エリートの看板の頭をした人形が階段を駆け上がる
障害者枠の雇用をハローワークや転職エージェントで探すと、大手企業では大卒以上の雇用条件の場合があります。
やはり、それなりに年収は高いし、条件も良いです。

その障害者枠の雇用は、中卒・高卒・大卒などの学歴に関係なく出ているオープンポジションや、一般事務や軽作業等とは違う、障害者枠の総合職です。

総合職(そうごうしょく)とは、管理職及び将来管理職となることを期待された幹部候補の正社員である。役務は非定型的であり、企業が享受する具体的な利益(主に金銭面)を考慮した上であらゆる役務に臨機応変に対応する実務能力が要求される。

出典:wikipedia

どうせ、仕事をするのなら良い条件で雇用されたいです。
そして、高い年収を誰もが欲しいと思うでしょう。

しかし、今さら大学に行くのは無理ですし、行く気もありません
でも、高い給料は欲しいです。

しかも、そういう条件を出しているのは、大手企業で有名なところが多いです。

女子A

どこで、仕事しているの?


若手男性社員

あ、僕ね〇〇〇っていう会社だよ。


女子A

えーあのコマーシャルとかもやっている会社?すごいね

と、自慢もしてみたい。
と思いませんか?

自慢は置いといても、高い給料は欲しいですよね。

という事で、中卒・高卒の障害者が大手企業に雇用雇用される方法を解説します。
最初に断っておきますが、簡単ではありません。

そりゃそうですよ、中卒や高卒の学歴から大手企業を狙うのですから、簡単なわけありません。
ですが、やり方がわかり、頑張れるのなら大手企業で雇用されることを目指せます。

それと、卒業証明書を偽造するとかの怪しい方法でもありません。
正当な方法です。
誰でもやる気と根性があればできます。

この記事は、中卒・高卒の障害者が高い給料の大手企業に雇用される為には何が必要なのか、しっかり結果が出るように具体的な方法を解説します。
大手企業で高い給料を手にして笑っている自分が見たければ頑張ってみましょう。

給料が高い障害者枠の雇用条件を分析

眼鏡をかけた玉ねぎ頭の真剣なまなざしの女性のイラスト

まず、年収が高い雇用条件を調べてみると、ほぼ大卒です。
この、大卒と書かれている裏には、その理由があるはずです。

調べ方は、交流のある大手10企業の人事担当者と、8社の転職エージェントにアンケートで協力をしていただきました。

アンケート内容
企業人事担当:障害者の雇用条件に大卒を入れる理由をお答えください。
転職エージェント:企業からの雇用条件として大卒が含まれる理由は何だと思うかお答えください。

アンケートの答え:学歴は目安

だそうです。全有効回答が同じでした。
何の目安かというと、地頭力を判断するための目安にします。

地頭力は「じあたまりょく」と読みます。
地頭力は問題を解く力などと解釈されます。

つまり、ここでは仕事で考える力が高い人、問題解決力が高い人を言います。
そのような人を大手企業は雇用したいのです。

その雇用する目安として、大卒であれば地頭力を期待できるのではないかという事から条件に入れているようです。
要するに、地頭力が高ければ、必ずしも大卒でなくても良いという事です。

ポイント大卒でなくても良い、必要なのは考える事が出来る頭を持っている人
大卒でなくてもいい=中卒・高卒でもOKではないです。
大卒でなくてもいい=地頭力が高いです。

大卒の雇用条件に絞る

パソコンを肘をつきながら見入る女性のイラスト

ここまでで、年収の高い大手企業の雇用条件である大卒の意味が解りました。
そして、必要な事は大卒ではなく、地頭力である事も解りました。

次は、障害者枠の募集を調べてターゲットにする企業を絞ります。
どこでも良いかというと、そうでもありません。

いくら障害者枠だとは言っても、職種によって超難関になります。
障害者でも障害を持ちながら一般採用枠で仕事をしている人たちがいます。
それが、地頭力の高い障害者たちです。

