オープン就労とクローズ就労
障害者が働く時、障害を会社に伝えるか隠して働くか選択ができます。
その、オープンとクローズの就労の違いはわかりますが、そもそも法律的に障害を隠して入社しても良いのでしょうか?また、オープンとクローズ就労のメリットデメリットには何があるのかを解説します。

ガイドは、ここの障害者の転職アドバイザーです。
転職プロのアドバイザー
編集部の紹介はここ

ここでわかること

  • 障害を隠して入社していいの?
  • バレたらどうなる?
  • オープン就労のメリット・デメリット
  • クローズ就労のメリット・デメリット
  • 自分に向いている働き方

隠して入社していいの?

アシスタントLアシスタントL

そもそも、障害を隠して入社することに問題はないのでしょうか。

厚生労働省の見解は、障害者が就職や転職をするときに、障害を隠してはいけない事はないとされています。つまり、法律では障害を隠して働くことは違法ではないということです。
アシスタントLアシスタントL

クローズ就労は、OKということですね。

クローズで就職したら会社にバレる?

アシスタントLアシスタントL

でも、隠して入社した場合、後でバレないですか?

基本は自己申告なのでバレることはありません。

ですが、障害者控除を年末調整ですると会社にバレます。

このとき、障害者控除を年末調整でしないで所得控除を確定申告でしても、住民税を会社が特別徴収すると確定申告の情報がお住まいの役所経由で会社にバレます。

バレない条件税金を納める

過去5年に限りますが、クローズで納めた税金が帰ってくるワザがあります。

抜けワザ退職後の還付申告

必要な物は、過去5年分の源泉徴収票と障害者手帳です。
これを、もって税務署で手続きをします。

必要な物過去5年分の源泉徴収票
障害者手帳

クローズ就労がバレた場合

アシスタントLアシスタントL

後で、バレた場合どうなりますか?

法律上は、入社するときに自分に不利になるようなことを隠しても違法ではないので問題ありません。
会社側も、そのことを理由に解雇はできません。
ですが、働き方が変わる場合があります。
障害への配慮を考えて、職種の変更や労働時間の見直し、などが考えられます。
アシスタントLアシスタントL

正社員の場合、契約社員になりますか?

それはありませんが、バレた次点で障害によって体調を崩している人が多いので、働き続けるのが難しくて結果退職になる場合が多い様です。

その場合、会社によりますが制度が整っているところでは、体調を整える目的で休暇が取れるようにシックリーブ(病気休暇)や傷病手当でフォローをしてくれます。
傷病手当は、健康保険に入っていれば誰でも利用ができます。

クローズがバレた時

  • 障害を隠して働くことは違法では無いので問題ない
  • バレた場合も解雇にはならない
  • シックリーブ傷病手当を利用できる
  • 同じ条件で働き続けるのが難しいこともある
  • 体調が回復しないで退職になることもある

オープン就労のメリット・デメリット

ここでは、オープン就労について解説していきます。

オープン就労では、仕事での成果より障害への配慮を重視した働き方が出来ます。
通勤時間帯をずらしたり短時間勤務などの配慮や通院などが出来ます。
しかし、仕事面では、仕事量が少なかったり、単調である事が多く、やりがいや高額な給料は望めません。

メリット

  • 通勤時間帯への配慮
  • 短時間勤務が可能
  • 通院への配慮
  • 定着支援が受けられる

デメリット

  • 正社員の求人が少ない
  • 仕事の内容が限られる場合がある
  • 給料が安い

クローズ就労のメリット・デメリット

ここでは、クローズ就労について解説していきます。

クローズ就労では、一般枠で働くのでキャリアデザインが出き、稼ぐことが出き、やりがいのある仕事が出来ます。
ですが、障害は配慮されることは無く、体力もメンタルも全て自分で限られた時間の中でケアをし、廻りの社員に劣らないように仕事の成果を出し続ける必要があります。

メリット

  • 正社員の求人が多い
  • 職種が豊富
  • 給料が高い
  • キャリアデザインが出来る
  • やりがいがある

デメリット

  • 障害への配慮がない
  • 残業がある
  • 成果を出し続ける

まとめ

障害者が就職や転職をする場合、オープン就労でもクローズ就労でも自分で選ぶことができます。

どちらもメリットデメリットがあります。
それをよく理解したうえで働き方を決めましょう。

オープン就労はこんな人に向いています。

向いている人

  • 障害者になって初めての就職や転職の人
  • 障害への配慮のある働き方をしたい人
  • 障害に不安がある人

クローズ就労はこんな人に向いています。

向いている人

  • 障害が安定している人
  • 通院がしっかり出来る環境の人
  • 障害者になって初めての就職や転職でない人

オープン就労かクローズ就労かは、悩むと思います。
オープン就労は、障害への配慮がある働き方ができます。
クローズ就労は、給料がよくキャリアアップを考えた働き方ができます。

良くある質問オープンからクローズは変わりやすいけど、クローズからオープンへは変わりにくいですか?

という、質問を受けることがあります。

答えクローズ就労からオープン就労へは、勤めている企業が同じ場合は、まず変われません。
また、いつ障害により体調を崩すか解らないと言う理由からです。

では、転職して働く企業が変われば良いかというと、それは可能です。
この記事の最初にも書きましたが、障害を隠して転職しても違法ではありません。

アドバイザーKアドバイザーK

どちらの働き方にするかは、自分の体調をよく考えて無理の無い働き方を選んでください。


あと、無理にクローズにこだわらなくても、障害者として正社員で働く形もあります。
これであれば、障害への配慮がありながら、正社員なので給料も良くボーナスもあってキャリアも積めます。
最近は、障害者の活躍も期待されて、すこしづつではありますが求人が増えてきています。
確認してみると良いでしょう。

30代から40代の障害者の正社員に強いランスタッドがおすすめです。
【公式サイト】https://www.randstad.co.jp/