにグループへの参加も出来なかったと聞きました。トレーニングは必要なのだと感じます。
(東京都 20代女性 見学者)

もっと読む  >
障害者60代転職ホウレンソウや電話応対は、だいたいどこの企業でもビジネスマナー講習でやりますが、ここではアンガーマネジメントも取り入れているところが良いです。
(卸売・小売・飲食業 採用担当)


男の人頭で覚えるのでは無く、身につける事を重要視しているところが凄く良いと思いました。
毎日続ける事によって身についた習慣は、働く事だけで無く毎日の生活にも役立つと思いました。
(20代 男性 自閉症スペクトラム 見学者)


女の人実際、説明だけなのであまりピンとは来ませんが、大きなメリットであるのは解ります。
就職には転職エージェントを利用するつもりなので、アットジーピーは同系列で新しく登録する手間も無いので、助かります。
(20代 女性 ADHD 見学者)


男の人最初は、応募前に企業に個人情報を渡すのはどうかと思いましたが、良く聞くと個々の障害への配慮事項やトレーニングの進み方などを伝えてくれていると言う事で納得しました。
他人に、障害への理解と説明をするのは、自分ひとりでは難しいので専門家が伝えてくれるのは良いサポートだと思います。
(30代 男性 アスペルガー 見学者)


女性スタッフ普通に応募するより転職エージェントを利用する方が、1人ひとりにあったサポートが出来るので就職率が高いのですが、ここのサポートは応募する前から企業へ個人をアピールしていくという育成段階から手が込んだアピールをします。
これなら、採用前に問題点や心配点がわかり改善してから採用できるので助かります。
(金融・保険業 採用担当)

無料見学/個別相談会

統合失調症コースの紹介と評判

atGPジョブトレ統合失調症コース

コースの目標:障害特性を理解し働く自信を取り戻す

このコースの対象になる人は、統合失調症の人で、こんな悩みがある人をサポートします。

  • 働いた事が無く社会に出るのが不安
  • 自分に出来る仕事が解らない
  • 社会人としての行動に自信が無い
  • 長く安定して働く方法を知りたい

事業所は首都圏に1ヶ所になります。

atGPジョブトレお茶の水(旧リドアーズ・ベネファイ)』

atGPジョブトレお茶の水
開所時間 10時~16時(月曜〜土曜)
定員 20名
アクセス
  • 東京メトロ千代田線「湯島駅」3番出口より徒歩5分
  • 都営大江戸線/東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」5番出口より徒歩6分
  • JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口より徒歩10分
所在地 〒113-0034
東京都文京区湯島2-31-15 和光湯島ビル7階

Map

【統合失調症コースの評判と口コミ】
*Twitterとアンケートより
男の人働く事に不安があった私にとって、就職した今から振り返ってみると実践的な内容のトレーニングと実習がとても良かったです。実践的なトレーニングで少しずつ出来る事を増やしエラーが出ても修復することで慣れていくことが出来ました。そして実習ではそれが自信に繋がり、働く事への不安を乗り越えることが出来ました。最初は、利用を迷っていましたが今考えると思い切ってトライして良かったです。
(30代 男性 利用者)

もっと読む  >
アドバイザーL見学した限りでは、専門に特化しているだけあって、カリキュラムや就職までがよく考えられています。
また、1人ひとりに沿った内容というのも障害特性を考えた時に理にかなっています。
ただし、そのまま採用するのは企業にも本人にもリスクがあります。
でも、良く本人の気持ちを確認して実習を行ったうえで必要な配慮を確認できれば問題ありません。
(サービス業 採用担当)