そのような障害者がいる所は、障害者枠の募集があったとしても責めにくいです。
なので、そのような人達が少ない業種をまず選びます。

選び方は、転職エージェントに掲載されている業種別の資料から情報を絞りました。

下の資料以外の業種は詳細が不明ですが、NGではないので、興味のある業種や職種があれば、挑戦してみるのも良いと思います。

おすすめの業種(地頭力での競争率が高くない業種)
・建設/不動産・運輸/物流・IT/通信・小売/外食・旅行/宿泊/レジャー

すすめない業種(地頭力での競争率が高い業種)
・総合商社・金融/保険・教育・コンサルティング・医療関係など

以上にになります。
あとは、おすすめの業種の中から、応募する大手企業を数か所選びます。

ポイント障害者枠の雇用実績が少なく、今も募集が少ない所を選ぶ

捕捉
障害者枠の雇用実績が多い大手企業は、全てではありませんが傾向として雇用慣れ(仕事の切り出しが出来ている)していて障害者枠=一般事務、アシスタントなどと考えている場合があるためです。

このようにも考えられる
しかし、Diversity(多様性)の考え方がしっかりしている企業は、障害者枠の雇用慣れに含まれません。このあたりの情報は企業のホームページなどではうわべだけで信用できないところもあるので、自分で確かめるより確実な、転職エージェントに聞くのが一番です。

地頭力のトレーニング

応募する大手企業が決まったら地頭力のトレーニングを始めます。
地頭力は、トレーニングで鍛える事が出来ます。
普段から、色々な角度で物事を捉える、考えることが出来るように鍛えていきます。

例えば、一人の少年が草原で雲を眺めている絵があります。
問題1:この絵をよく見てください。ここで雲を見ている人は何人いますか。

あなたは、ある清掃会社のCEOです。
問題2:東京都港区の全てのビルの窓ふきをお願いしたいと依頼がありました、いくらで出来ますか。

という問題があるとします。
何と答えますか?

私の出した答えは記事最後に書いておきます。

地頭力を鍛えるトレーニング方法

地頭力を鍛えるために、まずは本を読んで地頭力を理解しましょう。
そのためにおすすめする書籍は、定番の地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」です。

最初から文字ばかりで読むのも理解するのも大変だという方には、まんがでわかる 地頭力を鍛えるがおすすめです。

本を積み上げノートに必死に書き込む勉強をする女性のイラスト

この段階では、地頭力について理解しきれていなくても問題ありません。
だいたい何となくぼんやり分かったところで、実践に踏み出します。
実戦と言っても初心者としての第一歩です。

そこで、解りやすくて評判の良い書籍はこれです。

現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート です。

これを繰り返し行い、理解を深めます。
上で紹介した書籍はいずれも、現役の大学生や社会人がコンサルティングファームで雇用されることを目指す時などに読んで活用されています。

地頭力の高さが必要なコンサルタントに良く使われている所からも、この本の有用性がうかがえます。

そして、これらの本を繰り返し読むことで、理解がだいぶ進んだと感じられたら、ネットで「地頭力 テスト」で検索してみてください。
ネット上に地頭力をトレーニングする問題が出てきます。

ここだいじ!
ただし、何度も言いますがこの問題は直ぐに手を付けるのではなく、上でおすすめした本を理解してからでないと意味がありません。

理由は、考え方が身についていないので、トレーニングにならないからです。

また、そこで問題が解らなくて挫折してしまう人もいるからです。
必ず、ある程度本の内容を理解してから進めてください。

地頭力のトレーニングに必要な書籍をまとめました

障害者枠の雇用に応募する

やったるでーと、猛ダッシュする女性のイラスト

いよいよ障害者枠の雇用に応募の時です。
地頭力を理解して身についてきたかなと感じるようになるころには、大分時間がかかっていると思います。

でも、必要な武器は手にしました。
大卒は目安です。大手企業が雇用したいのは地頭力のある人です。
それでは、障害者枠の雇用に自信をもって応募しましょう。

この時、大手企業に自分で売り込むのもありですし、ハローワークを使って応募するのも良いですが、今どこかの企業に在籍している場合は、手続きや時間の調整までやるとなると、今の仕事もあるので1人ではとても大変です。

また、離職中の人にしても複数の大手企業の募集に応募するとなると、全てを自分で調整するのは大変ですし時間がかかります。

それと、応募するために大手企業の詳しい情報も必要になるので、ここでは転職エージェントを味方につけましょう。
ですが、その前に転職エージェントを理解しておく必要があります。

