ADHDの転職先の選び方

アドバイザーDアドバイザーD

こんにちは、アドバイザーのDです。
私はADHDで、今はオープンで現役の障害者採用担当をしています。
前職では、クローズで仕事をしていました。
今回は、その時の経験からの記事になります。


もうこんな会社やめてやるわ!

って思ったADHDの人は少なくはないでしょう。
一生懸命にあれこれ考えて、良かれと思ってやった仕事でミスをして、上司に悪く評価されたり、同僚からも陰口を言われたり。
それって面白くないですよねー。

でも、本当にあなたが怒っているのは会社でも上司でも同僚でもないでしょ?。
それは、自分自身の事なんですよね。

スケジュールを立てるのが苦手だったり、抜けや漏れがあったり、うまく行かない自分にイライラしています。
でも仕方ないんです。それがADHDの特性なんですから。

よく訓練するとか治療をするとか言いますが、本当にそれで治るのでしょうか。
私は、怪我とか病気とは違うので、うまく付き合っていくのが一番だと思います。

無理に努力しても、余計にストレスが溜まりメンタルに良くありません。
生きやすい方法で生きていくのが一番です。
何も自分を変えてまで、廻りに合わせるのはやめたらいかがですか。

辞めたい、朝起きるのも嫌だとなったら、それは今の会社があなたに向いていなかったのです。
いくら好きな職種でも、好きと向いているは違うからです。

そこで、ここではADHDの人が不幸になら無いための転職先の選び方について解説していきます。

ここでやること

  • 障害の再認識
  • 自分の適性の確認
  • 最終的に転職先を決める

このように、進めていきます。

もうわかっているよ。と思ってもADHDの再確認

一言でADHDといっても、人それぞれ障害特性の何が強く出ているかで違いがあります。
また、持って生まれた性格や個性や、生まれ育った環境もあるので、ADHDの人が100人いれば100通りの個性と特性があります。

なので、まず最初にやる事。

自分のADHDについて再度良く知るところから始めます。

これは、転職する時に一番大事な事になる自分を知って、しっかり説明できることを確認するためです。
いわゆる、セカンドオピニオンです。

現在、ADHDという診断が出ていて、障害者手帳を持っている人は、医療機関で診断を受けていると思います。良くADHDの転職の事で色々なところで書かれている内容はセカンドオピニオンを受けろとかありますが、それは決して間違いではありませんが、どこで受けるかによります。

ここだいじ今までに、受診した医療機関が精神科あれば、心療内科を受けるようにします。
また、心療内科に今まで受診していた場合は、精神科を受けるようにします。

一見、精神科も心療内科も同じ様に思えますが、実は少し違います。
日本では、曖昧なところもあるようですが、同じ医療機関ではなく違う医療機関の意見も聞くことをお勧めします。

また、ADHD専門外来もあるので、出来ればこの3ヶ所はセカンドオピニオンとして受診してみて、結果を客観的に見てみましょう。

検索方法専門外来の検索はADHD+専門外来+お住まいの地域で探せます。

大学病院でも、専門外来があります。
症例や臨床医の経験が豊富なので、受けていない方は、一度受診することをおすすめします。
受診する場合は、今通院している病院で紹介状を書いてもらってください。

セカンドオピニオン候補

  • 心療内科
  • 精神科
  • 発達障害、ADHD専門外来(大学病院)

ちなみに、心療内科は日本にしかありません。
心療内科と精神科

「心療内科」という名称は日本にしか存在しない(ドイツでは「心身医学科」という名称の診療科になる)。ここで「心療」とは「心理療法」の省略であり、「心を治療する」という意味ではない(「物療内科」が「物理療法」の省略であるのと同様)。しかし実際は、心身医学を専門とする心療内科は、精神科と多少の競合分野となっている

