職務経歴書

障害者の就職や転職は難しいです。
簡単だという人は、障害に軽い採用されやすい一部の人だけです。

障害者の仕事は、合理的配慮があり障害特性への理解がある職場環境でないと長続きはしません。

必要なのは、就職や転職先でひとり一人に合わせた環境がある事ですが、それがある企業は少なくて、探すのも大変なので就職や転職は難しいとなっています。

ですが、その難しい転職を成功させる方法があります。
その方法を障害当事者で企業の採用担当をする当メディアのアドバイザーが解説します。

障害者の難しい就職・転職を読む前に

障害者の就職や転職は、障害者雇用率もあがり、年々企業の求職者数も増え売り手市場となっています。では、5年前の障害者の求職者情報と変わってきているのでしょうか。

はい、大きく変わってきています。年収相場も上がりましたが、一番変わってきているのは福利厚生と正社員登用制度です。これは、コロナ禍でも同じです。

以前は障害者の多くは、非正規雇用で契約社員が殆どした、ですが2013年に労働契約法が改正され無期労働契約のルールが出来た事で障害者の契約は無期雇用へと変わってきています。

ここで、間違えた理解をしないで欲しいのが、無期雇用=正社員ではないと言う事です。
ここをしっかりと理解してください。

ですが、そのような背景もあり、いっそ良い契約社員は正社員へという流れが少数ではありますが出てきています。

無期契約社員と正社員は、退職金、福利厚生、その他細かいルールが全く違い、契約社員の不遇や納得のいかない就業ルールなどの冷遇を身にひしひしと感じてきた方も少なくないと思っています。

では、現在契約社員として勤めている企業から、次の契約のオファーが無期契約で来たらどうしますか。
今からまだ契約社員を続けますか。それとも新しく他の企業で正社員として働きますか。

今からまだ無期であったとしても、契約社員で採用しようとしている企業は、これからも雇用に関する取り組みは直ぐには変わらないでしょう。
それでも、慣れている環境が良い方は、そのまま無期の規約社員で良いと思います。

ですが、適切な良い環境を整えてくれる企業があれば移りたいと思う方は転職にチャレンジしてみてください。

これから就職をする人は、最初から良い環境がある職場を選んで下さい。

では、障害者の難しい就職や転職を成功させる方法についてです。

障害者の就職や転職はエージェントを使わないと難しい

現在、売り手市場と言われている障害者の就職ですが、転職にも同じく良い環境になっているのでしょうか。

環境や待遇だけを考えると、以前よりは良く変わってきていると思います。ですが、転職と考えると待遇や雇用条件がいくら良くなっても、在職者には手の届かない代物なのです。

それは、在職者は通常の就労があり平日の昼間は転職活動にかけられる時間が少ないからです。

そこで頼みの綱になるのが障害者の人財紹介会社です。(ここでは以降エージェントと書くことにします。)エージェントは登録しているあなたに変わって条件にマッチする企業を探してくれます。忙しく昼間働くあなたの代わりに探してくれるのです。

通院や就労支援を利用している新たに就職をする人も、あなたの代わりに就職先を探してくれるので便利に利用が出来ます。

エージェントを利用する障害者の就職や転職が成功する理由

では、なぜ障害者の就職や転職にエージェントが必須なのか、ここで説明します。障害者に変わって就職や転職活動のサポートをするだけではありません。

まず、企業とエージェントは人財紹介に関する契約書を交わします。エージェントはその依頼に答えないと売り上げが上がらないので、ものすごく積極的に人財確保に動きます。

エージェントは企業ごとに、どんな人財が必要で、障害者には、どんな条件提示ができるか等の採用条件を細かく収集しています。

その中には、面接の時に聞かれる事や、試験内容まで事前にわかっています。そして障害者が求人への応募をエージェントに依頼すれば企業との間でエントリーから面接時間の調整まで全部やってくれます。

就職・転職希望者は、エージェントに依頼して連絡を待つだけで済みます。なので、障害者が有休を使ったり通院を辞めてまで仕事を探さなくても良いのです。

このような理由からエージェント経由で就職や転職をするとうまくいくのです。

  • 依頼するだけでエントリーから選考までの調整をしてくれる。
  • 面接の内容が事前にわかっている。
  • 試験がある場合はどんな試験か事前にわかっている。(答えまでは解りません。)
  • その他、社風までわかっている。

