摂食障害の就職と転職エージェント

摂食障害のあなたに仕事を探して就職や転職をする一番良い方法を紹介します。

最初にお読みください。まず始めに、あなたは精神障害者保健福祉手帳をお持ちですか。

摂食障害と診断されてから6ヶ月経過して改善されない場合は、精神障害者保健福祉手帳を取得できる可能性があります。

精神障害者保健福祉手帳を取得すると、税金の控除や公共交通機関の利用の割引以外に、障害への合理的配慮がある働き方が選択できます。

摂食障害は、心と体の両方の治療が必要な障害です。

しっかり摂食障害を治療していく為には、それに合っている環境が必要になります。
当然、仕事も職場環境も合わせて行く必要があり、それに伴い変えることが必要です。

でも、あなたが一人で自分に合っている仕事や環境を見つけるのは、とても大変ではありませんか?
しっかり見つけられないと、条件が多少違っても我慢する事になります。

怖いのは、その我慢が元で良くなりかけた摂食障害が再発したり、進行することです。
そうなると、何のために就職や転職をしたのか解りませんよね。

そうならない為に、あなたに今一番必要なのは就職や転職の専門家のアドバイスです。

その専門家には、仕事を紹介してくれる就職や転職のエージェントと、働く準備をする就労移行支援があります。

この記事では、仕事を紹介するエージェントについて書いてあります。
働く準備の就労移行支援の情報が必要な方はこちらの記事をお読みください。

【就労移行支援おすすめランキング10選】あなたにピッタリが見つかる

エージェントには、数多くの企業の求人データがあるので、あなたの条件に合わせて仕事を提案することが出来ます。

また、条件がぴったり合っていない仕事は、企業と条件の交渉をしてくれます。
こんな亊は、あなた一人では難しいでしょう。

しかし、エージェントであれば可能です。
でも、どのエージェントでも良いかというとそうでもありません。

エージェントごとサポートが得意な障害や業種、職種、地域など色々な特色があります。
それを間違えて利用をすると、的確なサポートが出来なくて、最悪な結果になることもあります。

そこで、摂食障害のあなたにあっているエージェントを当メディアのアドバイザーが紹介します。

当メディアのアドバイザーは、企業の採用担当を10年以上続けるベテランです。
普段採用でエージェントを利用していて、とても詳しいので参考にしてください。

摂食障害になるタイプの人

利用するエージェントを決める前に、摂食障害になりやすいタイプを確認しておきましょう。

自分が、このタイプに該当するなと思った場合は、意識して気をつけるようにする必要があります。

ストレスをうまく解消できない人
主な原因はストレスです。ストレスは同じ環境下におかれても感じる人と感じない人がいます。また、ストレスと感じても解消できる人と引きずる人がいたりします。対処が苦手な方は摂食障害になりやすいといわれています。

完璧主義な人
考え方が0か100であり「~しなければならない」や「~であるべきだ」といった意識が非常に強いため、違うことが起きてしまうと認めることができず自分自身を追い込んでしまいます。例えば、ダイエットを始めて順調に体重が減っていたのに、ある日わずかに体重が増えたことが認められず「痩せなければならない」と感じてしまい、拒食症になってしまうケースがあります。

自分に自信がない人
いつも自分を「人よりも劣っている」と自己評価が低い人は、自分のコンプレックスに対して敏感になっているケースが多いです。また、人から嫌われたくないため普段は良い子、良い人として行動していますが、人目につかないところで拒食や過食を行っていることがあります。

向いている向いていない仕事

次に、仕事を紹介してもらう前に摂食障害の向いている仕事と向いていない仕事について把握しておきましょう。

良く、摂食障害に限らず「向いている仕事」○○○
とか、「向いていない仕事」○○○○

なんて目にしたりしますが、半分当たりで半分ハズレです。
聞いてはいけないとは言いませんが、鵜呑みをしては、いけません。

この向いている向いていないは、障害特性について言っているのですが、全ての人が同じ障害特性が出ているとは限りません。

起因となっている事も違うし、現在まで育った環境やひとり一人のパフォーマンスも異なり、全ての人に当てはまる方が可笑しいのです。

では、あなたに合っているぴったりな仕事は?