女の人私は、統合失調症と気づいたのは、体調を崩して前職を退職するときでした。
その後も引きこもり、病気とどのように向き合えばよいのかわからないまま1年がたち症状が軽くなって体調も回復してきた時、主治医から就労移行支援をききました。最初は、興味は無かったのですが、何度も薦められて見学だけすることにしました。その見学で私と同じ病気で頑張っている人たちを見たとき、「このままではいけない。」という気持ちと、同じ病気の仲間がいることで「ここでなら頑張れる」と感じました。
同じ病気だからこそ相談したり、支えあうこともできます。もし、あなたが利用で迷っているのなら見学をしてみるといいですよ。
(30代 女性 利用者)


統合失調症について。
とりあえず、atGPジョブトレ統合失調症コースという就労支援施設で、
認知機能障害の集中力を改善しました。
最近は、幻聴と妄想に悩んでおります。
集中力は、自分一人と周りの助けで治す事が出来ました。
でも、幻聴と妄想は、自分一人では、治せないので、
ゆっくり、付き合って行きたいです。
— lighttobrca (@lighttobrca) August 30, 2019

無料見学/個別相談会

聴覚障害コースの紹介と評判

atGPジョブトレ聴覚障害コース

コースの目標:いくつもの有効なコミュニケーション手段を持つことでストレスを軽減

このコースの対象になる人は、聴覚障害の人で、こんな悩みがある人をサポートします。

  • コミュニケーションが難しい
  • 必用なサポートが伝えられない
  • 聞こえている範囲を伝えられない
  • 仕事が続かない

事業所は首都圏に1ヶ所になります。

atGPジョブトレ大手町(旧リンクビー・いそひと)』

atGPジョブトレ大手町
開所時間 10時~16時(月曜〜土曜)
定員 20名
アクセス
  • 東京メトロ「大手町駅」A1出口より徒歩5分
  • JR山手線・京浜東北線「神田駅」西口より徒歩7分
  • 都営新宿線「小川町駅」B6出口より徒歩7分
所在地 〒101-0047
東京都千代田区内神田1-5-4 加藤ビル1階

Map

【聴覚障害コースの評判と口コミ】
*アンケートより
女の人中途失聴の人に、とても良い就労移行支援だと思います。私は、ある日突然中途失聴になりました。朝起きたら、音が無かったんです。通勤の途中電車の踏切で気がつきました。それからが大変でした。音が無い世界は初めてで、コミュニケーションの方法や生活自体が変わりました。私は、廻りの手伝いもあり何とか筆談で再就職まで来ましたが、専門の就労移行支援があれば、生活や仕事に必用な事は全て解ります。社会人になってから、中途失聴者をそこまでサポートできるのはここしか有りません。中途失聴で再就職をお考えであれば、無料個別相談をまず利用してみると良いですよ。
(東京都 30代 女性)

もっと読む  >
女の人私は、元々難聴でしたがある程度は聞き取れていたので、補聴器があれば特に問題は無かったのですが、社会人になってから聞き間違えから大きなミスをしました。幸い大きな損失にはなりませんでしたが、それからは怖くて仕事が出来なくなり、退職しました。聴覚障害者が仕事のミス無くする為には、それなりのトレーニングが必用です。手話や指文字が出来ても、健聴者とのコミュニケーションは難しいです。ここは、聴覚障害者が働く為に必用なトレーニングを受けることが出来ると見学して思いました。
(東京都 20代 女性)


女の人私は、小学校からろう学校で高校を卒業するまで、コミュニケーションで困ったことはありませんでした。でも、社会人になってからは、困ることが多くなりました。相手は、私がどれくらい聞き取れているのかとか理解しているのか等はお構いなしです。後ろから話しかけられても解りません。ろう者と健聴者の溝をどのように埋めれば良いか伝えられなくて、ストレスから仕事を辞めました。今回、atGPジョブトレの聴覚障害コースを見学して、学校では教えてくれない私に必用な事が全て有ると感じました。
(長崎県 20代 女性)


