こんにちは、現役の障害者採用担当者の管理人Kです。

私は仕事で、退職していく障害者に毎回話を聞くのですが、以前より一番多い退職理由は企業の考え方と現実に失望したことです。
ほぼ、その内容なので、重要な問題として記事にすることにしました。

具体的には、障害者のキャリア形成の現実についてです。

これは、全ての企業に当てはまる訳ではありません。一部の企業の障害者雇用に関する考え方として受け止めてください。ただ、このような現実もあると言う事は覚えておいてください。

障害者雇用のキャリア形成と過去の現実

以前より、当たり前ですが一般の雇用にはにはキャリア採用であったり、パフォーマンス採用があります。中途採用は主にキャリア採用が多いです。では、障害者雇用にキャリア採用はあったのでしょうか。

答えはNOです。
そもそも、キャリア採用を考えていませんでした。

通常、企業では1人1人の社員のキャリアパスについて考え人財育成に力を入れます。
ですが、障害者雇用の場合、多くがアシスタント業務となり、そのまま変わることはまずありません。

企業では、正社員は入社してから多くの人がキャリアパスによる人財育成を受け、その結果について考査されていき、社員のランクも変わりますが、障害者雇用の場合。多くが契約社員、たとえ正社員だとしても名ばかりと言うことが横行していました。

一応たてまえで、人事査定も行い目標も設定しますが、表面だけなのが普通でした。そのような企業は障害者雇用は社会的に考えて行っているだけで、現実は人事の中だけで扱っていることが殆どでした。

もっとひどいなあと思った事は、障害者の採用コストから給与まで全社の物販のコスト扱いです。他部署の社員は障害者採用を行っていることさえ知らない人がいるほどです。

障害者はミーティングには参加できず、情報も共有されない、給与面の待遇だけでなく、社員として人としての扱いに疑問を覚えたものでした。

そのような考えのもとで、キャリア形成なんて考えられるはずがなかったのです。
これが過去の現実です。

障害者雇用のキャリア形成と現在の現実

まだまだ過去のような障害者雇用があるのが現実ですが、いくらか改善はされてきています。

キャリアパスまでは無くても人材育成の教育が受けられたり、福利厚生も充実してきています。
通勤時間帯への配慮や、通勤方法など就業をするための選択肢が増え環境は良くなってきています。

あと、パフォーマンス採用が増えました。ほぼ新卒か第2新卒にしか該当しませんが、確実に増えてきています。

その場合は、入社時から正社員として扱われ、キャリアパスも全て他の正社員と変わることはないです。少し前から考えると良くはなりました。

ですが、障害者雇用で以前とは変わったかというと、さほど変わらないという事が現実です。
まだまだ、物扱いです。

まとめ

以前と比べ、確実に障害者の雇用環境は良くなってきてはいますが、キャリア採用についてはあまり期待できません。

そうなんです。企業は障害者に期待していないのです。非常に残念です。全ての企業の考え方がそうだとは言えませんが、ダイバーシティだとか言っていても表面だけなので今後も期待できそうにありません。

これでは、未来ややりがいを感じず退職をしていく障害者はあとを絶たないでしょう。

今後は、各企業が障害者雇用の見直しをして、キャリア、パフォーマンスから妥当なポジションを用意し採用し、能力に合わせマッチしたポジションで誰もが将来に夢を見る事が出来る採用に変わってほしいと思います。

でも、企業の中には真剣に障害者雇用に取り組んでいる企業もわずかですがあります。
しっかり面接で、見極めて良い企業を選んで転職しましょう。

 あわせてよみたい