現在では一般的に精神科と心療内科の区別は曖昧であり、心身医学の専門医や心療内科医が、身体症状を有する神経症性障害や軽症うつ病などの診察にあたることは珍しくなくなったが、専門性に関しては議論の対象となっており]、心療内科医が最新の精神医学を修得しているかは個人差があるといわれる

出典:wikipedia

適性を確認する

ここでは、自分の障害と仕事の両方の適性を確認します。
方法は、転職エージェントのカウンセリングを利用します。

今、または今まで、障害のことを廻りに知らせずに働いて居る人、働いて来た人もここでは障害者の転職エージェントの利用をしてください。

理由理由は、障害と仕事の両方に詳しい専門家だからです

でも、個室で向かい合って実際にカウンセリングを受けるのは抵抗ありますよね。
私もそうでした。
そう言う方には、電話やSkype、Facetime等を利用したカウンセリングも出来ますので、安心してください。

お願い

  • カウンセリングを受ける前に、必ず自分の障害と仕事の適性について聞きたいことを話してください。
  • セカンドオピニオンの内容を伝えてください。

全国対応の転職エージェント電話やSkype、Facetime等で対応可

  • 新卒・第二新卒からハイキャリアまで
    【公式サイト】dodaチャレンジ
    https://doda.jp/
  • 外資系・正社員に強く他には無い求人がある
    【公式サイト】ランスタッド
    https://www.randstad.co.jp/
  • 障害者の転職サポート数全国No.1
    【公式サイト】アットジーピー
    https://www.atgp.jp/

また、実際に登録して無料カウンセリングを受ける事が1番おすすめですが、時間がなかったり難しい場合はリクナビNEXTのグッドポイントで無料でオンラインで受けることができます。
これは、自分の強みを理解する為の物です。30分ほどかかりますが、自己理解が進むのでおすすめですよ。

リクナビnextの無料診断はこちらから診断が出来ます。
【公式サイト】リクナビNEXT

自分に合った転職先を選ぶ

ここまで、自分のADHDをセカンドオピニオンで理解を深めてから、転職エージェントのカウンセリングで自分の障害と仕事の適性への理解を深め転職する方法を解説してきました。
すでに、この方法を知っていた人も、新たに知った人も、転職する時は実行して見てください。

でもここまで読んで、

「転職するのに転職エージェントを使うのもセカンドオピニオンについても、そんなこと知っているよ。
当たり前の事じゃん。」

と思った人もいると思います。でも、私の伝えたいことは、そこではありません。

伝えたいこと障害は医師によって見解が変わる場合があります。
カウンセリングも、カウンセラーによって変わる場合があります。

と言うことです。

Pointどちらも、1度でピッタリ合う診断が出来れば良いのですが、同じ障害名でも100人いれば100通りの症状があります。
最初から、ピッタリ診断が出る方が奇跡です。

なので、100人の医師と100人のカウンセラーの診断を受けろとまでは言いませんが、せめて2-3人は受けてみることをおすすめします。
どうしてもセカンドオピニオンが難しい場合は、グッドポイントで強みを診断してみてください。
それだけでも、新しい発見があるかも知れませんから。

アドバイザーDアドバイザーD

最後にまとめますね。

セカンドオピニオン候補

  • 心療内科
  • 精神科
  • 発達障害、ADHD専門外来(大学病院)
無料オンラインカウンセリング【公式サイト】グッドポイント
https://next.rikunabi.com/

全国対応の無料エージェント

  • 新卒・第二新卒からハイキャリアまで
    【公式サイト】dodaチャレンジ
    https://doda.jp/
  • 外資系・正社員に強く他には無い求人がある
    【公式サイト】ランスタッド
    https://www.randstad.co.jp/
  • 障害者の転職サポート全国No.1
    【公式サイト】アットジーピー
    https://www.atgp.jp/

全国各地の転職エージェント情報はこちら
北海道東北関東中部近畿中国四国九州


PR:おすすめ7つの転職エージェント