それは、エージェントの腕の良いカウンセラーが、カウンセリングからしっかり導き出してくれます。
フラットな気持ちで、カウンセリングを受けてみてください。

では、次からいよいよエージェントを紹介していきます。

エージェントの利用について障害のある人専門のエージェントの利用には精神障害者保健福祉手帳は必須ではありませんが、取得予定が条件です。

また、合理的配慮のある仕事に就職や転職をする場合は、入社時に手帳は必須になります。
現在、取得されていない方は主治医に相談されることをおすすめします。

摂食障害の人の就職と転職をサポートするエージェント一覧

就職や転職のエージェントは、国内だけでなく外資も入れてとてもたくさんあります。
中には、リクルートやビズリーチなどテレビのCMで見ることがあるエージェントもありますよね。
摂食障害におすすめのエージェント
でも、摂食障害の人の利用におすすめするエージェントは、障害者の就職や転職の専門エージェントです。
彼らの就職や転職におけるサポートは、障害のある人に特化していて、他のエージェントに絶対に真似が出来ないサポートです。

dodaチャレンジ
ラルゴ高田馬場
DIエージェント
アビリティスタッフィング
アットジーピー
エージェント・サーナ
Happy
ランスタッド

各社、特色があるので1社ずつ紹介していきます。

摂食障害の人に向いているエージェント紹介

障害のある人に特化した専門のエージェントは、各障害の就労に関する深い専門性と、ひとり一人に合わせたぴったりな求人を提案する柔軟性と、多くの求人の情報量が必要です。

その3つの『専門性』『柔軟性』『情報量』と、各社の特長と強みを紹介します。

dodaチャレンジ

dodaチャレンジ

専門性 カウンセリングに関する有資格者が多く在籍しています。
柔軟性 一人に二人のカウンセラーが専任で付き、あらゆる角度からカウンセリングを行います。
情報量 グループ全体の採用情報をフルに活用した情報量はパワーが違います。

dodaチャレンジは、カウンセリングに関する有資格者が多く在籍していて、1人の障害のある人に2人の専任カウンセラーが付くのが特長です。

パーソルグループが持つ3,000社の採用情報が基盤になっている提案力と、利用者の95%が満足と答えるサポート力が強みです。

dodaチャレンジのカウンセリングと情報量は、他社より頭一つ抜けています。サポートエリアは全国で電話とオンラインで利用できます。カウンセリングは少し強引気味ですが、間違ったことは伝えないので素直に聞いて間違いありません。

良い求人も多いのですが利用者も多いので、情報の入れ替わりが激しいです。気になる求人には早めのアクションが必要です。

dodaチャレンジ公式サイト
https://doda.jp/challenge/

ラルゴ高田馬場

ラルゴ高田馬場

専門性 各障害と就労問題の選考対策を徹底しています。
柔軟性 時間をかけた丁寧なカウンセリングが、ぴったりな仕事にマッチさせます。
情報量 独自の非公開の求人を600社以上保有しています。

長期ブランクや転職回数が多い等、就労への問題への解決力があるところが特長です。

全て非公開の求人で、希少価値のある他社には出回らない独自の求人や、採用イベントが強みです。

ラルゴ高田馬場を運営する『アスリートプランニング』は、体育系の学生の就活をサポートするエージェントです。マーケットは、600社以上で独自で開拓してきました。

その期間は20年以上に及びますが、そこで得た情報網と信頼関係は他社にはない求人を新しく産みました。
この新しい求人は、他のエージェントでは紹介されない人の希望になります。

就職や転職がうまく進められていない人は、ラルゴ高田の門をたたいてみましょう。

ラルゴ高田馬場公式サイト
https://go-largo.jp/

ランスタッド

ランスタッドチャレンジド

専門性 きめ細かい精神保健福祉士によるカウンセリングが好評です。
柔軟性 求人の業種・職種が豊富で、その中からマッチした求人を提案します。
情報量 量より質の高さが勝ります。