転職エージェントを活用する

転職エージェントについては、こちらの記事に詳しく書かれています。

転職エージェントは履歴書の書き方から、カウンセリングや対策、入社後のフォローまで担当者がついてくれます。
また、転職エージェントは大手企業の情報を持っているだけでなく、採用担当者と太いパイプがあり障害者を人財として一人一人を売り込むこともします。

ここは有利に進めるためにも、転職エージェントは使ったほうが得です。

最初のカウンセリングでしっかり話をしましょう

自分の希望をはっきり言う

学歴は大卒ではないけど、必要なのは地頭力だと思っていること。

探している雇用条件は総合職ということ。

そして地頭力のトレーニングをしてきた事をしっかり伝えます。

ここは、履歴書や職務経歴書だけではわからないところなので、担当カウンセラーにしっかり伝えてください。

カウンセラーは大手企業の採用担当者に口頭で説明をして直に伝えてくれるはずですので、ここは大事なところです。

そして、もしカウンセリングで希望する職種にあなたの何かが足りないと感じた事はカウンセラーがしっかり伝えてくれます。
そして、その対策方法も一緒に考えてくれます。

エージェントが必要な理由転職エージェントの仕事は、採用される時の希望を聞くことから始まり、応募先を選定して、カウンセリングをして、対策をして、書類の書き方、面接の練習、そして面接のスケジュール調整、応募先へのフォローまでやってくれます。

そして今回一番頼りになることは、応募先とのパイプです。
中卒や高卒の履歴書では、そこではじかれてしまいますが、転職エージェントは口頭で一生懸命にあなたを推薦してくれます。

企業側もむげに断りはしません。面接まで行けばあなたの良さをアピール出来ます。
この理由から、この応募にはとても便利で心強い見方なのです。

多分その頃のカウンセラーは、世界の中で自分の次にあなたを理解している人になっているでしょう。
これで準備は整いました。あとは面接に行くだけです。

事前に面接する企業までの経路の確認をして時間に遅れないように望んでください。

自分のやる気と根性、そして転職エージェントという伴走者がいれば、必ず良い雇用条件に巡り合い、希望するポジションで活躍ができます。

ここまで来れば、中卒・高卒でも地頭力を鍛えることで大手企業と高い年収があなたを待ってます。

アドバイザーKアドバイザーK

頑張って!

追記記事中に書かれていませんが、おすすめは外資です。日本企業は学歴優先ですが、外資は実力主義です。外資の日本法人を狙いましょう。
ちなみに、ランスタッドはランスタッド自体が外資で正社員の案件が多いエージェントです。
【公式】ランスタッド
注意点
転職エージェントによって、得意な企業が違う場合があるので、複数の転職エージェントから情報を貰う事をおすすめします。
また、カウンセラーも人によってアドバイスが変わるので、複数の転職エージェントのカウンセリングを受ける事をおすすめします。

伴走をする障害者の転職エージェントで信頼が出来る所をまとめました
(事前に無料登録をしておくとスムーズに進められます。)
公式はこちらからになります。
ランスタッド
【公式】https://www.randstad.co.jp/

ラルゴ高田馬場
【公式】https://go-largo.jp/

dodaチャレンジ
【公式】https://doda.jp/challenge/

▶アットジーピー
【公式】https://www.atgp.jp/

でも、これで終わりではありません。
さらに入社後から努力することがあります。
さらに自分を磨いて上のポジションと高額給与を掴んでください。

問題の答え

問1:2人
理由:絵の中の子供とその絵を見ている自分。

問2:無料
理由:窓ふきのゴンドラの外側も窓側にも自分の会社の名前を大きく書いて宣伝にする。港区全部だと数年かかるので、その間の広告代を考えると安いから。そして、相手の会社にタダで喜ばれWinWinな関係になれる。良くいけば、無料窓ふきはループできるので都内の広告代が無料で済む。

私が出したこの答えは、残念ですが間違っています。本当の正解は地頭力が高くなったあなたが出してください。

中卒・高卒の障害者が大卒の求人に採用される方法

問題をもう一度見る