【ADHDにおすすめする転職サイトとエージェント15選】その中のランキングベスト7

ADHDの人が利用する就職サイトとエージェントは、何処が良いのか解りやすくまとめて、利用するコツと入社までの流れをまとめました。

比較したランキングは、当メディアの無料個別相談のアンケートからつけています。

アンケートについて就職サイトとエージェントの人材紹介サービスの内容は、常に企業のニーズと利用する障害者の利便性を考え進化しています。それに伴い、評価も最新に更新しました。
(2018年1月から2020年6月までの期間、当サイト無料個別相談の利用者アンケート有効回答数100件から)

-ここでわかること-

  • ADHDの就職サイトとエージェントの選び方
  • ADHDにおすすめの就職サイトとエージェント
  • ADHDの就職サイトとエージェントの使い方

ADHDの人に本当に向いている職業と探し方

-まず最初に、ここを良くお読みください-

ADHDの人に向いている職業とか、向いていない職業と書かれているのを見ることがありますが、あれは誰にも当てはまるわけではありません。

ADHDの障害特性から、向いているのではないかと言うだけのものです。

ADHDの特性はひとり一人出方が違います。
また、個人の性格や趣向、育った環境など、多くのことが関わってひとり一人違った個性が生まれます。

なので、ADHDの人に向いている職業=あなたの職業ではありません。

本当に、あなたにぴったりな職業を選ぶためには、専門家の客観的な意見を聞くのが良いでしょう。

それを聞いて、更に自分で向いているか判断すれば良いのです。

その専門家が、エージェントに所属するカウンセラーです。
多くのスキルと経験がある彼らだからこそ、あなたにぴったりな職業を提案できます。

しかし、カウンセラーがあなたにぴったりな職業を提案するだけで、その職業の求人がなければ就職には繋がりませんよね。

大丈夫です。
カウンセラーの所属するエージェントには多くの企業の求人が集まっています。

自分で探した少数の求人情報の中からあなたが求人に合わせるのではなく、あなたに合った求人をカウンセラーが合わせるのです。

なので、エージェントはあなたにぴったりあった求人を提案できるのです。

ADHD就職サイトとエージェント早見表

ADHDの就職サポートをする就職サイトやエージェントは沢山ありますが、その数ある中から当メディアのアドバイザーが選び抜いた15選です。

タイプ 対応地域 備考
ランスタッド サイト・エージェント 全国 精神衛生福祉士常駐(首都圏)
dodaチャレンジ サイト・エージェント 全国 就労移行支援あり
アットジーピー サイト・エージェント 全国 就労移行支援有り
ラルゴ高田馬場 サイト・エージェント 首都圏 求人は非公開/就労移行支援有り
DIエージェント エージェント 関東圏・関西圏 サイトはBABナビ
BABナビ サイト 全国 繋がりはDIエージェント
アビリティスタッフィング サイト・エージェント 首都圏 精神発達専門/求人非公開
ウェブ・サーナ サイト 全国 繋がりはエージェント・サーナ
エージェント・サーナ エージェント 首都圏・関西圏 繋がりはウェブ・サーナ
mymylink サイト 全国 母体はサテライトオフィスのスタートライン
マイナーリーグ サイト 全国 発達専門/母体は就労移行支援KAIEN
Social Partners エージェント 全国 アデコグループ
Happy サイト・エージェント 関東圏 求人は非公開
クローバーナビ サイト 全国 就職フォーラム主催
エランシア エージェント 全国 サイトはmymylinkと提携

