障害者が中途採用で使う応募窓口7

アドバイザーKアドバイザーK

こんにちは、管理人Kです。
現役で障害者採用担当をしています。
今回は、私が知っている障害者の中途採用の転職窓口7つについて解説します。

みなさんは、障害者が中途採用には、どのような窓口があるかご存じですか。
ハローワークやエージェント以外にも窓口はあります。

また、窓口によって中途採用の求人は変わります。
この窓口には、あの企業の求人がのっているけど、この窓口にはのっていない。

中には、表に出ない窓口もあります。
エージェントのクローズ案件ではないですよ。
もっと高確率で中途採用される窓口です。

ここでわかることここでは、誰もが、知っている中途採用の窓口から知らない窓口まで、現役の障害者採用担当の私が解説します。もし知らない窓口があれば、あなたの中途採用の成功率も上がるでしょう。

直接中途採用に応募

障害者の中途採用で、この方法はお宝発見ができます。
多くの障害者が今は転職エージェントを利用しているので、逆に転職エージェントを利用していない企業があれば、穴場です。

これは、企業のホームページから確認できます。
中には、見つけにくいホームページもありますが、その場合は大抵、最下部のフッター部分に会社概要などが書かれているページへのリンクがありますので、そこから障害者採用情報を確認してみてください。

採用担当者の経験から言うと、ハローワークや転職エージェント、転職サイトを利用しない場合は、応募書類が送られてくるなどの問い合わせがほぼありません。

なので、どこにも求人が出ていない企業を見つけたら、ホームページの採用情報を確認して即応募しましょう。

ヒント外資IT系に多く見られます。

ハローワークから応募

ハローワークからの応募も、見落とせません。
特に、地方に住んでいる障害者は、絶対に利用をおすすめします。
理由窓口として障害者の利用が最も多いのはエージェントですが、地方の求人が少ないからです。
求人が県全体で2人とか、載っていない県もあります。

また、地方の中小企業はハローワークの利用が多いので、求人案件の数であればハローワークがお勧めです。
都市部のハローワークも、有料のエージェントを利用していない企業もあるので、確認はしておいた方が良いです。

ハローワーク(ミニ合同面接会)から応募

ミニ面接会は、1社から数社の極少数で形成されています。面接会はハローワークの職員が取り仕切り、あらかじめに細かく一人づつの時間で区切られ予約が入っています。
面接の開始時間が決まっているので待ち時間も少なく済むのが障害者に負担が少なく良いところです。

そのため通常の面接会より。1人当たりにかけられる時間が多くなります。あくまでも平均ですが1人20分~30分ほどかけられます。なので、通常の大きな面接会に比べて採用に繋がる事が多いので、企業側も採用意識が高いです。

また、そこに参加する企業は、ハローワークから障害者採用について改善指導が入っている会社が多く、それも採用意識が高い事に繋がっています。

開催は多いところでは毎月2回ほど実施されている所もあります。何回か参加して気に入る応募先を見つける事も可能です。ぜひ、お近くのハローワークに問い合わせしてみてください。

ハローワーク合同面接会から応募

年に1-2回大規模なハローワークの合同面接会阿賀実施されます。
東京では、約250社が参加します。
おすすめしません 会場を廻るだけでも大変ですが、企業のブースに行って順番のカードをとり、それから面接まで待ちます。
人気のある企業は、ものすごい人数が待っています。
当然、話が出来る時間は限られてきます。

これ、障害者にとっても企業にとってもメリットが感じられません。
通常のハローワーク経由での応募の方が、ずっとましです。

いつも参加して思うのですが、この合同面接会に参加しに来ている障害者と企業担当者は、本当にこの場所から中途採用に繋がると思っているのかという事です。

では、なぜ私は参加するのかって?
それは、上司の命令だからです。

転職サイトやエージェントによる合同面接会から応募

企業は、ブースを有料で借りて面接会に出ます。
面接会に出る企業は、30-50社くらいでしょうか。
もっと少ない場合もあります。
おすすめしません企業も、ここで採用できるとは、あまり思って出ていません。

企業側から見ると短い時間で、面接は難しくただの書類集めになっています。
障害者は、企業説明会に行く感じで参加するのであれば良いです。
そこで、中途採用が決まると思われて参加すると、がっかりします。

障害者のエージェントから応募

エージェントは企業には有料のサービスですが、応募する障害者には、いたせりつくせりで、無料です。

エージェントでは、このような事が行われます。

  1. 1登録

  2. 2.カウンセリング

  3. 3.テスト

  4. 4.応募企業選び

  5. 5.応募

  6. 6.コーチング

多少エージェントによって変わりはありますが、こんな感じです。

リファラル採用から応募

リファラルって知っていますか。在籍社員やOB、OGからの紹介で中途採用することです。

リファラル採用は、日本ではまだ多くの企業で行っているわけではありませんが、外資系では多くの企業が導入しています。現在は日本でも少しづつ増えてきているようです。

お宝!ちなみに、これが記事の最初で書いた表に出ない窓口です。
紹介制度なので、中途採用の確率がぐっと上がります。

リファラル採用のメリット

メリットリファラル採用のメリットは、中途採用される側は社風やオフィスの感じ、業務内容等が詳しく聞ける事と、障害について理解と配慮が予めしっかりと伝わる事、また面接が簡略化される場合があるというところです。
紹介した側は、転職エージェントや人事社員のコストが削減された分、中途採用した人のポジション、年俸により予め決めてある率で手数料が入るということです。

ただし、手数料は紹介された入が社後一定の期間を経てからになります。期間は企業により違いますが、3か月~6か月程ではないでしょうか。報酬は15万~60万くらいだと思います。

リファラルは企業は労せず低コストで良い人材を確保でき、中途採用される側も紹介した側も企業も得をするというメリットがあります。因みに、リファラルで結構稼いでいる人もいて副業するより良いようです。

リファラル採用のデメリット

デメリットリファラル採用のデメリットは紹介者によっては部門で扱いにくい場合が出てしまうことです。

上司の紹介とか、やりにくいですよね。

また、不採用であった場合や入社された方が社風や業務内容が紹介時の話と違うと感じたり、期待外れの評価が企業から出てしまったというトラブルがでた場合、紹介した側もされた側も両者ともに気まずくなってしまうことがあります。

実際そのことが起因で疎遠になった社員を見たことがあります。
人間関係は人生において大事なことです。お互い良かれと思い行った結果が悪くては残念です。

まとめ

障害者の中途採用の窓口を7つ紹介しました。
このなかで、私のおすすめは、順番はつけられませんが3つあります。

おすすめ

  1. ハローワークのミニ合同面接会
  2. エージェント
  3. リファラル

この3つです。

直接応募も記事の最初で書いたように穴場なのですが、企業研究から対策、面接の日程調整などすべてひとりで行わなければなりません。
これが結構大変なので、おすすめから外しましたが、これが出来るのであればおすすめです。

あと、中途採用で一番確率が高いのはリファラルでしょう。
しかし、リファラルの情報は社内しかでていない事と知り合いがその企業にいないと利用できないのでハードルが高くなります。

 追記

数が少ないので、この中には入れませんでしたが、外資のゴールドマン・サックスでは、インターンシップ・プログラムがあります。
ゴールドマン・サックスのインターンシップの情報
このような取り組みは、数は少ないですがいくつかの企業が実施していますので、ここを窓口に利用するのも良い方法だと思います。

インターンシップの情報は、1社づつ調べるは大変なので、企業の情報が豊富なエージェントに頼りましょう。