障害者50代転職私は、採用担当として聴覚障害のある人を積極採用していきました。しかし、採用した多くの部署から相談や質問がきて、どのように対処をすれば良いか困っていました。その時知ったのが採用で利用していたアットジーピーのいそひとです。ここの見学をして、企業で足りなかったことを学びました。また、ここを利用した人であれば積極採用をすすめても採用した部署からの相談も減ると思いました。今後も、ここの利用者の積極採用を進めていきたいと思います。
(サービス業 採用担当)

無料見学/個別相談会

難病コースの紹介と評判

atGPジョブトレ難病コース

コースの目標:自己理解を深め、無理しないで働ける就職に繋げる

このコースの対象になる人は、難病の人で、こんな悩みがある人をサポートします。

  • 働く事に不安がある
  • デスクワーク希望だけど経験が無い
  • 難病の治療と仕事の両立
  • 難病への理解のある職場を探したい

事業所は首都圏に1ヶ所になります。

atGPジョブトレお茶の水(旧リドアーズ・ベネファイ)』

atGPジョブトレお茶の水
開所時間 10時~16時(月曜〜土曜)
定員 20名
アクセス
  • 東京メトロ千代田線「湯島駅」3番出口より徒歩5分
  • 都営大江戸線/東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」5番出口より徒歩6分
  • JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口より徒歩10分
所在地 〒113-0034
東京都文京区湯島2-31-15 和光湯島ビル7階

Map

【難病コースの評判と口コミ】
見学した人や利用者から評判や口コミを聞くことは出来ませんでしたが、当メディアの編集部の採用担当が採用した難病のNさんから話を聴くことが出来ました。

もっと読む  >
アドバイザーKアドバイザーK

Nさんは、ベネファイ以外の就労移行支援を利用したのですよね。


女性スタッフ

はい。ベネファイを利用するのには、自宅が近くはありません。


アドバイザーKアドバイザーK

難病専門の就労移行支援が有るのは知っていましたか?


女性スタッフ

当時、就労移行支援の利用を考えて見学を始めた頃で、色々情報を集めていたので、知っていました。


アドバイザーKアドバイザーK

もし、ベネファイが近ければ利用をしていましたか?


女性スタッフ

それは、解りません。
見学してから決めたと思います。


アドバイザーKアドバイザーK

評判や口コミは聴いていましたか?


女性スタッフ

ネットやSNSでは探せませんでした。


アドバイザーKアドバイザーK

そうですね。私も今回この記事を作成するのに色々調べましたが口コミや評判はありませんでしたね。日本で唯一なのに、どうしてだと思いますか?


女性スタッフ

事業所が一ヶ所で利用出来る人が少ないと言うことがあるのでは無いかと思います。


アドバイザーKアドバイザーK

それも有りそうですね。もし、就労移行支援を利用する事で相談があったらベネファイを薦めますか?


女性スタッフ

見学は、薦めると思います。
利用するかしないかは、本人が見学してから決めればよいですが、知らないのは選択肢にも入っていないので、紹介はします。


アドバイザーKアドバイザーK

仮にですが、Nさんがもう一度就労移行支援を利用できるとしたら、ベネファイは利用する対象になりますか?


女性スタッフ

私は、なりません。


アドバイザーKアドバイザーK

え?どうしてですか?
自宅から遠いから?


女性スタッフ

それもありますが、仮に近いとしても私は利用しないと思います。


アドバイザーKアドバイザーK

理由を教えて下さい。


女性スタッフ

ベネファイは、難病の当事者にとって、とてもよい就労移行支援だと思います。
ですが、就職した後の事を考えると、私が利用した一般の就労移行支援の方が良いと思っています。色々な障害のある人や、難病の人達とのコミュニケーションで、特定の人に限った環境では無く、より実践に近い環境で学べるからです。就職して就労移行支援を卒業すれば、健常者や他の障害のある人達と仕事をするようになります。早くから、その環境に慣れるためにも一般の就労移行支援が良いと私は思うからです。