就職サイトとエージェントの選び方

就職サイトとエージェントは、一般枠の求人とADHDとして利用をする場合は違います。

一般枠の就職サイトやエージェントはADHDも当然利用は出来ますが、ADHDをオープンにした求人は無く、就職エージェントのサポートもありません。

ADHDで合理的配慮のある働き方を希望する場合は、必ずADHDとして利用が出来る当メディアでおすすめする就職サイトやエージェントをご利用ください。

就職サイトとエージェントの違い

就職サイトと就職エージェントの違いは、対人か対人で無いかの違いです。
でも、その違いは大きいです。

  • 就職サイト=対人で無い
  • 就職エージェント=対人

対人でない就職サイトのメリット・デメリット

就職サイトの利用

  • 求職者が一方的に見るだけ

メリットは、自分本位で利用が出来るところです。
深夜でも、早朝でも自分に合わせて閲覧が出来ます。

デメリットは、閲覧できる以上の情報が無いことです。
企業の求人には、公表できない採用条件が入っている事があります。

対人の就職エージェントのメリット・デメリット

就職エージェントの利用

  • 質問が出来る
  • 就職へのフォローがある

メリットは、就職サイトに書かれていない求人情報を聞くことが出来る事です。
就職エージェントは、求人の詳細を企業担当者からヒアリングをしているので、ADHDの人が就職しやすい情報を持っています。

また、その情報があるので、企業事に就職が成功できるように対策を打ちフォローをします。

デメリットは、自分本位な進め方が出来ません。就職エージェントのカウンセラーは多くの人を担当しています。
なので、時には自分の希望する日時に合わせることが難しいこともあります。

ただし、2-3日ほど予備日を予め想定していれば特に問題にはならないでしょう。

アドバイス就職サイトとエージェントは、どちらもメリットとデメリットがあります。
まず就職サイトで登録してから空いている時間で気になる求人を探して、それから余裕を持って予約をして就職エージェントを利用するのがおすすめです。

就職サイトとエージェントを選ぶポイント

ADHDの人が就職サイトとエージェントを選ぶポイントは「求人数と質」と「提案力」と「サポート力」です。

求人数と質

求人数と質とは、ADHDが応募できる求人の数が多くて採用条件が良い事です。

求人数がいくら多くても、採用条件が良くなければ意味がありません。
また、採用条件が良い求人があっても数が少なくては選べません。

それと、自分が就職したい業界や業種の求人が多いのも重要です。

求人数と質ADHDが対象になる、採用条件の良い求人が多いこと

提案力

提案力とは、カウンセラーの質とカウンセリングの内容になります。

カウンセラーの質が低レベルだと、ADHDの特性やあなたの性格などを把握することが出来ません。
また、カウンセラーが低レベルだとカウンセリングの内容も的外れになり、あなたが納得いくような提案は出来ません。

提案力ベテランで慣れているか、有資格者が複数いること

サポート力

サポート力とは、就職するまでのフォロー体制です。
良い就職エージェントは、応募する企業事に担当者のことも採用したい人物像も分かっています。

なので、ADHDのあなたが選んだ求人に合わせて就職がうまくいくようにフォローをします。
書類の書き方から、面接対策、内定後の採用条件の交渉まであなたのサポートとフォローをします。

中でもサポート力が1番発揮されるのは、面接後のフォローです。

面接直後に企業の採用担当者に電話で面接の感触を確かめ、必要なフォローをきっちりします。
これがあるので、採用担当者が採用か不採用か悩んだときは採用になる事が多いのです。

サポート力応募する企業事に求人の内容とADHDとあなたの事もしっかり把握していて、ピンポイントでフォローが出来る事

就職サイトとエージェントの選び方のまとめ

ここまでのまとめです。

ADHDの人が、就職サイトとエージェントの選ぶ時、下の4つを守って選ぶことで満足いく就職が出来るようになります。

ここのまとめ

  1. ADHDを対象にしている
  2. 就職サイトとエージェント両方を利用する
  3. 「求人数と質」「提案力」「サポート力」が重要
  4. あなたの希望する業界・業種に強い

*当メディアで紹介している就職サイトとエージェントは全てADHDとして利用出来るところだけです。

【BEST 7】ADHD利用総合ランキング

15選の中から更に当メディアのアンケートとネットの口コミと評判から比較して、ADHDの人におすすめする就職サイトとエージェントの総合ランキングです。

総合1位 ランスタッド

ランスタッドチャレンジド
求人数と質 4.5
提案力 5.0
サポート力 5.0

【おすすめ度】4.8
【対象エリア】全国
【公式サイト】https://www.randstad.co.jp/

おすすめする人

  • ADHDの特性に配慮された就職
  • 30代-40代のキャリアアップ・正社員への就職
  • 業種と職種が多い中から選びたい
  • 紹介予定派遣から始めたい

