障害者の面接対策

障害者の面接対策に活用して頂くために、1次選考に使う評定票と、そこから見えた質問例を公開します。
これは、現役採用担当者で当サイトのアドバイザーを中心に「こう言うことを聞きたいよね」と言う意見から作製しました。

企業で利用されている本物ではありませんが、現役採用担当者達が監修して作製した物で、かなりリアルに近い偽物です。

面接対策と評定票にあわせて面接での質問例を解説して行きます。

どの面接でも採用担当者が知りたいことは同じ

障害者が中途採用の面接を受ける機会はいくつかあります。

面接の機会

  • 企業に直截応募
  • ハローワーク
  • 転職エージェント
  • 各種合同面接会
  • 知人からの紹介(リファラル採用)

等々です。

どの面接にとっても大事なことは特に変わりません。
当たり前ですが、応募した企業の採用担当者とは初めて会う方が殆どだと思います。

採用担当者は応募者の事を色々知りたくて聞き出そうとします。
その主な内容は障害についてです。

聞きたい理由企業で障害への配慮が可能な範囲か、どうかという所です。

どんなに学歴が良くても、資格を沢山保有していても、企業で採用が出来るかが重要なのです。

絶対にありませんが優秀な人材であれば、どんな無理難題の配慮でもできます。
と、言う企業はありません。

裏ばなし公にはしていませんが、どの企業にも、ここまでなら配慮が出来るというラインを決めています。
それは、コストであったり、フォロー体制であったり限りがあります。

全ての障害に配慮ができれば、もっと障害者の就職や転職の機会が増えるのですが、企業という組織の中では限りがあるのが残念ですが現実です。

そして、ここが大事なのですが、採用担当者が障害に詳しい方ばかりではないと言うことです。
最悪な事は、採用担当者が無い知識と限られた情報で、障害への配慮について聞き出そうとしてきます。

間違えては行けないのが、採用担当者は人事としての知識は必要ですが、障害の専門知識はいりません。
産業医や保健師のアドバイスを的確に受け、それを反映させる能力があれば良いのですがそれが出来ていない担当者が多いです。

要は、浅はかな知識の物差しで測って欲しくないのですが、計る人が多い事です。

ここだいじ採用担当者は障害社採用の専門職ではなく情報だけの頭でっかちです。同じ障害名でも受傷した時期や生い立ちや、本人の性格などバックグランドで大きく変わるということが分かっていなく、障害名と等級だけで判断して、しかも先入観をもっています。
障害者自身は、このことを理解しておくことが対策に繋がります。

-ここのまとめ-
障害者を採用する担当者は面接で聞きたいことは障害への配慮が可能かと言うこと。
しかし、採用担当者が解ったつもりでいる場合があるのも知っておくこと。

障害者の良くある悪い例

一方、障害者にも悪い例があります。
それは、自分の事を良く評価して欲しくてマイナス面は極力聞かれるまで言わない方がいます。
最後まで、言わない方もいます。

あまりに、良いことばかり聞くと採用担当者も、配慮いらないって本当かな?って思います。
配慮が必要なので、障害者枠への求人に応募したんですよね?と思います。
なんでだという顔をしたサラリーマン
何かを隠して面接をしていると、どちらも疑心暗鬼になります。

何かを隠したり偽った面接では、たった数十分から数時間の面接で、お互い分かり合えるはずありません。
こうなると採用までは程遠いです。

ここだいじ採用面接は障害について話しにくい事は必ずしも話さなくても良いですが、話してもマイナスにはなりません。
採用担当者に、障害と必要な配慮と自分自身を理解して貰う事が一番の目的です。
これが、うまく伝える事が出来れば、面接は大成功です。

-ここのまとめ-
マイナスだと思う事こそ、しっかり伝えること。
解決策が解ればマイナスはプラスに変わる。

面接をうまく進めるための対策

ではどうしたらよいのでしょうか。

それは、採用担当者に面接の早い段階で障害と配慮についてしっかりと伝える事です。
面接を受ける障害者にとって一番大事な事は、短い限りある時間の中で障害と配慮について採用担当者の中で解決をしてもらうことです。

それには、採用担当者からの質問攻めで時間が少なくなるのを事前に防ぐために、最初の自己紹介で、
「後ほど障害について説明をする時間を頂けますでしょうか。」
と言っておくのが良いです。

