障害者の結婚は難しい

アシスタントLアシスタントL

こんにちは、アシスタントのLと言います。
今回は、ライターのJさんの障害者にある難しい結婚までの体験を伝えます。
編集は、私Lです。

障害者と健常者の結婚、障害者同士の結婚、どちらも良くあることです。
僕は、身体障害者で4級の手帳を持っていて健常者の彼女と結婚しました。

ですが、すんなりと結婚出来たわけではありませんでした。
親や親戚から反対され、結婚するまで時間が掛かりました。

どうして反対されたのでしょうか。
僕の場合を例にすると、生活が成り立つかと言うことでした。
つまり、金銭的なことです。

僕は、障害者枠で仕事をしています。
雇用形態は、契約社員です。
給料は固定ですが、賞与や昇給はありません。

これでは、将来苦労すると親や親族が思ったのでしょう。

結婚に反対された理由は、障害があるから結婚が難しいのでは無く、障害があることで仕事が制限され、その為給料に将来性が無いことで反対されていたのです。

それでも、僕は結婚を絶対にしたかったので、行動に移しました。
今考えれば、もっと早く行動しておけば反対されずに結婚できたでしょう。

大好きな彼女を、1年も待たせなくても良かったと後悔をしています。

なので、ここではあなたが後悔しないように、結婚前に即やる事を教えます。

障害者の難しい結婚は人生の再スタート

僕は、当時は2人で結婚することがゴールになっていました。
何とか反対を跳ねのけて結婚をしたかったのです。

古い考え方だと思いますが、結婚ということが2人の絆のように考えていたのです。
契約のように考えていたところも合ったかも知れません。

ですが、実際は結婚することで今までと違った環境でスタートが始まるのでした。

僕は、その辺がとても甘かったです。
2人でいるだけで、結婚できることが幸せでした。

これを読んでいる方は、結婚が新しいスタートとして言葉だけで無く良く考えて受け入れてください。

結婚に反対されない人生計画

結婚することで、2人の新たな生活と人生が始まります。
今は、2人で食べて行ければ良いかも知れませんが、子供が生まれ、子育てがあり、教育費も掛かります。

子供が大きくなれば、もう少し広い家に引っ越しをしたくなります。
僕の障害が年を取る事で、バリアフリーが必要になるかも知れません。

子供が小さい間は、共働きが出来ないかもしれません。
でも、その間にも、お金は掛かります。
そんなことも考えられていませんでした。

結婚を反対されない為には、人生設計をしっかり立てる。

僕の収入と結婚して必要な金額の差

僕の当時の仕事は障害者枠の契約社員で、賞与も昇給もありませんでした。
月給ではありましたが、手取り約180,000円です。(交通費別)
年間にすると、約2,160,000円です。

家賃 60,000円
ガス水道光熱費 約15,000円
食費 約40,000円
その他 約30,000
残り 約35,000円

(*都内)

これが、当時の僕の収支です。

結婚して共働きになれば、もう少しお金が掛かるようになりますが、世帯収入は上がります。
ですが、これでは、子供は育てて行けないでしょう。
食費や教育費も増えていきます。
その他に、老後や保険なども考えなくてはなりません。

これでは、結婚して早々に、幸せになれる気がしません。
親や親族に結婚は難しいと反対されてもしかたがありません。

【将来の予測】
子供が、公立の高校で大学まで掛かる教育費が1200万円
僕の収支は増えることは無い
奥さんの給料がパートで月80,000円位として20年で1,920,000万円

子供1人であれば、何とか育てられるかも知れませんが、お互いどこかで病気になったり、怪我をして仕事が出来なくなれば、生活は難しいでしょう。

しかも、この計算はすごくおおざっぱです。
食費や家賃も変わるでしょうし、その他にもお金が掛かることは沢山あると思います。

ザックリとした計算だけでも、ド貧乏一直線です。
これでは、夢のある新婚生活がまったく期待できません。

結婚を反対されるのが良くわかる

この計算で行くと結婚生活が破綻するでしょう。
いくら今結婚したくても、お金の切れ目が縁の切れ目で、離婚がちらつきます。
最初、夢のような新婚生活を考えて居ましたが、現実は甘くありません。