ランスタッド紹介

ランスタッドは、世界でトップレベルの人材紹介をするグローバル企業です。

就職サポートは、コンサルタントと精神保健福祉士が二人三脚でADHDのあなたの就職サポートをします。ただし、精神保健福祉士のサポートは首都圏のみとなります。

コンサルタントの就職サポートは全国が対象で、カウンセリングは対面と電話、オンラインで選ぶことが出来ます。

求人は、外資系、大手企業が多くあり業種・職種も豊富です。特長はキャリアアップや正社員への案件が多いです。

利用者の声

主婦

私は、前職からの就職で利用をしました。就職エージェントは他社とあわせて3社の利用でしたが、最終的にここに決めました。

決め手は、就職サポートが出来る範囲が明確になっている事と、カウンセリングに対してぴったりの提案力があったからです。

柔軟で早いコンサルと知識の豊富な精神保健福祉士の存在が大きいです。
アンケートより 30代女性 ADHD

アドバイザーからのおすすめ

ADHDの人で就職サポートを受けられるのは、就業経験が2-3年有り週30時間以上働ける人からという条件があります。
なので、就業未経験の人や週30時間以下の働き方を希望する人はランスタッドはあいません。

ですが、30代-40代向けのキャリアアップ・年収アップや正社員向けの求人は豊富です。なので、30代-40代の就職したいというADHDの人には、ぴったり合っています。

webサイトに年収アップ特集や大手企業求人特集もあります。
求人は生物なので早めに一度相談して見ることをおすすめします。

総合2位 dodaチャレンジ

dodaチャレンジ
求人数と質 5.0
提案力 4.5
サポート力 4.5

【おすすめ度】4.6
【対象エリア】全国
【公式サイト】https://doda.jp/challenge/

おすすめする人

  • ADHDの特性に配慮された就職
  • 日系大手への就職
  • ハイキャリアへ就職したい
  • 他社で就職が進まない
  • 現職で働きにくい

dodaチャレンジ紹介

dodaチャレンジはパーソルグループの特例子会社パーソルチャレンジが運営している就職エージェントです。

自社でADHDの採用をしたノウハウを活かした就職サポートが出来ていて、ADHDの人と、ADHDの雇用を考えている企業の、双方を深く理解しながら、ADHDの就職を成功させています。

カウンセラーはキャリアアドバイザーと呼ばれていて、カウンセリングは1名のADHDの人に2名がつき偏ったサポートが無いようになっています。

求人は、首都圏を中心に北海道から沖縄まで網羅されていて日系企業の大手が多い印象です。

利用者の声

dodaチャレンジ、評判悪いのかな。
うちの就職の時は(首都圏なのもあると思うけど)仕事もこちらの条件に合わせてたくさん紹介してくれたし、困った事を相談すると担当者さん経由で企業にアドバイスを入れてくれたり、サービスが凄く細やかで助かったんだけど💦
場所的な要件も大きいのかな。

— Mirossa@休職中 (@MirossaR)

私も利用したのはDODAチャレンジ。
すごく親身になって対応してくれたし、何より日本で有数の大企業がインターネット非公開で募集かけて、無事入社出来た。
私の就職オススメサイトはDODAチャレンジ!

— まいな (@Lime0730)

アドバイザーからのおすすめ

自社が特例子会社で、実際にADHDの人を何人も採用しているので、様々なADHDの特性を理解していて、それに必要な具体的な合理的配慮を提案できるところが、ADHDを企業が採用する後押しになっています。

他の就職エージェントで就職がうまく進まないとか、他から就職したけど働きにくいなどの悩みを抱えているADHDの人は、企業へADHDの特性と合理的配慮の提案が適格にできるdodaチャレンジはおすすめです。

総合3位 アットジーピー

アットジーピー
求人数と質 4.5
提案力 4.0
サポート力 4.5

【おすすめ度】4.3
【対象エリア】全国
【公式サイト】https://www.atgp.jp/

おすすめする人

  • ADHDの特性に配慮された就職
  • 社会人経験が浅い
  • 一般事務やアシスタントとして働きたい
  • 他社で就職が進まない

アットジーピー紹介

アットジーピーはゼネラルパートナーズが運営しています。
ゼネラルパートナーズは、就労移行支援も運営していて、その一つにリンクビーという発達専門の所もあります。
アットジーピーは就職サポート実績No.1、求人数もNo.1です。