ランスタッドは、精神保健福祉士のカウンセリングが転職にとても良いと評価が高いのが特長です。

年収アップの特集が組まれていたり、他社にはない質の高い求人が多数あるのが強みです。

ランスタッドは外資の総合人材サービスで、日本では1980年から営業実績があり信用が高い企業です。
そこに集まる求人は、大手の中では数は少なめですが、業界ごとに専門性の高い求人があります。

サポート範囲が明確にwebにも掲載されていて、登録してサポートが無いような事はありません。
障害に配慮ある環境で、スキルやキャリアを活かした仕事を求めるのなら、ここをおすすめします。

ランスタッド公式サイト
https://www.randstad.co.jp/

アットジーピー

アットジーピーのスカウトメールとプラチナスカウトの説明

専門性 幅広くカバー出来ます。
柔軟性 障害特性別のサポートが出来ます。
情報量 業界No.1-2を競います。

アットジーピーはスカウトメールに力を入れているのが特長です。

地方の求人は、業界No.1なのが強みです。

アットジーピーのスカウトメールは登録しておくだけで月に平均して4-5社の求人案内が来ます。メールで確認できるので、対人の煩わしさはありません。

求人は、障害者全般という感じで誰にも利用がしやすくはなっていますが、反面キャリアや専門知識を活かせる仕事は少ないように感じます。

地方の求人にも強いので、障害への配慮を優先した働き方を探す全国の人におすすめです。

アットジーピー公式サイト
https://www.atgp.jp/

DIエージェント

DIエージェント

専門性 障害が併発しているような場合でも対応可能です。
柔軟性 オーダーメイドの提案が出来ます。
情報量 多くはありませんが、他社にない求人を作れます。

希望する職種や仕事がない場合は、オーダーメイドで作るところが特長です。

エージェントの中では後発ですが、その分他社にはない取り組みを取り入れている工夫が強みです。

DIエージェントは、情報量も専門性も他社と比べると、劣っているわけではありませんが特別優秀というわけでもありません。
ですが、オーダーメイドの提案は『ランスタッド』とここにしかありません。

オーダーメイドは、オープンポジションではなくて、その人の希望にあわせて職種や働く時間などを組み込んで作るタイプの提案です。
自分に合った仕事がないなと思った時は、このオーダーメイドを利用するといいですよ。

DIエージェント公式サイト
https://di-agent.jp/

Happy

Happy

専門性 浅く広く全般の対応が可能です。
柔軟性 障害特性に合わせた提案ができます。
情報量 多くはありませんが、採用実績のある企業だけの提案です。

採用実績があるところだけの紹介になるので、採用されやすいのが特長です。

強みとしては、dodaチャレンジを運営するパーソルチャレンジ出身者が立ち上げ、dodaチャレンジ同等かそれ以上の提案ができるパフォーマンスが期待できます。

Happyは、2020年1月にスタートした新しいエージェントです。
まだ、実績は少ないのですが登録者数が少ない今であれば、採用実績のある企業の提案を数多く受けられる期待があります。

反面、採用実績のない企業は提案されないので、目新しい業種や職種は期待できません。
なので、障害のある人用に切り出した事務アシスタントや軽作業オール全般の仕事が多くなります。

Happy公式サイト
https://happyy.jp/

アビスタ

アビスタ

専門性 精神・発達に特化しています。
柔軟性 各障害特性に合わせた提案ができます。
情報量 多くはありませんが、紹介予定派遣も提案できます。

特長は紹介予定派遣があることです。これは、『ランスタッド』と『アビスタ』だけです。

強みとしては、最長1年3ヶ月の雇用支援型モデルを利用できます。

アビスタは、障害のある人が働きやすい紹介予定派遣や、働くことに不安がある人が給料をもらいながら、体を慣らしたり、PCやビジネススキルを学べる雇用支援型モデルを取り入れています。

