転職仙人転職仙人

わしが良い事を教えてしんぜよう

知っていますか?障害者の転職時期に狙い目があることを。
ただ、闇雲に面接を設定してもだめです。数打つ球はあたりません。

これを知っていると、狙った数社で転職の成功率が高い面接を意図的に組むことが出来ます。
それに合わせて、今回は入社日から起算して最短で効率の良い面接日の設定時期まで解説します。

つまり、転職の成功率の高い時期で、最短で入社できる時期を逆算できるという事です。

採用決定のオファーをもらってから、何日もだらだら入社日を待つのは嫌ですよね。
転職活動が終われば、早く入社したいですよね。

大丈夫です。

ここで解説したことを実行してみてください。
きっと、高い確率で転職が成功して、最短で入社きるようになります。

見習いかかし見習いかかし

メモメモ

障害者の転職で良い時期は?

企業が採用を進めるためには、採用コストがかかります。それは、転職エージェントへの成果報酬だったり、転職エージェントの主催する有料合同面接会であったり、メディア等の媒体へ採用案内を出したり、採用パンフレットを作成したりと色々とコストがかかります。

そのコストは予め部門ごとで予算を組んでいて、その中でやりくりをします。その予算は1年のスケジュールを計画してそこから算出していくわけですが、どの企業もだいたい1年を4期に分けた最後の4期で実施されることが普通です。ですが、企業によって決算が違います。例えば年末の12月であったり、年度末の3月であったり、外資では8月の所もあります。

また、企業の設立が10月で9月を決算月にしている場合もあり様々です。ですが、日本の多くの企業は年末や年度末のところが多いので、来年の採用コストも同じ時期に決まることが多いです。

一度に多くの障害者の採用を検討している場合は、新卒が入社する4月に合わせている場合もあります。それを考慮すると、9月頃からの合同面接会から混み出し、遅くても年末までには採用を決めています。なぜ新卒と合わせるかというと、入社の準備が人事でまとめて行えるからです。入社後のオリエンテーションも一緒に行えるので、手間が省けるのです。

それとは逆に、忙しい時期を外して、ひと月後に障害者の入社をずらすところもあります。

ですがいずれも、9月から年内が狙い目です。

見習いかかし見習いかかし

時期は9月からと

知ってますか?中途採用者の入社日

面接が通過して採用が決まり、いよいよ入社となりますが、即入社が出来るというわけではありません。どの企業も中途で採用する場合、入社日が決まっています。

例えば、毎月1日の1回であったり、1日と16日のに2回であったりと決まっています。何日でも良いので、採用が決まり次第入社というのは聞いたことがありません。これも、まとめて入社をして頂く方が人事で仕事がスムーズに行くからです。

そこで、気をつけておかないと行けないのは、面接を受けたあと結果が出るのがいつで、その場合何月の何日になるのかと言うことです。

長い場合は企業の中途採用者の入社日が毎月1日だとします。選考が始まったのが月末近くで採用通知が月が変わって2日にきた場合、約ひと月の待機期間が出来ます。なので、面接を随時受けていくのは良いですが、企業の入社日と選考にかかる時間を意識して面接の優先順位を決めていく方が良いでしょう。

見習いかかし見習いかかし

入社日と選考回数がポイントか

あと、年末年始、ゴールデンウィーク、シルバーウィークなどの大型連休も気をつけましょう。

ここだいじ 各企業の入社日と選考にかかる時間は各転職エージェントで確かめることができます。

まとめ

障害者の中途採用における転職の時期と理由について解説しました。このような情報は転職エージェント(障害者人材紹介会社)も聞かなければ向こうからは教えてくれません。有利に就活を進めるためには優良な情報はとても大切です。

転職仙人転職仙人

まずは情報をあつめるのじゃ

一カ所ではなく多くの転職エージェントに聞いて良い情報をたくさん集めて転職を成功させてください。