LGBTの転職

アドバイザーKアドバイザーK

LGBTの人は、周りを取り巻く環境や影響から、何らかの精神障害を抱えている場合があります。


その場合の多くの人が、LGBTをカミングアウトできずに、精神障害も周囲に言えないでいます。
日常生活も職場でも、とても苦しく生きにくい思いをしているでしょう。

LGBTの人は、それだけでは障害者手帳を取得できません。
精神障害者として認定されることを勧めているわけではありませんが、何らかの障害がある場合、配慮ある環境下に身を置くことで、苦しい環境から自分の身を守ることができます。
それは、生活環境下も職場にも言えることです。

なので、LGBTと自覚がある方で、メンタルヘルスで受診をしたことがない方は一度受診することをおすすめします。何らかの体の異変や精神的なダメージがある場合は改善されるでしょう。

ですが、受信されて障害者手帳が発行されるだけではダメです。
生活環境下は、自分次第ですが、職場はそうもいきません。
生きにくいと感じている職場を変えないと根本的に環境は変わりません。

でも、自分だけでは職場で変化を起こすのはとても難しいです。

では、どうしたらLGBTの精神障害者は働きやすい職場で仕事ができるようになるのでしょうか。
それは、自分に適した環境下へ転職するしかありません。

そこで、ここではどのような職場がLGBTの精神障害者にあっているのか理想の環境と、そこに転職するための具体的なアドバイスをします。

ここでわかること

  • LGBTで精神障害者の自分に優しい職場環境
  • そこで働く具体的な方法
  • 実際に取り組んでいる企業

LGBTの精神障害者が働きやすい環境

LGBTと精神障害者への理解がある企業が大前提です。

環境

  • LGBTの採用、昇進などのガイドラインがある
  • LGBTを理解する社員教育がある
  • 同性パートナーを福利厚生の対象にできる
  • トイレの利用の理解がある
  • LGBTに関するハラスメントの教育がある
  • 障害者雇用を積極的にすすめている
  • 障害者雇用の実績がある
  • 障害への配慮がある

このようなことが、企業として取り組めているところは、働きやすい環境が出来ています。

環境を変える

アドバイザーKアドバイザーK

最近は、LGBTと障害者雇用への取り組みをしている企業は増えてきてはいますが、まだまだ少数です。
もっと取り組みが増えていけば良いのですが、まだこれから時間がかかりそうです。

あなたに聞きますあなたの職場は働きやすい環境ですか?
もし、今あなたの働く環境が良くなければ、直ぐには改善できません。
企業が直ぐに変わる事はありません。待っているのではなく、働く企業を変える転職が一番です。
既に、取り組んでいる企業へ自分からいきましょう。

転職の成功には情報が必要

アドバイザーKアドバイザーK

求人情報は生物です。
各企業の求人情報は常に変化していると思って良いです。
昨日は求人があっても1日で採用がきまり、今日は求人がなくなるなんて良くあることです。

企業は、求人を出していて良い人の応募があれば積極的に採用をしていくので当たり前です。
では、どうしますか?

  • 毎日ハローワークに行く
  • 転職サイトに登録する
  • 転職フェアに参加する

どれも間違いです

  • 毎日ハローワークに行きますか?毎日データは変わりませんよ。
  • 転職サイトに登録しますか?あなたより早く転職サイトで情報を見つけている人がいますよ。
  • 転職フェアに行きますか?いつの開催ですか?それまで待っているのですか?時間がもったいないです。
アドバイザーKアドバイザーK

あと、どれにも言えることですが、そこにはLGBTの理解がある企業だと書かれていますか?