就職サポートは、専任のキャリアアドバイザーがいます。
あなたにぴったりの求人の提案の他に、書類の書き方、面接のノウハウ、採用条件の交渉までサポートしてくれます。

求人の種類は専門職や総合職が少ない様に感じますが、一般事務やアシスタントなどの職種は多くあり、社会人経験や就労経験が浅い人に向いています。

利用者の声

私も他人に喜ばれる仕事をする人になりたい
この間のアットジーピーの担当の方には、真剣に話を聞いてもらって本当に感謝してます。
私も誰かの心を温かくする人になれるだろうか

— kim (@kkimura31664605)

アットジーピーのスカウトメール
あまり期待していなかったんですが面接確約スカウトきました!
登録情報を更新したからかな?

求人探すのに時間が取れない時はおすすめ!
— なーたん (@lv_natan)

アドバイザーからのおすすめ

アットジーピーのADHDが利用出来る就労移行支援のリンクビーは、積極的に企業見学会を開催しています。
なので、アットジーピーはどの企業がADHDの採用に乗り気で、その企業にどのようなサポートとアプローチをすれば採用に繋がるのか解っています。

だから、ADHDの採用を検討している企業に積極的にあなたを売り込むことが可能です。

ただし、いつもその様な企業があるとは限りません。
ですが、毎月のように見学会があるので、期待はできます。

アビリティスタッフィング

アビリティスタッフィング
求人数と質 4.0
提案力 4.0
サポート力 4.0

【おすすめ度】4.0
【対象エリア】首都圏
【公式サイト】https://ability.r-staffing.co.jp/

おすすめする人

  • ADHDの特性に配慮された就職
  • 社会人経験が浅い・無い
  • ブランクが長い
  • 他社で就職が進まない

アビリティスタッフィング紹介

アビリティスタッフィングはリクルートグループのリクルートスタッフィングの精神・発達を専門としている就職エージェントです。

就職サポートは、対象エリアが首都圏のみになります。

内容は、専門スタッフが1人1人に合わせて就職活動に向けたポイントの整理をします。
また、求人の紹介だけで無く、面接対策を個々に合わせてサポートします。

求人は全て非公開になりますが、本体がリクルートなので一般の求人をしている企業からの問い合わせも多く大手の案件が多いようです。

利用者の声

主婦

雇用支援型モデルと言うのを利用したいと思い登録説明会に参加しようと思ったけど、アビスタには紹介予定派遣があるらしいのでそれにした。
まずは働きやすいか見てからの方が良いと思ったから。

ADHDの紹介予定派遣は少ないだろうと思っていましたが、提案された件数が思ったより多くて良かった。

アンケートより 30代女性 ADHD うつ病

アドバイザーからのおすすめ

アビリティスタッフィングの特長は、精神・発達専門と言う事と、もう1つあります。
それは、就業経験を積みたい人向けの「雇用支援型モデル」です。

これは、就業経験が無かったり、ブランクが長かったりして働く事に不安がある人が就職する前に、リクルートスタッフィングで働きながら学んだり就業に慣れていくというプログラムです。
最長で1年3ヶ月利用ができ、その間も給料が支払われます。

利用出来るのが首都圏だけになってしまいますが、働く事に不安があるADHDの人は就業への良い準備期間となります。

ラルゴ高田馬場

ラルゴ高田馬場
求人数と質 3.5
提案力 3.5
サポート力 4.0

【おすすめ度】3.6
【対象エリア】首都圏
【公式サイト】https://go-largo.jp/

おすすめする人

  • ADHDの特性に配慮された就職
  • 社会人経験が浅い・無い
  • 働く事にに不安がある
  • 他社で就職が進まない

ラルゴ高田馬場紹介

ラルゴ高田馬場は就業未経験の人やブランクが長い人の就職サポートが得意です。
運営は、アスリートプランニングで、体育系の大学生の就職支援をしている企業です。
その他には、神楽坂で就労移行支援も運営しています。