具体例

私は、採用担当と言う事もあり、入社される以前に面接という時間を使って、誰よりも早く将来社員になってくれるかもしれない障害のある方達に合う事が出来ます。

そして入社して頂けた障害のある方にも入社後に話を聞ける機会が良くあります。

そこで、面接の時に雰囲気とか話し方など自分の反省と改良の為に聞くのですが、そこで出てくる話が転職で利用したエージェントの丁寧さと面接の対策の話です。

その内容には驚かされることと、以前私がエージェントを利用して転職した経験もあるので納得いくものばかりです。

その内容は、面接で聞かれるだろう内容である、例えばワークライフバランスについてどのように考えているかとか、社風について弊社をどのように捉えているか等、具体的にアドバイスを受けています。

また、私がエージェントを利用していた時は無かったのですが、今は適正検査のSPIなどの情報も入っています。

これだけ対策が出来るのですから、さすがです。採用されやすいというのも納得です。

難しい転職にエージェント無しで成功する人もいる

確かに、直接応募してきた人や、面接会から採用まで来た人もいます。
でも、年間に1人いるかどうかの本当に稀な方達です。

企業側では、ハローワークからの応募でも面接会からの応募でも変わりはないので全く問題はありませんが、入社を希望する障害者からしたら、エージェントを利用した就職や転職は入社の確立からすると大きく違うことになります。

一般的に言われているのが、個人で応募して来た人が入社できる確率は3~5%と言われています。

一方、エージェント経由は75~80%ととも言われています。

転職成功の鍵はエージェント

転職活動に平日の時間がたくさん取れない在職者の転職は、成功率を考えるとやはりエージェントを利用した転職の方が良いと言えるでしょう。新たに就職を考えている人も高確率になるので同じです。

特に転職を希望する方の場合、転職先がどこでも良いという理由は少なく、事前に転職先の企業を良くリサーチしている事が多いので、面接で落ちたらまた他の企業へ応募すれば良いやとはならないのです。

そこは固く確実に責めていきたいところです。
それらを考慮すると、エージェント経由で転職活動をして成功率を上げておくべきです。

転職エージェントを活用して、難しい障害者の転職を成功させよう!

エージェントを活用しただけでは成功しない

え?上で障害者の転職はエージェントを活用することで、平日の昼間時間を作るのが難しい在職中の障害者も転職成功の確率が高くなると言ってましたよね。と、思うでしょう。

確かにエージェント登録は必須です。
ですが、それは最低条件なのです。まず転職を考えたら一番初めにやっておくことがエージェントに登録することです。

そこがスタートです。そのあと、少ない有休を使うか欠勤して時間を作ってください。

何も毎日やってくださいとは言いません。
1日だけ休んでください。

その前に2~3社のエージェントに登録を済ませます。そして、1日で全てのエージェントとの面接を行って下さい。

今は、オンラインでも可能なので時間設定だけしっかりすれば簡単にできます。

これは、エージェントを競い合わせるためにすることで、これにより更に転職への成功確率が高くなります。

もう一度言います。エージェントは複数登録して、面接を絶対に実行してください。

競い合わせる理由エージェントは、企業に人財を紹介することが仕事です。

企業に紹介した人財の年俸の約30%が紹介料になるので、そのエージェントも他社に先を越されないように、より魅力がある求人を提案してくるからです。

難しい就職と転職の成功は、エージェントの面接が絶対条件

エージェントとの面接が絶対条件の理由は

理由

  • 企業ごとに細かい面接対策を聞くことが出来る
  • 応募書類の添削がある
  • 模擬面接を受けることが出来る
  • 推薦状がある
  • 企業の社風や企業風土について詳しく知ることが出来る
  • クローズ案件や、webや紙媒体に掲載される前の案件が聞ける場

上記にあげたような事があるからです。

これは、登録だけでは得られない情報です。登録すると、オンラインか直接会って面談を行いたいと連絡がメールで来ます。そのメールには全て承諾をして、今回登録したエージェントの面談を全部受けましょう。

面談と言っても堅苦しく考えないでください。カウンセラーが、就職や転職の条件や希望について聞いてきます。その時は正直に答えてください。

その後、カウンセラーが希望に合った求人をいくつか提案してくれます。その中には超激レアな案件が隠れている可能性もあります。それはクローズの案件や出たばかりの求人です。

もちろん、それ以外の希望する企業をカウンセラーに伝えて提案してもらうのも良いです。

絶対に守ることは、その時どうしても良い案件がない場合は妥協しないで断りましょう。エージェントに遠慮して合わせたらだめです。自分の将来なので、自分で納得して決めていきましょう。そうしないと将来、離職する原因になるかもしれません。

