シゴトライの評判Topうつ病に特化した就労移行支援のシゴトライ。
ここの利用を検討している人向けに、シゴトライを見学した事のある障害者と取り組みを見学した事のある企業の採用担当者の評判を検証しました。

なぜこんな事が出来るの?私たち編集部は殆どが障害者です。その中には企業の現役の採用担当者と担当経験者がいます。

アドバイザーMアドバイザーM

こんにちは、現役の障害者採用担当で、ここのアドバイザーのMです。
この記事の内容は、どのような人が利用するのがおすすめかと利用の仕方です。


方法は、利用者の評判は当サイトの無料個別相談の時に任意でお願いしているアンケートです。
また、企業の採用担当者からは、シゴトライの就労支援の評判を調査しました。
(アンケートは有効回答の中から無作為に選びました。期間は2018年2月~2020年1月までの約2年間です。)

この記事は、シゴトライを利用しようか考えている人向けの情報です。
ここを最後まで、じっくり読んで頂くとシゴトライが自分に合っているのか、シゴトライをおすすめする人の条件や利用の仕方まで必要な事は全て解ります

解説は私たちアドバイザーがします。
転職プロのアドバイザー
編集部はこちら

シゴトライはこんなところ

シゴトライ評価Top
シゴトライは、うつ病専門特化の就労移行支援をしています。
まず最初に、シゴトライの基本情報です。

就労支援の種類 就労移行支援・定着支援
対象 うつ病
年齢 65歳未満
障害者手帳 無くても可※1利用条件あり
就労移行支援の利用期間 原則2年
就労定着支援の利用期間 最長3年※2(3年6ヶ月)
事業所の場所と数 首都圏1・関西圏1

※1:医師か自治体が必要と判断した場合
※2:移行支援で6ヶ月+3年で実質最長で3年6ヶ月

利用料金

シゴトライの利用料金は、ほとんどの人が0~9,300円/月で利用が出来ます。

所得帯 負担上限額 備考1 備考2
生活保護 負担上限額0円 生活保護受給世帯
低所得 負担上限額0円 市町村民税非課税世帯 3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、
概ね300万円以下の収入の世帯が対象となります。
一般1 負担上限額9,300円 市町村民税課税世帯
(所得割16万円未満)
概ね600万円以下の収入の世帯が対象となります。
一般2 負担上限額37,200円 上記以外の世帯

シゴトライの特徴

シゴトライの特長は、うつ病に特化したからこそ出来る支援サービスです。

なぜ特化したのか?

アドバイザーMアドバイザーM

私が思うのには、こんな理由だと思います。

1つの障害に特化した理由障害は、精神・発達・知的・身体と多岐に別れています。
その中でも、また細かく別れています。

そして同じ障害名を抱えている障害者は沢山います。
でも、人それぞれで症状は違います。

なので、大きな分類より、より小さな分類にすることで支援をきめ細かくする事が可能になります。

結果、1人ひとりにピッタリの支援が可能になり、それが高い就職率につながります。

シゴトライの3つの特徴を企業採用担当が切る

シゴトライの3つのポイント
シゴトライでは、「選ばれる理由」として3つの特徴があります。
その特徴を企業目線で見てみます。
担当は、ここの転職アドバイザーで、普段は企業の採用担当をしているアドバイザーKです。

Point 1:企業ネットワーク

シゴトライの企業のネットワーク
シゴトライを運営しているのはゼネラルパートナーズです。

アドバイザーKアドバイザーK

ゼネラルパートナーズは、アットジーピーとして障害者の転職支援サービスをしている企業です。
ここで蓄積された企業情報を利用して、うつ病への理解があり採用をする気がある企業へ通所者をインターン・実習の推薦から採用まで進めていきます。

メリット就職成功者の声にも投稿されていましたが、見学に来た企業から声が掛かり採用まで進んだという体験談がいくつか見られます。
これは、シゴトライの見学が、就職に有効だという証拠です。

アットジーピーは、今までに取引のあった企業が約2,000社とwebサイトに記載されています。
この情報が大きいのは間違い有りません。
デメリットいくら2,000社の取引があるとは言え全てが有効では無く、採用する気がある企業も限りが有ります。
また、常に採用が出来るだけのコストを持っているところも少ないでしょう。

そうすると、有る程度採用が進むと、この方法では頭打ちになる可能性があるので早い者勝ちになるかも知れません。

Point 2:うつ症状のある方専門

シゴトライのうつ専門特化

アドバイザーKアドバイザーK

ここの就労移行支援の一番の特徴です。
気持ちの浮き沈みがあったり、不安な気持ちをどのように対処するか学ぶところです。
専門の就労移行支援だからこそ出来る事で、同じ症状で苦しんでいる仲間と情報交換をしたり、一緒にストレスの対処を学びます。