でも気をつけてください。自分だけ一気に話してしまったり、採用担当者の話をさえぎったりしないように、落ち着いて話しましょう。
もし、途中で話す機会を失った場合は、面接最後にほぼ必ず
「何か質問はありますか?」
と聞かれるので、そこで話すようにしましょう。

補足転職エージェント経由であれば、採用担当者に事前にアドバイザーやカウンセラーから、障害と配慮について説明がしてあります。

2つの具体的な面接対策

それでは、ここでは具体的な面接対策を解説します。

2つの面接対策

  • マイナスな事や苦手な事と対策を全て伝える
  • 採用担当者の障害への知識と理解度を確認する

マイナスな事や苦手な事と対策を全て伝える

まず、最初に覆い隠すこと無く障害と必要な配慮について伝えます。

例えば、前職で出社が出来なくなった事とその理由とか、対人関係のことや障害が原因で体調を崩した事など、話しにくい事も全て採用担当者に伝えます。
その上で、現状は解決した事も伝えます。

その時、1つずつの問題が具体的に解決出来ている事を正確に伝えないとマイナスのままです。
例えば、障害が原因で前職を退職した場合は、障害の何が原因でそれが今は解決した証明が必要です。
それには、医師の診断書が効果が高いです。

原因になった障害が原因で起きた問題が、今は解決して仕事をする事に支障が無いことが解れば良いです。

また、条件付きの解決でも問題ありません。
例えば、週何時間の労働は可能とか、週何日でも良いです。
他には、時差出勤であったり、通院が2週に1度必要なども伝えましょう。

ポイントどのような障害で、必要な配慮が何か解ること

そうすれば、採用担当者は具体的に働いて貰う想像が出来ます。

出来ることや得意な事も大事ですが、弱みや苦手な事をしっかりと伝え採用担当者が具体的に企業として、入社してもらうには何が必要かイメージできることが重要です。

そこで、ほぼ面接の成功は決まります。
よくわからない伝え方や、必要な配慮があやふやでは、見送る事が多いです。
相手にしっかりと伝える力もそこから見ています。

ここは事前に、しっかり練習をして対策をしておきましょう。

採用担当者の障害への知識と理解度を良く確認

でも、ちょっとまってください。
ここが大事です。

採用担当者の障害への知識と理解度です。
そこで、もし話した内容が良く伝わっていないかなと感じたら、1つずつ確認しましょう。

「解って貰えましたか」とは聞きにくいので、「必要な配慮は可能でしょうか」と聞くのが良いでしょう。
また、その場で「産業医と相談させて下さい」とか「確認します」と言う返事であれば、自分は解らなくても専門家に聞くと言う事なので問題はありません。

もし、理解していないと感じた場合は、その場では自分での訂正は難しいです。
その時は、転職エージェントを利用している場合は、アドバイザーやカウンセラーに面接が終わった直後に電話かメールで相談をします。
面接が終わってから10分以内が目安です。
内容は、「障害と配慮について上手く伝える事が出来なかった」と正確に相談してください。

ポイント それが出来ていないと、採用担当者へのアドバイザーやカウンセラーのフォローが的確で無くなる可能性が有り、その場合は効果は期待できません。

なぜ、直後かというと採用担当者は面接が終わって直ぐに評価表を作成します。
そこで、不採用と判断されてしまうと後で採用に変えるのは難しいからです。

不採用と判断される前に、アドバイザーやカウンセラーから電話で直接フォローをしてもらうのが一番良いです。

転職サイトやハローワーク、直接応募の場合は、面接後のフォローは正直これと言って無いので、運に任せるのでは無く。
事前に理解して貰える内容に障害と配慮の説明を完璧に仕上げましょう。