クローズの案件とは有名企業や条件が良くて、応募が殺到すると採用担当が困るので非公開にしている求人のことです。

メールだけじゃダメなのか

確かに、忙しい事をエージェントに伝えメールだけでカウンセリングを済ませることも可能です。

しかーし!上で書いたようなレアな案件や事細かいカウンセリングや情報は出ません。別に出し渋っている訳ではありません。

それには理由があって、カウンセラーは色々なケースの面談のトレーニングを受けています。メールの対応マニュアルとかも持っているエージェントもいるので、実際に会ったりオンラインのカウンセリングを行うより一方通行で終わります。なので、内容も簡素で必要な情報は得られないし、あなたの希望を細かく伝える事も出来なくなってしまいます。

そうすると希望する就職や転職が難しくなるので、メールだけではなく実際に合うかオンラインでしっかりカウンセリングを受けた方が良いのです。

メールだけでも良い情報は得られると思いますが、せっかくの機会です。実際にカウンセリングを受けましょう。

就職と転職はカウンセリングを受ける

折角転職エージェントに登録するのだから、より成功確率が上がるカウンセリングを受けるべきです。

また、良い案件が直ぐなくても、複数のエージェントに登録をしておくことで良い求人がどこかで出ます。

障害者の難しい就職と転職もエージェントで成功

自分1人でハローワークや求人サイトを使って、自分の条件にあった良い求人と出会うのは中々難しいです。さらにその見つけた求人を自分の就職先にするとなると本人の努力だけでは更に難しくなります。

やはり障害者の求人にっ特化した専門のエージェントに任せるのが、障害者も企業も安心で早いのです。

障害者の就職と転職で企業も障害者もwin winな理由

エージェントは障害者の就職と転職に特化した専門家です。障害者と企業の両方の話を聞き、専門家として双方にアドバイスをして結びつけるのが仕事です。

しかも、エージェントは障害者と企業の両方がお互いに「良かったと思える結果」が求められています。障害者は、「このエージェントに登録してよかった。」と思い、企業は「このエージェントと契約をして良かった」という満足をです。

それがエージェントが出来るようにする為には、数多い企業の求人と数多い障害のある求職者、この両方がないとマッチングさせた結果は出ないのです。

それが出来るのが障害者に特化した専門のエージェントなのです。

エージェントは障害に特化した専門家

エージェントは沢山あります。数多いエージェントの中から選んでもらう為には、利用者である企業や障害者の満足度が上がらないと選んでもらえません。それなので顧客満足度を上げる為に転職エージェントは色々なな努力をします。

顧客満足度を上げる努力

  • 障害者の求人でオンリーワンの情報を持つ
  • 障害者の採用実績をあげる
  • 採用後の定着率の高さをあげる

これらの事を維持する為の努力をします。

顧客満足度を維持する努力

  • 待っていても企業から情報は来ないので積極的に企業の担当者に連絡
  • 早く採用情報を仕入れるために担当者とミーティングを就き1回は実施
  • 良い人財獲得のためにエージェントへの障害者の登録会を開催
  • 専門家として障害特性と合理的配慮の勉強会

他にもカウンセリング系の国家資格を取得したりと、このようなエージェントの努力があるからこそ、障害者ひとり一人に合ったアドバイスや、採用条件の詳細なども聞くことが出来ます。

また、ネットや紙媒体には載っていない情報が手に入るのも、このような努力があるからです。

なので、漏れの無い情報を活かし、しっかり面接の万全な対策を立てる事ができ、その結果、企業や障害者の満足度があがるのです。

障害者はエージェントに登録をして面接を受けるだけで、こんな努力の恩恵を受けられるのです。しかも無料です。

なぜエージェントなのかハローワークや個人で探すのはだめなの?

確かに、エージェントを活用しない転職方法も沢山あります。

「ハローワーク」、「企業へ直接応募」、「面接会(ハローワーク、転職エージェント開催)」「リファラル・リクルーティング」

リファラル/リファラル・リクルーティング企業内社員からの紹介や知人などの人脈より直接紹介をしてもらう採用方法でリファラルやリファラル・リクルーティングと呼ばれます。

このような転職方法もあります。これらの方法が障害者の転職に向いていないと言っているのではありません。

これらも障害者が転職をする方法の1つです。

ハローワーク

ハローワークは、企業の情報量が少ないです。
無料で記載できるの企業には負担にはなりませんが、チェック機能が無いのでホワイトではない企業の求人もあり、入社してから解ったと言うケースもあり、リスクがあります。