就職支援は、就労移行支援のノウハウからバーチャルオフィスでのビジネスやパソコンのスキルを学ぶ事が出来ます。

求人は、全て非公開ですが首都圏だけで600社以上の求人案件があるとwebで公開しています。
本当の求人数は解りませんが、首都圏だけで見ると1番求人数が多いのかも知れません。

利用者の声

woman

私はADHDです。大学で周りの人に馴染めなくて退学しました。
その後、オープンで就職を考えて色々なエージェントに行きましたが何も進まず、最後にラルゴ高田馬場に来ました。
ここでは、何度もカウンセリングを実施して、私に付き合ってくれました。その甲斐があって就職が決まりました。
もっと早く、ここを選んでいれば良かったです。

アンケートより 20代女性 ADHD

アドバイザーからのおすすめ

ラルゴ高田馬場は、アスリートプランニングの体育系の大学生の就職支援から得た企業データがあり、他社には無い独自の採用ルートを持っています。

また、ラルゴ神楽坂の就労移行支援のノウハウもあるので、他社で採用まで行けなかった人や、求人の紹介をされなかった人は、一度相談をしてみると良いですよ。

ただし、首都圏だけの対応になってしまいます。

ですが、首都圏の人は都内2ヶ所、千葉に1ヶ所、神奈川に1ヶ所の計4ヶ所にカウンセリングやバーチャルオフィスが体験出来るオフィスがあるのでおすすめです。

DIエージェント

DIエージェント
求人数と質 3.5
提案力 3.5
サポート力 3.5

【おすすめ度】3.5
【対象エリア】首都圏・関西圏
【公式サイト】https://di-agent.jp/

おすすめする人

  • ADHDの特性に配慮された就職
  • こだわりの業界・職種がある
  • 他社では紹介されない

DIエージェント紹介

DIエージェントは、就職エージェントとしては2014年からなので後発です。

就職サポートは、登録者の悩みに答える事に注力をしていて、キャリアチェンジをサポートしたり、希望する求人が無ければ開拓してくるというような登録者ファーストです。

就職のサポートエリアは、首都圏と関西圏になります。

求人はDIエージェントでは非公開になっていますが、BABナビという就職サイトがあります。

利用者の声

man

僕は、学生の時にADHDと診断されました。
就職はweb制作の会社に入社したのですが、3年ほどで退職をしました。

web制作の一部しか知らない僕には次の就職は凄くハードルが高かったのですが、ここに登録をしたらADHDを受け入れて僕のスキルで就職出来る企業を探してきてくれました。

他社では、web制作の一部しか知らない事務の経験も無いスキルでは就職は難しいと言われましたが、ここは僕を就職させてくれました。
本当に感謝です。

アンケートより 20代男性 ADHD

アドバイザーからのおすすめ

DIエージェントは後発ですが、先発のエージェントに負けない取り組が有り注目をしているエージェントです。

例えば、登録者の希望にあう業界の求人が無い場合は、そこで終わりでは無く希望する業界の企業に求人開拓をします。

他のエージェントでは、ご紹介できる求人がありませんで終わるところが、そうではなく求人を新しく開拓をするという事なので、他社で働くところが見つからなかったADHDの人もここでなら期待できるのでは無いでしょうか。

エージェント・サーナ

エージェント・サーナ
求人数と質 3.5
提案力 3.0
サポート力 2.0

【おすすめ度】2.8
【対象エリア】関東・関西
【公式サイト】https://www.agent-sana.com/

おすすめする人

  • ADHDの特性に配慮された就職
  • 就職を急いでいる
  • 面接に不安が有り苦手

エージェントサーナ紹介

エージェントサーナは28年の実績がある老舗です。

就職サポートは、首都圏と関西圏のみになります。
エージェントサーナの特長は、面接の時に企業まで同行するところです。

求人は、非公開で求人数は解りませんが、採用実績から見ると日系の大手が多いようです。
エージェントサーナに登録して、面談から2ヶ月以内の内定率は60%です。

利用者の声

実家が飲食店を経営しており、これまで、そこで調理や接客の仕事をしていました。両親が私の障がいのことを心配してくれていたこともあり実家で働いていたのですが、26歳という年齢も考慮し、自立することを決めました。