アドバイザーKアドバイザーK

解りました。そう考えているんですね。


女性スタッフ

ただし、難病だから専門の就労移行支援を利用すれば就職出来ると思っている人では無く、実際の環境とは違うことを理解して難病と向き合って就職をしたいと思う人には、ぴったりの就労移行支援だと思います。


アドバイザーKアドバイザーK

ありがとうございます。
色々な意見はあるので、1つの参考とさせて頂きます。


アドバイザーK今回は、ベネファイの利用者の評判や口コミはありません。
見学したと言う人や、利用したよ。っていう人が居れば、是非評判やコメントを頂きたいです。どうぞよろしくお願いいたします。
編集部
無料見学/個別相談会

IT・WebスキルコースのジョブトレIT・Web

ジョブトレIT・Web
コースの目標:IT・Webのスキルを学びながら働く準備をする

このコースの対象になる人は、障害者手帳がある人と無くても医師や自治体で就労移行支援の利用が必用と見なされた全ての人が利用出来ます。

内容は、IT・Webを学ぶことをカリキュラムにした就労移行支援です。
つまり、IT・Webのスキルを学びながら働く準備をしていきます。

向いている人は、IT・Webに興味がある人です。
ただし、興味があるので仕事になるとは限らないことは心しておいて下さい。
あくまでも、就労移行支援です。

でも、興味がある人は、デジタルハリウッドの講座 約¥321,580が無料で、PCもソフトウェアも1人に1つ用意されているので満足度は上がるでしょう。

カリキュラムの詳細です。

基礎 webリテラシー
営業スキル
企画(上流工程) 企画立案
ワークフロー
デザイン(adobe) Photoshop
illustrator
XD
コーディング HTML5
CSS3
JavaScript
その他 Dreamweaver
WordPressはオリジナルテーマ作成

利用料金は、他のコースと同じです。この記事の冒頭で書いてあるのでご確認下さい。

参照:就労移行支援の利用料金

それでは、事業所の紹介をします。
事業所は都内に2ヶ所、千葉に1ヶ所、埼玉に1ヶ所の計4ヶ所です。

東京都
atGPジョブトレIT・Web渋谷』

アクセス
  • JR「渋谷」駅 徒歩10分
  • 東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷」駅 3a口 徒歩6分
  • 東急東横線・田園都市線「渋谷」駅 3a口 徒歩6分
  • 京王井の頭線「渋谷」駅 徒歩8分
  • 京王井の頭線「神泉」駅 徒歩3分
所在地 〒150-0044
東京都渋谷区円山町13番16号 BNKビル2階

Map

atGPジョブトレIT・Web秋葉原』

アクセス
  • JR・つくばエクスプレス・日比谷線「秋葉原」駅 徒歩12分
  • JR・銀座線「神田」駅 徒歩10分
  • 都営新宿線「岩本町」駅 徒歩7分
  • 日比谷線「小伝馬町」駅 徒歩5分
  • JR「馬喰町」駅 徒歩4分
所在地 〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-13-5 SSスマートビル8階

Map

千葉県
atGPジョブトレIT・Web船橋』

アクセス
  • JR総武本線「船橋」駅 徒歩9分
  • 京成本線「大神宮下」駅 徒歩8分
所在地 〒273-0005
千葉県船橋市本町3-32-20 東信船橋ビル2階

Map

埼玉県
atGPジョブトレIT・Web大宮』

アクセス
  • JR・東武野田線・埼玉新都市交通ニューシャトル「大宮駅」徒歩5分
所在地 〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町2-25 松亀プレジデントビル4階

Map

【ジョブトレIT・Webの評判と口コミ】
*アンケートより
男の人他にもITとかwebをカリキュラムに取り入れている就労移行支援はありますが、ここが他と違うところは、デジタルハリウッドと提携してその講座を受講出来る事です。実際にそのスキルで就職が出来るとは思いませんが、最長2年間無料で利用が出来るのなら楽しく利用が出来る方が良いので、僕はおすすめです。
(東京都 20代 男性)