また、誰も提案はしてくれないので自分にぴったり合っている仕事を探すのは困難で、結局妥協して「こんなはずではなかった」となることも考えられます。

直接応募

直接応募は、ハードルが高いです。
企業への直接応募はフィルターが掛かり、条件によってふるいにかけられます。

色々な条件が設定されていて、1つでもNGがあればそこでOUTです。

面接会

一度に多くの企業と会えるので、そこはメリットです。

ですが、もちろんそこで採用になることはありません。
企業は、履歴書を集めに来ています。
良い人は、後で連絡が行く場合もありますが、3-5%位です。

リファラル

リファラルは社員による紹介です。
これは、エージェントと同じくらい入社できる確率は高いです。

ですが、自分が入社したい企業に知り合いがいないと成立しません。
なので、利用できる人ばかりではなく、実現性が低いです。

でも、もし知り合いがいるようであれば、利用するべきです。
知り合いにも、企業から紹介料が入る企業もあるので喜ばれます。

エージェント

エージェントは、誰でも無料登録するだけで利用が出来ます。
企業に有料で人財を紹介するのが仕事なので、採用情報を詳しく知っています。

採用意図に合っている人を紹介するので、就職や転職が成功する確率が高いです。

また、障害特性や合理的配慮について企業にコンサルをしているので、障害者も満足できる就職や転職が出来ます。

障害者の難しい就職と転職はエージェントで成功

障害者が就職や転職にエージェントを活用する事は、効率よく良い転職先を見つけ成功させる為の方法です。

それは、在職中の障害者が短時間で良い転職先を見つけるとなると、時間の縛りがあったりと難しくなるでしょう。

また、全て1人で求人案を探して、条件の確認や面接の日程調整まで行わなければなりません。時間の余裕がたくさんあれば可能だと思いますが、時間や手間を考えると障害者の採用に特化した専門のエージェントを活用する方法が一番良いです。

それは情報量の違いです。それにより障害者の就職や転職に対する選択肢が変わって来るからです。

情報量が多いほど、障害者ひとり一人にぴったり合った求人情報が得られます。

またエージェント経由であれば企業へ障害者ひとり一人の障害特性に合った推薦ができ、就職や転職が成功するでしょう。

面接を希望する企業への問い合わせや質問もエージェントが代行して行ってくれますので、面接前に直接聞きにくい、給与面や福利厚生なども事前に確認ができ把握ができます。

このように、障害者に負担が少なくエージェントを活用して就職や転職して良かったと言えるサポートが行き届いているのです。

障害者がエージェントを活用する時のポイント

ポイント

  • 良い案件が直ぐにない場合は時間を空ける。毎月、月初には新しく求人案が変わる事が多いです。
  • 複数のエージェントに登録をしておく。企業は求人をどのエージェントにも出している訳ではありません。ここだけ!と1社に絞っている企業もあります。
  • 焦って即決するのも、いつまでも待ち続けるのも良くありません。自分に合っている企業があればそこで決めましょう。

難しい就職や転職をサポートするエージェント紹介

障害者のエージェントとサイト

障害者の難しい就職や転職をサポートするエージェントについて解説してきました。

ここで、障害に特化した専門のエージェントの中から当メデイアが信頼出来るエージェントを紹介します。

dodaチャレンジ

dodaチャレンジ

問い合わせ・無料登録
「利用者の95%が満足」
dodaチャレンジ
ドゥーダチャレンジ
https://doda.jp/challenge/

〒108-0014 東京都港区芝5-33-1森永プラザビル本館19階 パーソルチャレンジ株式会社
対応エリア:全国、代表者名:井上 雅博、従業員数:521名、資本金:4,500万円


【対応エリア:全国】
dodaチャレンジは、パーソルグループの特例子会社のパーソルチャレンジが運営しています。

パーソルグループはdodaの「旧インテリジェンス」とテンプスタッフの「旧テンプホールディングス」が合併して出来た企業で、国内最大級の総合人財サービスをする企業です。

強みは、パーソルグループ70社の顧客基盤とdodaチャレンジの約3000社の採用実績です。
ここから提案される求人は金融、ゼネコン、メーカーの大手企業が多数あります。

dodaチャレンジは安定して長期働ける環境を提案出来ます。

dodaチャレンジ公式サイト
https://doda.jp/challenge/

ランスタッド

ランスタッド

問い合わせ・無料登録
「障害のある皆様の転職をサポート」
ランスタッド株式会社
ランスタッドカブシキガイシャ
https://www.randstad.co.jp/
設立:1980年8月

〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート21F
対応エリア:全国 93拠点、代表取締役会長兼CEO カイエタン・スローニナ、資本金:1億円