企業情報に障害者の採用実績は書かれていますが、LGBTへの取り組みはCSRに書かれていたり、ダイバーシティへの取り組みのところに書かれている場合が多く、求人票や採用情報に書かれていることはありません。

では、どうして探すのが良いのでしょうか。

アドバイザーKアドバイザーK

それは、転職エージェントです。
転職エージェントは、各企業の新鮮な採用情報を常に取得しています。

例えば、採用ポジション1つ決まっても、即反映されます。
理由は、各エージェントは企業ごとに契約をしています。
企業は、良い人材を確保する為に常に新しい情報をエージェントに提供しているからです。

ここだいじなので、LGBTへの取り組みを積極的にやっていて、障害者の求人を出している企業が、現在いくつあって、どの企業なのか最新の情報を取得する為には、転職エージェントが最適なのです。

転職を成功させる為には

転職するために転職エージェントを利用する理由はわかりました。
でも、採用されなければ意味がありません。

採用されるまでには、書類選考を通過して面接を最低でも1回突破しないと内定まで行けません。
結構ハードルが高いです。

安心してくださいでも対策ができれば、そのハードルも低くなります。
そこで、ここでは書類選考を通過する対策と面接を突破する対策を紹介します。

書類選考の対策

書類選考は書き方によって、通過できる確率が違うのを知っていましたか?
ただ、書いて埋めておけば良いという訳ではありません。

学歴だけでもありません。
職歴でもありません。
資格でもありません。

各企業ごと、面接官や採用担当者によっても違いはありますが、ポイントが実はあります。
それを研究しているのが、転職エージェントです。

アドバイザーKアドバイザーK

転職エージェントは企業に紹介した人材が採用されないと収益にならないので必死です。
なので、転職先の企業の情報を集めた転職エージェントに対策してもらうことが一番なのです。

ここだいじ方法は、最初は自分で記入します。それを添削してもらいます。
それにそって、新しく書類を書き直して提出するだけです。
LGBTのところや障害について、どのように書けば良いか、しっかりアドバイスをしてくれます。

面接対策

書類が対策されて通過すれば、次は直接対決の面接です。
ここを突破できれば、内定です。

安心してくださいここの対策も、転職エージェントにお願いします。
転職エージェントは、企業の採用を研究しています。

面接が成功して内定まで行った時も、途中で落ちた時も情報を収集してデータとして蓄積しているので、企業ごとの対策がバッチリ出来ているのです。転職エージェントによっては企業ごとに何を求めていて、どのような質問がきて、どのように受け答えすれば良いかまで、研究しているところもあります。

ここだいじなので、今回はLGBTのところと精神障害のところをどのように伝ればい良いのか、必要な配慮の伝え方をどうすれば良いのかなどまで面接で対策してもらうと良いです。

アドバイザーKアドバイザーK

ここまで来れば、あとは内定を待つだけです。

まとめ

LGBTの精神障害者が働きやすい環境に転職する為に必要なこと

必須!

  • 情報収集
  • 応募書類の対策
  • 面接対策
アドバイザーKアドバイザーK

この3つが必要ですが、全て転職エージェントが対応してくれます。
自分に合った、良い環境で働いてください。
応援します。

最後にLGBTを企業で受け入れると表明している企業の一部を紹介します。

アクセンチュア株式会社
イオン
インフォテリア株式会社
株式会社インソース
エンプラス株式会社
大阪ガスグループ
株式会社ガイアックス
株式会社グリッド
サントリー
株式会社サニーサイドアップ
シティバンク
株式会社セブンアンドアイホールディングス
資生堂グループ
ソフトバンク
株式会社ダイバース
第一生命
ドイツ銀行
日本マイクロソフト
日本オラクル株式会社
日本IBM
野村証券株式会社
認定NPO法人フローレンス
株式会社みずほフィナンシャルグループ
モルガン・スタンレー
ユニリーバ
ライフネット生命保険会社
株式会社リアズ
株式会社リクルートホールディングス
株式会社レナウン
JAL
JT
JPモルガン
NEC
NTTデータ
PwC
SMBCコンサルティング

ここに転職出来たら成功ですね。
最新の求人詳細はエージェントから収集しておきましょう。

注意!
求人は生物です。常に情報が変わっています。
一度無料登録をしておくと、メールで最新のお知らせが入るので常にチェックできますよ。

転職エージェントごとに得意としている企業があります。
良い情報をたくさん集めて有利に転職を進める為に、最低2ヶ所の登録をおすすめします。
登録は【公式】から無料で出来ます。