もっと読む  >
男の人僕は、見学だけしました。本当に就職を考えている人にもおすすめのコースです。webやITと言った内容ではなく働く事の基礎も学べます。ここのプログラムを通して働く事に大切な事を学べます。どの仕事にもホウレンソウやコミュニケーションは必用です。それがITとWebといった内容を通してトレーニングが出来ます。ITやWeb技術に興味がある人は良いんじゃないでしょうか。
(埼玉県 20代 男性)


女の人参加してきた感想
NeuroDive秋葉原:11月に開設されたばかりとのこと、
スキルアップメインかなぁ。
理系かギフテッドじゃないと30過ぎたババアにゃ厳しいよ。
atGPジョブトレIT・web:
web系エンジニア育成メイン
週4から通える人が対象なので私には厳しそう。
(千葉県 30代 女性)


男の人誰でも参加できる就労移行支援ではありません。聴覚障害者は難しいようです。また、バリアフリーではないので車椅子を利用している人など一部の下肢障害がある人も利用が難しいようです。興味がありましたが残念です。
(神奈川県 20代 男性)

無料見学/登録

見学・個別相談会

atGPジョブトレは、利用者を第一に考えあなたに合った選択が出来るように事業所の見学と個別相談会を行っています。利用は無料で、見学や相談をしても通所しなくて大丈夫です。

atGPジョブトレ見学・個別相談会

【見学・個別相談会の流れ】

  • STEP1
    申込み
    まず、見学・個別相談に申し込みます。
    無料 見学・個別相談会に申込む>
  • STEP2
    atGPジョブトレの説明
    当日は、担当者が就労移行支援で出来る事やatGPジョブトレ各コースの説明をします。
  • STEP3
    質問・相談
    atGPジョブトレのことだけで無く、就労移行支援全般のことや就職、障害についてなど色々な不安なことや知りたいこと等が相談出来ます
  • STEP4
    見学
    トレーニングを生で見ます。
  • STEP5
    希望者のみ体験通所
    希望される人だけ5日間体験通所が出来ます。実際に利用してみて自分に合っているか決められます。

無料の5日間体験通所をしても利用を強要することはありません。
他の就労移行支援との比較にもご利用頂けます。

無料見学/登録

最後に

如何でしたでしょうか。
atGPジョブトレの障害に特化した5つの専門コースとIT・Webスキルのコース、それと各コースの当メディアのアンケートの評判を紹介しました。

最後に、障害者の就職アドバイザーとしてコメントします。
記事内でも書きましたが、atGPジョブトレの専門コースは障害特性が強く出ている人にはとても良いコースです。

就労以降支援には、この他に一般型の色々な障害者が利用している就労移行支援もあります。特化型と一般型のどちらが良いかなどと優劣をつけるような話も聴きますが、実際は利用する本人にあっているかが一番大切なことです。

特化型、一般型どちらを選ぶかはどちらも良く見学してから決める様にして下さい。
就労移行支援は原則一生に1度2年間だけです。いい加減に決めると損をするのはあなたです。

参考までに、私が就労移行支援の利用について相談を受けてすすめるのは、特化型はこの「atGPジョブトレ」です。一方、一般型は「ミラトレ」の見学をすすめています。

理由は、就労移行支援を運営する会社がどちらも障害者の求人サービスもやっているので就職がしやすいからです。
いくら働く準備が出来ても就職先が決まらなければ意味がありません。その点、就労移行支援と求人サービスを一緒に利用すると就職は加速します。

あとは、特化型か一般型かはあなたの好みで決めるだけです。
他の就労移行支援も良く知りたいという人は、当メディアのこの記事も参考にしてみて下さい。

【就労移行支援おすすめランキング10選】あなたにピッタリが見つかる 

この記事は、これで終わりです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

当メディアは、障害者の就職を応援します。

atGPジョブトレ各コースの紹介と評判に戻る>>