それには、「ナビゲーションブック」とか「自分取説」と言われている物を作っておく事をおすすめします。
当サイトでも、記事にしてあります。

良かったら、お読みください。

面接に使う評定票の内容

まず、最初にどのような項目が有り評価ポイントはどこなのか一覧を見てください。
この中の評価ポイント全てが質問からではなく、面接全体から評価されます。

評価項目 評価ポイント
一般常識 ・礼儀、マナーをわきまえているか
・最低限の教養を身につけているか
思考力 ・論理的であるか
・話の展開がスムーズであるか
表現力 ・自分の考えを明確に伝えられるか
理解力 ・他人の発言を正しく理解できるか
職業意識 ・社会人としての自覚を持っているか
・向上心があるか
タフネス ・積極性はあるか
・忍耐力はあるか
信頼性 ・誠実であるか
・責任感は強いか
柔軟性 ・的確に状況判断ができるか
・臨機応変な対応ができるか
社交性 ・他人との協調性はあるか
英語力 ・ポジションに見合う英語力はあるか
PCスキル ・ポジションに見合うPCスキルはあるか


アドバイザーL

今回ここでは、評定表を元に面接で行われる質問をピックアップして解説します。

それでは、次から評定表の項目ごとに面接で予想される質問を解説します。

評定表から予想される面接の10の質問例と返答ポイント

アドバイザーL

まず最初に、想定される質問例一覧です。


質問例一覧

  1. 自己紹介をして下さい
  2. 弊社を選んだ理由をお聞かせください
  3. 前職(現職)は、どのような仕事をしていましたか(いますか)
  4. 今回の転職の動機について教えてください
  5. 自己PRをしてください
  6. 過去の成功体験を教えてください
  7. 障害について教えてください
  8. 仕事をする上で必要な配慮について教えてください
  9. 得意とするスキルや資格はありますか
  10. 最後に質問はありますか

質問例1:自己紹介をしてください

自己紹介でみる評価項目 思考力・表現力
返答ポイント簡潔に解りやすく返答しないと質問への評価が下がります。
学歴職歴を織り交ぜて、3分ほど終わるように話します。
自己PRではないので、間違えないようにしましょう。
アドバイザーL

質問で出る確率90%、どの企業でもおこなう質問なので必ず練習をしておきましょう。

質問例2:弊社を選んだ理由をお聞かせください

弊社を選んだ理由でみる評価項目 思考力・表現力・職業意欲
返答ポイント何となくではなく、選んだ理由に明確な必要があり、入社する事で自分と企業がどうなるのかがハッキリ話せる必要があります。

この質問も、どの企業でも聞かれると思います。
企業研究をして、しっかり話せるようにしておきましょう。
企業研究について応募しているポジションによって選んだ理由を適宜変更しましょう。
オープンポジションや管理部門への応募は企業の社風や働き方などが良いです。

質問例3:前職(現職)は、どのような仕事をしていましたか(いますか)

前・現職の仕事で見る評価項目 思考力・表現力・職業意識・タフネス
返答ポイント経験を確認しています。
未経験のポジションへの応募は、ダメではありませんが不利になります。

未経験の場合は、裏付けが必要です。

例えば、一般事務から経理事務へ転職したい場合、「日商簿記2級を取得したのでそれを活かした仕事をしたい。」などの裏付けです。

質問例4:今回の転職の動機について教えてください

転職の動機で見る評価項目 表現力・職業意識・タフネス

返答ポイント転職する理由は、応募しているポジションについて自分の向上心や積極性が解るような説明が出来る必要があります。

解っているとは思いますが、給与や福利厚生の話はしてはいけません。
ですが、障害を理由にするのは問題ありません。

例としては、「企業サイトに、障害があっても関係なく活躍が出来ると企業紹介に書かれていたからです。」で大丈夫です。

質問例5:自己PRをしてください

自己PRの評価項目 思考力・表現力・職業意識・社交性
返答ポイント自己紹介と間違えている人がいますが、自己PRと自己紹介は違います。
自己PRは自分の売り込みなので、解りやすく要点をまとめて行います。

返答の冒頭に、いくつあるか言ってから話すのがおすすめです。

例えば、「私の強みは3つあります。」「1つめは○○」「2つめは○○」。。。
のように返答すると解りやすいでしょう。

質問例6:過去の成功体験を教えてください

成功体験の評価項目 タフネス・信頼性・柔軟性・社交性

返答ポイント成功体験を具体的に話しましょう。学生の頃から社会人までどのタイミングの成功体験でも良いです。ポイントは評価項目である、タフネス・信頼性・柔軟性・社交性を意識して話せば大丈夫です。