メリットうつ病専門だからこそ、専門スタッフがいることで障害特性が解っているからこそ出来るサポートがここに詰まっています。
就職後を見据えたうつ病の再発防止などの研修もあるのが専門の良さです。
デメリット専門だからこそ、その良さがあるのですが、その反面同じ症状の人としか出会えていません。
スタッフも専門で知識が豊富ですが、企業ではそうも行きません。

うつ病について理解していない人や、他の障害がある人と一緒に仕事をする機会が無いとは言えません。
むしろその方が多いでしょう。
その時、対応が出来るか心配です。

Point 3:実践的なスキルアップ研修

シゴトライのビジネスベーシック

アドバイザーKアドバイザーK

働いたことが無い人や働く事に不安がある人が安心して就職へ進むこと出来るように、模擬で実践を学びます。
それを通してPCのスキルをあげたり、基礎体力を向上させて働く事への不安を無くし自信を付けます。

メリット働いたことが無い人でも、模擬を通して体力を確かめられることが良いです。
また、スキルも確認でき足りないところは専門の講師から教えて貰えるのが心強いです。
デメリット色々な場面を想定して模擬をしていると思いますが、実際の現場で模擬に無かったことや突発的な出来事への対処が出来るかが不安です。
そこを企業努力とすれば採用現場では少し躊躇するかも知れません。

シゴトライの実績

ここでシゴトライから就職した人の興味深いデータがあります。
シゴトライの就職データ

出典:シゴトライwebサイトより


アドバイザーMアドバイザーM

このデータから見ると就職成功者は20代~40代で一番多いのは30代ですね。
職種は、ほぼ事務職です。
入社経路は、アットジーピー経路が一番かと思いましたが、企業による事業所見学はTopでした。
まぁ、これも企業選びにアットジーピーの情報を利用したからだと思いますが意外な結果でした。

そして気になる就職先と定着率は!

シゴトライ定着率データ
シゴトライ就職先データ

出典:シゴトライwebサイトより

シゴトライの評判と検証結果

シゴトライのレーダーチャート
シゴトライは首都圏に1ヶ所、関西圏に1ヶ所あるうつ病専門に特化した就労移行支援です。
基本のサービスは、実践的なトレーニング、ストレスマネジメント・コミュニケーションスキル研修のカリキュラムから、企業ネットワークを使って転職サポートをします。

アドバイザーの考察アンケートと評価をまとめました。

シゴトライは、事業所の数が少ないので首都圏の一部と関西圏の一部の人にしか利用が出来ません。
事業所の場所は首都圏は駅からはそんなに近くではありません。
関西圏は大阪メトロ御堂筋線の東梅田駅から近くなので利用しやすいです。

カリキュラムは、うつ症状のある人に特化した内容になっているので、うつ症状がある人には凄く良い内容になっています。
実践的な仕事の進め方も良いですが、うつ病に対しての対策やストレスへの対処方法などが盛り込まれています。
ですが、採用する企業側のうつ病に対する知識を学ぶ場を設けないと、カリキュラムが活かされないと感じます。

見学した限りでは、事務所の雰囲気は可も不可もなく誰でも通いやすいと感じます。

就職率は公開されていませんが、就職された人全員が一般企業の障害者枠に採用されています。
しかも半年後の定着率は、全国平均の60%に対してシゴトライは90%と非常に高くカリキュラムの良さと定着支援が行き届いていることを示します。、

\うつ症状専門特化のシゴトライ/

見学を予約する

見学者と企業の採用担当者の評判

障害者のアンケートのコメントと採用担当者の生の声を集約しました。

企業ネットワーク

企業ネットワークは、インターン実習や就職先の候補探しにアットジーピーを使います。
採用担当者の評判

メガネのサラリーマン

雇用する機会は企業の事業所見学からが一番多く、うつ障害への理解がある企業を上手に選んで見学に誘っているのが解ります。
これは、アットジーピーの障害者の転職エージェントとしての実績データがあるからです。

ですが、このデータだけに頼っていると採用する企業は限られてしまう感は強くあります。


見学者の評判
woman

最初は、見学されるのが見世物のようで凄く嫌だろうなと思いました。
ですが、その見学から採用されていく先輩達が沢山いる事を説明で聴き、実は凄く有意義な事だと言う事が解りました。
私も、通所するようになったらいっぱいアピールをして早く仕事に就きたいです。