これは、他社のカウンセリングでは紹介さ入れなかった人や、社会に一歩出ることに躊躇している人には、とても良い取り組みです。

また、就労移行支援を2年間使い切った人にもおすすめしたいエージェントです。

アビスタ公式サイト
https://ability.r-staffing.co.jp/

エージェント・サーナ

エージェント・サーナ

専門性 浅く広くなので専門性は期待できません。
柔軟性 あまり期待は出来ません。
情報量 自社独自の非公開の求人があります。

面談から内定まで2ヶ月以内に決まる人が60%なのが特長です。

業界、最古参で28年の実績があるのが強みです。

採用で利用していて、少し古い提案の仕方だと感じます。
応募書類や面接でも、サポートがあまり良くないように感じました。

ただし、28年の実績は確かなので、合う人には良いエージェントなのではないかと思います。
おすすめは、他社との比較に利用してみるのに利用すると良いと思います。

エージェント・サーナ公式サイト
https://www.agent-sana.com/

摂食障害の人におすすめのエージェントBEST3

エージェントの紹介では、障害のある人専門のエージェント8社を紹介しました。

でも8社では、まだ多いですよね。
それなので、更におすすめのエージェントを3社に絞りました。

どこも、一押しなのですが、10年以上採用で利用した経験から選んだ3社がこちらです。

第1位:dodaチャレンジ

dodaチャレンジ

おすすめ度:5.0
dodaチャレンジ
ドゥーダチャレンジ
https://doda.jp/challenge/

〒108-0014 東京都港区芝5-33-1森永プラザビル本館19階
対応エリア:全国、代表者名:井上 雅博、従業員数:521名、資本金:4,500万円

dodaチャレンジを摂食障害の人におすすめする理由は、やはりカウンセラーが2名付くところです。

幅広く深く、そしてひとり一人にあった提案が期待できるからです。

パーソルグループの持つ3,000社の企業データから、一番良い求人が見つかるでしょう。

求人検索・無料登録

第2位:ランスタッド

ランスタッド

おすすめ度:4.5
ランスタッド
ランスタッド
https://www.randstad.co.jp/

〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート21F
対応エリア:全国、代表取締役会長兼CEO カイエタン・スローニナ、資本金:1億円

ランスタッドは、精神保健福祉士のカウンセリングが丁寧で良いと、とても評価が高いです。過去の実績では、通院先まで動向して、その人に一番良い働き方を提案してくれています。