無理に全てを盛り込む必要はありません。子供の頃から学生時代、直近のこと何でも良いので簡潔明瞭に話す要してください。

もし、成功体験が無い、思いつかない場合は、自分が活躍出来たことや、嬉しかった体験などで良いです。
「ありませんでした。」と言う返答が一番良くないので、何か話すようにしましょう。

これも、突然だと話が出てこないので質問されても良いように事前に話を考えておくのが良いですね。

質問例7:障害について教えてください

障害についての評価項目 信頼性・職業意識
返答ポイント自分の障害について理解して、それを正確に他人に伝える事が出来るかがポイントです。
これは、障害を受入れしっかり向き合い仕事をして行くことが出来るかと言う質問です。

障害特性、障害の現状(通院・服薬など)が答えられるようにしておきましょう。

質問例8:仕事をする上で必要な配慮について教えてください

必要な配慮の評価項目 信頼性・職業意識

返答ポイントこれは、質問例:7とも被りますが自分の障害を客観的に捉えられているか、またそれをしっかり受け入れられているかの質問です。

障害者になったばかりの場合は、仕事や生活で自分が出来ない事や苦手な事は何か。また、何があれば出来るのかが解っていない場合があるので、その確認です。

質問例9:得意とするスキルや資格はありますか

得意とするスキルや資格の評価項目 職業意識・英語・PCスキル
返答ポイント今回の求人に関わりの無いような資格は言わなくても良いかと思うかも知れませんが何でも全て言っておきましょう。
向上心がある事のアピールになります。

また、今回応募した求人以外の採用ポジションがある場合があります。
そちらでの採用が検討されることもあるので、思わぬところでアナタなのスキルが発揮できる可能性もあります。

質問例10:最後に質問はありますか

質問をされる面接の中で、唯一自分のアピールが出来るところです。
大事なところなので、ここだけピックアップして記事にしてあります。

アドバイザーL

こちらを参考にしてください。

面接である質問とは別の4つの確認

  1. 通勤にかかる時間と利用する交通機関を教えてください
  2. 障害の治療状況について教えてください
  3. 定期通院はありますか
  4. 服薬はありますか

これらのことは、真剣に障害者雇用を考えている企業では当たり前のように聞くことです。
特に、普段利用していない交通機関や駅を利用する場合は、時間や路線、乗り換えなど、しっかり把握して話せるようにおきましょう。


アドバイザーL

この質問にスラスラと答えられることも評価されます。

最後に

如何でしたでしょうか、評定表から見た質問例は参考になりましたか。
現役の面接官が集まって作製した評定表から質問例を出しました。

この質問例を有効に活かして面接対策をしてください。

私たちは、あなたの転職の成功を心より応援します。
評定表と質問例を用意しました。ダウンロードして、記事にある質問の説明と一緒に何度も見直すと効果的ですよ。

download

上記ファイルをダウンロードしようとすると警告が出ますが、各ブラウザのセキュリティによるものです。
このファイルは、当ブログで自作しました。ウィルスや悪意はありません。安心してお使いください。

面接の前に応募書類の書き方が知りたい方はこちらの記事を参考してみてください。
応募書類のダウンロードが出来ます。

知ってましたか?
エージェントでは、応募書類と面接の対策を無料で行っています。
求人に応募する際は、推薦状もつけるので書類選考が通りやすくなります。

応募書類の書き方や、面接が不安な人は相談をすることで一気に解決しますよ。
登録は1-2分で無料です。

-応募書類の添削が上手なエージェント-

ランスタッド公式サイト
https://www.randstad.co.jp/
『対応エリア:全国』外資系のグローバル企業です。精神保健福祉士が常駐しているカウンセリングが好評で、正社員・キャリアアップへの提案力があります。配慮のある環境でキャリアデザインをするのに最適です。

dodaチャレンジ公式サイト
https://doda.jp/challenge/
『対応エリア:全国』パーソルグループの特例子会社パーソルチャレンジが運営元です。自社が特例子会社だからこそ、障害のある人に寄り添った提案が出来ます。グループの保有する企業情報からの提案力はパワーがあります。

アットジーピー公式サイト
https://www.atgp.jp/
『対応エリア:全国』求人案件数が多く、業界では1-2位を競います。首都圏のみだけではなく地方の求人にも強くUターンやIターンで仕事を探す時に提案力があります。