20代女性

うつ症状のある方専門

うつ病に特化した安定しない不安な気持ちや、ストレス対処を学びます。

内容・コミュニケーションスキル
・ストレスマネジメント

採用担当者の評判

アドバイザーKアドバイザーK

就職後も自分でうつ病の再発防止などの対策が出来るように実践して学びます。
この実践してと言うところが、頭で解るのでは無く、覚えると言う事がとても効果的で良いと感じます。


見学者の評判
主婦

同じ障害で悩んだり苦しんでいる人達と相談したり打ち明けられる事が大事だと思っていました。
でも、なかなかそのようなコミュニティはありません。
ですが、ここであれば特化しているので全員が同じ様な悩みがあります。
このような場所を探していました。

30代女性

実践的なスキルアップ研修

採用担当者の評判

メガネのサラリーマン

1人1台のパソコンが用意されていて、ドレスコードも有る模擬があります。
良い点は、実際の業務に似た環境が、実践的な仕事方法も学べますが、そこで起こりえるコミュニケーションやストレスを事前に解って対策を取っておけることが大きいと感じます。

悪い点は、実践では想定外の出来事が多くあります。その時の対処法をどうするかだと思います。


見学者の評判
woman

見学してPCの操作や、やっている模擬の内容が難しいと感じました。
スマホ操作は簡単なのですが、パソコンのExcelとか良く解らないので出来るか不安になります。
説明では、何も出来なくてもパソコンの専門の講師がいるから誰でも大丈夫とのことですが。。。

20代男性

就労移行支援を利用を決める時の鉄則

ここでは、就労移行支援を利用を決める時に必ず守るべき鉄則を伝えます。

鉄則は、「必ず見学してから決めること」です。

自分に合っているか実用性や雰囲気や通う場所、距離なども考えて決めましょう。
なので、絶対に見学しないで評判だけで決めてはいけません。

鉄則可能な限り出来るだけ多くの就労移行支援を見学して確かめること

シゴトライの事業所の場所と見学の仕方

探すのが面倒な人の為に用意しておきました。
シゴトライの首都圏と関西圏の事業所と、シゴトライと比較するための就労移行支援をまとめました。

首都圏

首都圏のシゴトライシゴトライ秋葉原

\首都圏のシゴトライ/

見学を予約する

アドバイザーMアドバイザーM

うつ症状の人をを受け入れる同じ地区の事業所はこちらです。

事業所名 LITALICOワークス
対象の障害 統合失調症・うつ病・発達障害・知的障害・身体障害・難病
見学の申し込み 【公式サイト】https://works.litalico.jp/
事業所名 ミラトレ
対象の障害 統合失調症・うつ病・発達障害・知的障害・身体障害
見学の申し込み 【公式サイト】https://mirai-training.jp/
事業所名 ウェルビー
対象の障害 統合失調症・うつ病・発達障害・知的障害・身体障害・難病
見学の申し込み 【公式サイト】https://www.welbe.co.jp/
事業所名 ココルポート
対象の障害 統合失調症・うつ病・発達障害・知的障害・身体障害
見学の申し込み 【公式サイト】https://www.cocorport.co.jp/

関西圏

関西圏のシゴトライシゴトライ大阪

\関西圏のシゴトライ/

見学を予約する

アドバイザーMアドバイザーM

うつ症状の人を受け入れる同じ地区の事業所はこちらです。

事業所名 LITALICOワークス
対象の障害 統合失調症・うつ病・発達障害・知的障害・身体障害・難病
見学の申し込み 【公式サイト】https://works.litalico.jp/
事業所名 ミラトレ
対象の障害 統合失調症・うつ病・発達障害・知的障害・身体障害
見学の申し込み 【公式サイト】https://mirai-training.jp/
事業所名 ウェルビー
対象の障害 統合失調症・うつ病・発達障害・知的障害・身体障害・難病
見学の申し込み 【公式サイト】https://www.welbe.co.jp/

就労移行支援を利用するまでの流れ

  • STEP1
    就労移行支援を探す
    住んでいる所の役所の福祉課などに相談をすると教えて貰えますが、直接行くことや電話することに抵抗がある人は、ネットから「地域名」+「就労移行支援」で検索できます。
  • STEP2
    見学に行く
    就労移行支援の事業所が見つかったら、通所可能な範囲の事業所を全て実際に見学に行きます。見学が混んでいる場合もあるので見つけた時点でwebか電話で相談の予約をしておきます。
  • STEP3
    比較検討
    見学時に資料等が貰えるので、その内容と見学した時の体験とで比較検討をします。
  • STEP4
    1つに絞る
    急ぐことはありません。納得いくまで吟味します。質問や解らないことが出た時は気軽にメールか電話で問い合わせるのが良いです。
  • STEP5
    障害福祉サービス受給者証を申請
    利用先が決まったら、自分の住まいの行政窓口に就労移行支援の利用をしたいと申告をします。必要な物や手続きに関しては行政窓口で丁寧に教えてくされますので、その支持に従ってください。
  • STEP6
    利用契約
    障害福祉サービス受給者証が発行されたら、それをもって利用する就労移行支援の事業所と利用契約をします。
  • STEP7
    利用開始
    あとは、通所スタートの日から利用開始になります。