求人の内容は、キャリアパスの形成を整えられる環境の物が多くあり、人生設計がしっかり立てられるます。

ここでなら、摂食障害の人の再出発は安心して任せられます。

求人検索・無料登録

第3位:アットジーピー

アットジーピー

おすすめ度:4.0
アットジーピー
アットジーピー
https://www.atgp.jp/

〒104-0031 東京都中央区京橋2-4-12 京橋第一生命ビル3F
対応エリア:全国、代表取締役社長:進藤 均

アットジーピーの対応エリアは全国でも地方に強く、地域ごとに一番良い提案が出来ます。

また、UターンIターンにも強く、地方で就職や転職を考えている人には欠かせない、おすすめのエージェントです。

求人検索・無料登録

番外編:ラルゴ高田馬場

ラルゴ高田馬場

おすすめ度:4.0
ラルゴ高田馬場
ラルゴタカダノババ
https://go-largo.jp/

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-12-2高田馬場OCビル
対応エリア:首都圏

首都圏のみでしか利用が出来ませんが、長いブランクや転職回数が多くて仕事が決まらない人は、就労問題の解決力が高いラルゴ高田馬場がおすすめです。

首都圏だけで、言えば一押しのエージェントです。

求人検索・無料登録

エージェントの利用について

気になるエージェントは決まりましたか。
ここでは、エージェントの利用方法を解説します。

あなたの摂食障害の原因の確認

エージェントを最大限に活かす為には、カウンセリング時にしっかり情報を伝える必要があります。

一番大事なのが接触障害についてです。

摂食障害の原因は、過度なダイエットから来ることがありますが、それ以外の心的原因による場合もあります。

例えば人間関係から来るストレスや、仕事の営業成績のプレッシャーからくるストレスなども例外ではありません。

同じ環境に就職や転職をしないためには、エージェントにあなたの摂食障害にならない為の条件を正確に伝える必要があります。

どうしたら、摂食障害になったのかではなく、摂食障害になった環境と同じにようにならないための条件を正確に伝えられる用に整理しておきましょう。

うまく伝えられないときは、主治医に相談すると的確なアドバイスを受けることが出来ます。

-ランスタッドの場合-
精神保健福祉士に相談をしてみましょう。
直接、主治医に確認をしてくれる可能性が高いです。

就職と転職の成功確率を上げる方法

エージェントを利用して就職や転職の成功確率をあげる方法があります。
これは、古典的ですが一番効果があるので、是非取り入れてください。

方法は簡単です。
それは、エージェントを複数利用することです。

まず、本命を1-2社決めて、ライバルになるエージェントを2-3社決めます。
その全てに登録して、その全てのエージェントのカウンセリングで他でも仕事を探していることを伝えるだけです。

そんなことで、効果があるの?
と、思ったでしょう。

これが、効果バツグンなのです。

理由は、エージェントは企業に人財を紹介して採用されると、報酬として採用された人の年収の約30%を紹介料として請求できます。
契約によって利率は変わりますが、25%-35%位の間でだいたい平均30%位です。

例えば、あなたを企業に紹介して採用条件が年俸400万円だったとします。
すると、400万円×30%=120万円が、あなたの紹介料でエージェントの報酬になります。

これは、個人の成績にもなるのでサラリーマンであるエージェントは、自分の成績のために必死になってあなたを企業に紹介をします。

このようになっているので、人財であるあなたを他のエージェントに取られないように、一生懸命に紹介をしてくれるのです。
でも、求人紹介には気をつけてください。

中には、紹介された企業がブラックだった事もあると聞きます。
そのようにならない為に、任せっきりではなく、紹介されて気になる企業があれば、他のエージェントでも同じ企業を紹介してもらいましょう。

そこで、確認が取れます。

でも、その企業が良かったとしても同時に2カ所から応募しては両方NGになるので気をつけてください。
企業の採用では、同時に複数箇所から応募があった場合は、全てNGにします。

-成功確率を上げる方法-

  • エージェントはできるだけ複数利用する
  • どのエージェントにも、他社も同時に利用していることを伝える

-気をつけること-

  • ブラックか自分でも確認をする
  • 1つの企業に2カ所からの応募はタブー

まとめ

如何でしたでしょうか。
摂食障害の人が就職や転職で利用するエージェントについて解説してきました。

気になるエージェントは、ありましたか?

ここで紹介したエージェントは全て無料で利用が出来ます。
気になるエージェントと競い合わせるエージェント2-3社に登録をしてお使いください。

ランスタッド公式サイト
https://www.randstad.co.jp/
『対応エリア:全国』外資系のグローバル企業です。精神保健福祉士が常駐しているカウンセリングが好評で、正社員・キャリアアップへの提案力があります。配慮のある環境でキャリアデザインをするのに最適です。

dodaチャレンジ公式サイト
https://doda.jp/challenge/
『対応エリア:全国』パーソルグループの特例子会社パーソルチャレンジが運営元です。自社が特例子会社だからこそ、障害のある人に寄り添った提案が出来ます。グループの保有する企業情報からの提案力はパワーがあります。

アットジーピー公式サイト
https://www.atgp.jp/
『対応エリア:全国』求人案件数が多く、業界では1-2位を競います。首都圏のみだけではなく地方の求人にも強くUターンやIターンで仕事を探す時に提案力があります。

ラルゴ高田馬場公式サイト
https://go-largo.jp/
『対応エリア:首都圏』自社独自で開拓した首都圏600社の企業データから、他社では断られたようなケースでも諦めない提案が出来ます。求人は全て非公開で他社には無い求人が魅力です。

私たちは、摂食障害の人に良い仕事が見つかるように応援します。

advisor-k-n1

まずは、自分が利用する人材紹介会社と就労移行支援を知りましょう。
詳細は、こちらの記事から読むことが出来ます。

仕事を探す準備が出来ている
仕事をするのに不安がある