障害者の紹介予定派遣
人事部のおじさん人事部のおじさん

こんにちは、現役人事のライターのTです。
今回は、障害者枠の就職支援にトライアル雇用より優れた紹介予定派遣を解説します。

障害者枠で就職するとき、企業も障害者も双方が理解を深めてから就職する事が出来るように工夫された支援制度を厚生労働省は作りました。
それが、トライアル雇用です。

一方、民間でも同じような支援をしている転職エージェントがあります。
それが、障害者の紹介予定派遣です。

トライアル雇用は、採用する企業に助成金がでますが、紹介予定派遣は何も出ません。
企業にとっては、一見トライアル雇用の方が利用しやすいかのように見えますが、障害者枠で人財を本気で採用するとなると話は別です。

断然、紹介予定派遣の方が、企業にも障害者にも就職支援のメリットがあります。
その辺を解説します。

ここでわかること

  • トライアル雇用との違い
  • 紹介予定派遣から受ける就職支援
  • 利用のおすすめをする障害者

実際に企業で障害者を採用するとき両方を利用しました。その結果を踏まえた、個人的な意見になることを御了承のうえで、参考にしてください。

トライアル雇用と紹介予定派遣の違い

まず、両制度の違いについて見ていきます。

項目 トライアル雇用 紹介予定派遣
申し込み方 ハローワーク 転職エージェント
選考方法 書類無し面接から 通常どおり
採用期間
  • 身体障害者基本3か月
  • 精神障害者基本6か月
  • 短時間の場合3か月‐12か月
最長6か月
本採用 トライアル雇用修了後に改めて採用 紹介予定派遣修了後に改めて採用
企業への助成金 あり なし

トライアル雇用は企業が障害者採用に取り組みやすいように出来ています。

障害者枠の採用に紹介予定派遣を使うメリット

一見、トライアル雇用の方が良くできているように見えますが、実際は違います。

まず、トライアル雇用とでは障害者への就職支援が違います。
窓口になるハローワークは、ほぼ企業への申し込みのみです。

その点、紹介予定派遣の就職支援ではエージェントのカウンセラーが障害特性を理解したうえで障害名は同じでも症状は1人づつ違うことや、個人の性格まで考えられ、1人1人に対応しています。

要は、応募者ひとりづつを良く把握した上で、企業に紹介が出来ているところです。
そして転職エージェントの支援は派遣期間中続きます。

もしも途中で、障害者が不安になることがあったり、困ったことが出来た場合は、きめ細かく支援してくれるので、安心して派遣に取り組めます。

障害者が就職してから仕事に定着できない原因は、これが出来ていないことが殆どです。

トライアル雇用では、ハローワーク以降は一人で全て対応していかないとなりませんが、紹介予定派遣では、転職エージェントがしっかり支援が出来る体制を作ってあります。

さらに、パソコンなどのトレーニングも出来るので、スキルにすこし不安があっても確認と対策が出来るので障害者にとっては、とても安心です。

次に、企業のメリットもすこしだけ解説しておきます。
一番は、ニーズに合った紹介予定派遣だと言うことです。

転職エージェントは、紹介予定派遣を希望する障害者のカウンセリングを通して障害をはじめ様々なスキルや個人の性格まで、把握しているので、企業側の要望にぴったり合う人財を提案することが出来ます。

そのため、ミスマッチが減少し企業にとっても無駄のない良い紹介予定派遣が提案できるのです。

一言
一応トライアル雇用も障害者のための色々な支援はありますが、企業と障害者のニーズを理解していない場合があります。何にでも合理的配慮で済ませるのは、障害者にも企業にも良くないです。

紹介予定派遣はこんな人におすすめです

  • トライアル雇用でうまくいかなかった人
  • トライアル雇用に興味はあるが不安な人
  • 面接で落ち続けている人
  • 書類選考が通過できない人
  • ブランクが長く続いた人
  • 社会人経験が少ない人
  • スキルに自信がない人
  • 対人関係が不安な人
  • 転職を短期間に繰り返している人
  • 体力的に不安な人
  • 通勤が不安な人
  • 受傷後はじめて就職する人
  • 短時間労働から始めたい人

ここで、上げた例に当てはまる人たちは、就職に対して自信がなかったり不安を抱えていると思います。
そういう人にこそ、お試しが出来て、支援がある紹介予定派遣が必要です。

紹介予定派遣中は、障害者は自分の事を企業側にしっかり伝え、企業は障害者が何が出来るか、必要な配慮は何なのかを実践をもって確認していく機会です。

でも、ここで障害者と企業側とマンツーマンでは解決策がなかなか出ません。

それは、お互いが分からないどうしだからです。

そこで、双方の支援をしてくれるのが、転職エージェントのカウンセラーです。
障害特性の理解から、必要な支援を企業側に教え、障害者にはスキルやマナーなど足りないところや、必要な知識を伝える事で、両者がWinWinになれるように支援します。

それができるのは、紹介予定派遣だからこそできる事です。

例え、ここで紹介予定派遣を利用して、面接や書類選考で上手くいかなかったとしても、その理由は転職エージェントのカウンセラーにより、明確になるでしょう。

また、面接が上手くいって紹介予定派遣が始まってから問題が起きても、手厚い支援があるので、派遣中に課題を克服することも可能です。
もし、今回で就職が決まらなくても、このことは、次の紹介予定派遣で活かすことも出来ます。

企業も紹介予定派遣を利用する事で、障害者枠でいきなり採用するのではなく、本採用前に確認ができるメリットがあります。
これは、企業にとって障害者枠の人材確保のリスクが低い設定になっていると言えます。

このことから、紹介予定派遣は障害者にとっても、企業にとってもチャレンジしやすくなっています。

まとめ

障害者枠で就業をする時おすすめの、紹介予定派遣について解説してきましたが、如何でしたでしょうか。双方の支援の違いがわかっていただけましたでしょうか。

どちらか片方ではなく、両方利用する事も出来ますが、最初は紹介予定派遣から利用する事をおすすめします。
理由は、支援体制です。

1人で、トライアルをがんばるより、支援があることで何倍もの得るものがあるでしょう。
結果、良い職場への早い就職につながります。

ここだいじ

  • 紹介予定派遣を使うと、派遣中もひとりひとりにあった支援が受けられる
  • 企業と障害者のニーズを考慮した紹介がおこなわれるので、ミスマッチが少ない
  • 一度就職してしまうと、その会社が合わなくても退職がしにくいけど、派遣なので合わない場合は自分から断れる
  • 結果、良い職場へ早い就職が期待できる

ここまで解説してきたことはランスタッドしかやっていません。
総合人材サービス業として、さまざまな働き方を提案してきたランスタッドだからこそできるサービスです。サービス名は、しょうがい者(チャレンジド)雇用という取り組みです。
【公式】ランスタッド