アドバイザーMアドバイザーM

まず最初は見学の申し込みからですね。

Q&A良くある質問

当サイトのアンケートで見学者から質問を集めました。
その一部を公開します。
参考にしてください。

シゴトライを利用すると必ず就職できますか
約束はできませんが、多くの先輩方は一般企業に就職が出来ています。
1-2日からの利用は出来ますか
週4-5日のカリキュラムが組まれているので、そのあたりの利用をおすすめします。
見学にお金はかかりますか
交通費は出せませんが、見学自体は全て無料です。
シゴトライの利用料金はいくらですか
殆どの人が0円ー9,300円/月で利用が出来ます。
昼食はどうなりますか
近くの食堂を利用するか、お弁当を持参してください。
工賃は出ますか
就労移行支援なので工賃は出ません。
通院していても利用は可能ですか
大丈夫です。多くの人が定期通院をしています。
定着支援はいつまでありますか。
就労移行支援と定着支援の両方を利用して頂くことで最長3年6ケ月の利用が可能です。
シゴトライを見学したら利用しないといけませんか
いいえ。多くを見学して一番自分に合っている所を選んでください。

まとめ

シゴトライについて見学者と企業の採用担当者の評判は如何でしたでしょうか。
最後に、シゴトライの利用をおすすめする人についてです。その前に、シゴトライの情報をまとめました。
シゴトライ評価Top

PRうつ症状専門に特化した就労移行支援

アンケートの調査結果

利用のしやすさ 15点
カリキュラムの内容 17点
事務所内の雰囲気 16点
就職者数 17点
定着率 19点

総合評価:86点

シゴトライの基本データ

就労支援の種類 就労移行支援・定着支援
就労支援の対象 うつ病専門特化
年齢 65歳未満
障害者手帳 無くても可※1利用条件あり
就労支援の利用期間 原則2年間
定着支援の利用期間 最長3年間
事業所数と所在地 東京1、大阪1
アドバイザーの評判私は東京の事業所を数回見学させて頂いています。駅からは、近くはありませんが苦になるほどの遠さではありません。
だいたいですが秋葉原駅から10分ほどです。
行き帰りの丁度良いウォーキングになります。

カリキュラムは、専門の講師がパソコンやビジネスマナーを中心に1人ひとりの上達に合わせて行うので、予備校や塾のようにおいて行かれることは無い様に感じました。カリキュラムの中でも一番良いと思ったことは、ストレスマネジメントの研修です。

今まで、うつ病の特性が解らず対処方法に困っていた人や、ストレスマネジメント自体を知らなかった人には効果が大きいと思います。
これがあるのは、やはり専門として特化しているからこそと思いました。

また就職にはアットジーピーの存在は大きいです。
うつ病自体を理解している企業が解っているからこそ出来る見学会は、うつ病を抱える人の就職への近道になっています。
障害を良く理解している企業だから定着率も90%と高いと言えます。

それでは、シゴトライの利用をおすすめする人はこんな人です。

おすすめする人

  • 首都圏・関西圏に通所できる人
  • 20代から40代の人
  • うつ症状がある人
  • 働いた事が無いけど働きたい
  • 障害と向き合いながら上手に働きたい
  • うつが原因で前職を退職している
  • うつ症状が原因で働く事が不安

シゴトライの利用までの流れを、もう一度振り返ります。

シゴトライ利用までの流れ

  1. お住まいの近くにあるシゴトライを確認して見学の予約
  2. 近くの他の事業所にも見学の予約を入れる
  3. 見学に行く
  4. 他の複数の事業所と比較検討
  5. 利用する事業所を1つに絞る
  6. 行政窓口で障害福祉サービス受給者証を申請
  7. 就労移行支援事業所と利用契約をする
  8. 就労移行支援の利用開始
失敗しない選び方複数の就労移行支援事業所を見学する
アドバイザーMアドバイザーM

私たちは、就職を目指す障害のある人を応援します。

【公式サイト】シゴトライ

見学の予約をする

おすすめ就労移行支援の広告