【対応エリア:全国】
ランスタッドは、外資の総合総合人財サービスをするグローバル企業です。

国内には93ヶ所の拠点があり、日本全国で利用が可能です。

キャリアデザインが出来る求人や年収アップの求人の特集があり、障害者が合理的配慮のある環境で正社員として活躍出来る求人が多数有ります。

ランスタッドは、障害者でスキルやキャリアを活かした求人の提案が出来ます。

ランスタッド公式サイト
https://www.randstad.co.jp/

アットジーピー

アットジーピー


問い合わせ・無料登録
「働くをまるごとサポート」
アットジーピー
アットジーピー
https://www.atgp.jp/

〒104-0031 東京都中央区京橋2-4-12 京橋第一生命ビル3F 株式会社ゼネラルパートナーズ
対応エリア:全国 代表取締役社長:進藤 均


【対応エリア:全国】
アットジーピーは、業界ではパイオニア的存在で2003年から障害者に特化した専門のエージェントです。

障害者の仕事が少ない時代から、障害者への配慮がある仕事を切り出すことから始めているので、今もひとり一人に合った合理的配慮のある仕事の提案が出来ます。

地方の求人に強く、地方で仕事を探す人だけでなくIターンやUターンで仕事を探すのに便利なエージェントです。

アットジーピー公式サイト
https://www.atgp.jp/

ラルゴ高田馬場

ラルゴ高田馬場

問い合わせ・無料登録
「提案出来ないはない」
ラルゴ高田馬場
ラルゴタカダノババ
https://go-largo.jp/

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-12-2 高田馬場OCビル 株式会社アスリートプランニング
対応エリア:全国


【対応エリア:首都圏】
ラルゴ高田馬場は、首都圏のみですが他社とは違う提案力があります。

ラルゴ高田馬場はアスリートプランニングが運営しています。このアスリートプランニングは、体育系学生の就活支援を20年しています。

20年の実績は約600にもなり、首都圏でこの数を持っているエージェントは上で紹介した大手3社の他にはないでしょう。

また、20年前には就活が難しかった体育系学生を今では売れ筋市場にした手腕も凄いです。
その独自で開拓した企業600社に、今度は障害者が戦力である事を伝えて求人を獲得しています。

ラルゴ高田馬場は、他社にはない提案力があるエージェントです。

ラルゴ高田馬場公式サイト
https://go-largo.jp/

障害者の難しい就職や転職を成功させる方法のまとめ

今回、障害者の就職と転職について、障害のある方より多数質問がありましたので、ここにまとめました。

就職や転職は、障害者だけでなく誰でも難しい事です。仕事内容、福利厚生、給与、オフィス環境など他にも就職や転職の条件となる事が数多くあり、ひとり一人希望も違います。

全て自分が望む条件がクリア出来れば良いのですが、そう上手くはいかないのが現実です。それでも、就職や転職をしなければ良かったなと後悔するようにしないためには、やはり障害者の就職・転職を専門で行っているエージェントを活用するのが一番良い方法です。

自分1人で探すと条件に合わない企業を選んでしまったり、もしかしたら入社後に企業の合併等で、自分が選んだ企業とは違う企業に名前まで変わってしまい、雇用条件が変わる事もないとは言えません。

ですが、エージェントを活用していれば転職後数年たっていたとしても相談をすれば、エージェントとして次の転職に向けて協力を惜しまないでしょう。

是非、上手にエージェントを活用して良い転職を実現させてください。

最後に当メディアはあなたの転職が成功することを応援します。

ランスタッド公式サイト
https://www.randstad.co.jp/
『対応エリア:全国』外資系のグローバル企業です。精神保健福祉士が常駐しているカウンセリングが好評で、正社員・キャリアアップへの提案力があります。配慮のある環境でキャリアデザインをするのに最適です。

dodaチャレンジ公式サイト
https://doda.jp/challenge/
『対応エリア:全国』パーソルグループの特例子会社パーソルチャレンジが運営元です。自社が特例子会社だからこそ、障害のある人に寄り添った提案が出来ます。グループの保有する企業情報からの提案力はパワーがあります。

アットジーピー公式サイト
https://www.atgp.jp/
『対応エリア:全国』求人案件数が多く、業界では1-2位を競います。首都圏のみだけではなく地方の求人にも強くUターンやIターンで仕事を探す時に提案力があります。

ラルゴ高田馬場公式サイト
https://go-largo.jp/
『対応エリア:首都圏』自社独自で開拓した首都圏600社の企業データから、他社では断られたようなケースでも諦めない提案が出来ます。求人は全て非公開で他社には無い求人が魅力です。