子供を育てるどころか、今の収入では出産費用はおろか、産休や育休の間の生活も難しいでしょう。

難しい結婚を強行する決意

このように、僕は大好きな彼女と結婚することだけを考えて、将来設計をしっかり考えていませんでした。

でも、今回考えてみて生活できないのは解ります。仮に生活が出来たとしてもカツカツな生活で楽しくなんか無いでしょう。愛があればなんて、お金が無くなれば、愛も無くなります。

でも、僕は僕のことを大事に思ってくれる優しい彼女が大好きです。
幸せにしたいと本当に持っています。

その為には、根本的に生活を変えなくては駄目です。
ここで、僕は難しいと思われる結婚を強行する為に真剣に転職を決意しました。

今までは、給料に不満が無いと言ったら嘘になりますが、働きやすい環境だったので満足していました。
しかし、このままでは2人の将来はありません。
今、自分が動く時です。

結婚を考えるなら最高の転職支援を受ける

今の仕事は、ハローワークを利用して入社しました。
その時は、1社目でスムーズに採用が決まったので今回も直ぐ決まると思い、有休を使ってハローワークで転職活動を始めました。

ですが、以前と違って普段は仕事をしているのでこまめにハローワークに行けません。
また、行ったとしても障害者枠の仕事の紹介が新しく変わらないので、毎回同じ求人を見るばかりです。

なかなか、良い求人案件が無いので副業も考えましたが、副業できるスキルも無いし、皿洗いなどの立ち仕事は障害上できないので、やはり給料が少しでも良いところへ転職する事を目指すことにしました。

それから、2ヶ月探してもハローワークでは、新しい仕事を探すことは難しいので、無理だと判断をして、転職支援をするエージェントに依頼をしました。

最初は、登録だけしてカウンセリングも受けずにいたのですが、カウンセリングを受ける方がクローズ案件(非公開)といって、公開しない求人案件もあるとの事だったので、受けてみました。

また、条件も細かく指定できるとの事だったので、通勤は1時間以内、正社員で、年収400万円以上としました。

今までの、年収2,160,000円からすると約倍です。
これは、すこし難しいかなと思っていたのですが、ありました。

雇用形態 障害者枠:正社員
月給 250,000円
賞与 4か月
昇給 年1度
年収 4,000,000円

人事の事務アシスタントの仕事です。

これであれば、結婚しても夢がある生活が送れそうです。
その後、結婚を反対していた親や親戚にも、しっかりと話をして、結婚を認めてもらえました。

少し前までは、障害者枠の仕事で賞与が出る企業は少なかったですが、今は割とあるようです。
月給がそこまで良くなくても、賞与が出ることは大きいです。
本当に良かったです。
ちなみに、これはクローズ案件でした。

このあと、転職をする為の仕事の引き継ぎや、色々な手続きをして転職が完了したのは仕事を探し始めてから1年たっていました。

1年も彼女を待たせてしまい申し訳なかったです。
もっと早く転職をしていれば良かったです。

まとめ

僕は、結婚を1年も待たせてしまいました。
お金が全てではありませんが、お金のない生活は苦です。

結婚を考え始めたら、将来設計を早いうちにして、必要であれば2人の幸せの為に転職を考えた方が良いでしょう。
そうすれば、結婚に対して廻りから金銭的に難しいなどの反対も無く、結婚が出来ないなんて事は無くなります。

ここ大事

  • 反対されても結婚をあきらめるな=必ず解決策はある
  • 結婚を難しく考えない=金銭的な事なら転職することで解決する
  • 転職支援は早く利用する=転職支援で早期解決、早期転職
  • 副業は辞めておいた方が良い=二兎を追う者は一兎をも得ず
  • 結婚を考え始めた時点で早く転職活動をする=条件が合う物が直ぐ見つからない
  • 転職は、ハローワークは駄目=正社員の案件が多いエージェント
  • 条件は高めに=正社員400万円以上
  • 転職に成功している人=2-3社のエージェントに登録
  • 良い案件=クローズ案件

人生計画を立てて転職が必要だと思ったあなたは、2人の幸せな結婚の為に早く無料登録することをおすすめすすします。
クローズ案件は、早い者勝ちです。

PR:おすすめ7つの転職エージェント