人事採用担当者は障害者の今後の問題点として加齢について考えたことがあるでしょうか。当然誰もが年を取ります。同じように障害者も年を取って老いていきます。障害者は持っている障害も一緒に老いていきます。

若い頃ぴんぴんしていた健常者も高齢になるにつれて杖が必要であったり、補聴器を使ったり、眼鏡が厚くなったりします。

障害者も同じように年を取ります。
例えば、目に弱視の障害を持っている方は、その状態から高齢になり体は老いていきます。目も老いて障害のある目も老眼になります。下肢に障害がある方も腰が弱くなります。このように年を取る事で誰もが老いていきます。

障害者は持っている障害が、障害者になった時点で止まるわけではありません。当たり前のことですが、そのあたりについて私が障害者雇用担当者としてこれから問題点となってくると感じてきたことを解説します。

障害者の加齢の問題点と企業の考え

現在、企業が障害者を採用するとき、障害自体の配慮については進んできていると思います。ですが、企業は障害者を雇用した後の問題点として、加齢による障害の進行までは考えていないところが多いです。

現状の障害だけを確認して5年後10年後はどのような働き方が良いのだろうかと、考えてくれている企業はほぼ無いでしょう。障害が進行するなどと考えていない場合もあるくらいです。

私は障害者雇用担当者の立場から障害者の採用後の問題点として加齢について多くの社員や上司に伝えてきましたが、やはりそこまでの配慮は進めることが難しいのが現状です。

では、なぜ企業は問題点として、そこまで考えないのでしょうか。

それは雇用してからの定着が5年を超える方は少ないからです。環境が合わなかったり、通勤が難しくなったり、売り手市場の世の中なので、他社の方が条件が良くて転職したりして、早い人では1年くらいで退職していきます。

そのような背景もあって、採用後の問題点として加齢による障害の進行までは考えていないのが事実です。

障害者の加齢について転職エージェントの考え

では、人材紹介会社である転職エージェント彼らは、加齢による障害の進行の問題点をどのように考えているのでしょうか。

候補者の現状の障害については理解をして企業に売り込みをする訳なので、今は理解をしていると思いますが、先のことまではどうなのでしょうか。

普段は問題は採用後の定着だとか言っていますが、入社後はの数年先までは考えていないでしょう。

私の所へも60歳超えている方ですが検討出来ますかと連絡が来たりします。検討は出来ますが、採用は出来るか解りません。と言うのが本音です。人の責任にしたくありませんが、人事の採用面接を通過しても、その後の進行が見えないのです。

それでも、何度も転職エージェントは検討出来ますか?と問い合わせてきます。私は高齢者が採用できないのではなく、これから更なる加齢によって進むであろう障害が心配で問題点なのです。

それでも転職エージェントは成績で動くサラリーマンなので営業をしてきます。そのあたりを考えるとひとりひとりの障害と加齢を問題点として全く考えていないのであろうと思います

障害者自身が考える加齢の問題点

実際、障害者自身は加齢による問題点をどのように考えているのでしょうか。

障害者でもある私の考えは、結局は個人個人なので、自分の障害と加齢については本人が問題点として理解して周りに発信をしていかなければと考えます。それは、障害者誰もが考えなくてはなりません。

自分の事なので、黙っていては廻りは分かってくれません。
自分から問題点として発信できるようにならないといけません。

高齢化していく社会と一緒に障害者も高齢化していく今後

今後は、高齢の障害者も働くことになってくると思います。その時、色々な障害とバックグランド、受傷した年齢、受傷後の経過年数、ひとりひとりが抱えた問題点を考慮した対応を、企業や転職エージェントが行うのは不可能です。

今後は、高齢化し人口も減る中、障害者の比率はどんどん多くなっていくと予想されます。高齢になるにつれて誰もが何らかの障害者になる可能性があります。
そのとき障害と加齢を自分の問題点として良く理解し発信と対策が出来る障害者を目指すようにしましょう。

 あわせてよみたい