就職活動を始めるにあたり、最初は障がいのことを伝えずに活動しておりました。

しかし、企業にしっかりと自身のことを知ってもらうことで、より働きやすい環境で仕事ができると思い、障がい者採用について調べるようになりました。

そこで知ったのがエージェント・サーナです。
障がいから、自身で企業とやりとりをしたり、日程の調整をしたりすることを苦手に感じていたため、アドバイザーがサポートしてくれる就職エージェントは私に合っていると思い、登録しました。

webサイト 就職成功体験談より Fさん

アドバイザーからのおすすめ

面接に同行するメリットは、面接前の緊張をほぐす事に一役買っていると思っています。

また、面接終了も解るので企業担当者へ面接で足りなかったところのフォローを当日する事が出来ます。

これが、面談から2ヶ月以内の内定率60%になっているのではないかと思います。

就職エージェントがADHDのあなたの為に出来る事

  1. 履歴書と職務経歴書
    『エージェントが添削』
    書類選考が通過しやすいように添削をして修正を繰り返し完成させます。
  2. 企業へ応募
    『エージェントが代行』
    エージェント経由というだけで、変な候補者の紹介はしてこないという先入観のメリットがあります。
  3. 面接の日程調整
    『エージェントが代行』
    1次面接から内定のオファーまで、全ての日程調整をエージェントが行います。
  4. 面接対策
    『エージェントが模擬を実施』
    入退室から服装、挨拶、質問お受け応えなどを企業ごとのデータをもとに模擬を実施します。
    (エージェントは企業に紹介した人から、後日詳しくヒアリングを行い、面接時のデータを集めて採用されやすい様に研究をしています。)
  5. 面接
    『面接後のフォロー』
    直ぐに面接官に直接電話で様子を伺いながら最後のフォローで猛プッシュします。
    (エージェントは、候補者に面接を受けた直後に連絡をカウンセラーにするように指示をします。)
  6. 適性検査
    『適性検査の日程調整と対策』
    適性検査の種類(spi、玉手箱など)も解るので、事前に対策ができる場合が多いです。
  7. 内定
    『採用条件の交渉』
    エージェントが交渉します。面接では伝え難かった時短勤務や時差出勤、車通勤など色々な条件や障害への配慮などの交渉をしてくれます。
  8. 無事入社
    これで、終わりではありません。入社後の定着をしっかりと見届けます。
  9. 定着支援
    『カウンセラーが定期的に面談やメールでフォロー』
    何か、問題がある場合は、即対応して一番良い方法で解決まで導きます。

就職エージェントを最大限活用する7つのコツ

就職サイトは閲覧するだけですが、就職エージェントは利用するコツがあります。
これを間違えると、利用しても効果がないので最大限に有効活用する為に必ず守る様にお願いします。

  1. 嘘をつかない
  2. 2週間に1度は連絡を入れる
  3. 持っている資格はしっかり伝える
  4. 他のエージェントを利用していることを伝える
  5. 企業の応募は1つのエージェントから
  6. 合わないカウンセラーは交代
  7. 紹介された求人の企業は自分で確認

1.嘘をつかない

まず、嘘はついては行けません。かっこ悪い事でも真実を伝えないとマッチした求人が紹介出来なくて、結局失敗に終わります。

2.2週間に1度は連絡を入れる

エージェントは、次から次へ登録者が来るので忙しいです。やる気のあるところを見せるように2週間に1度はメールで連絡しましょう。

3.持っている資格はしっかり伝える

必要か必要で無いかは、エージェントでも無く企業が決めるので、何でも取得してあるのは全て伝えましょう。ひょんな事からその資格が生きることもあります。

4.他のエージェントを利用していることを伝える

カウンセリングでは、エージェントを複数利用している事は必ず伝えましょう。求職者はエージェントにとって金の卵です。他に取られたくないので必死になって良い求人を紹介してきます。

5.企業の応募は1つのエージェントから

数カ所のエージェントを利用していると、たまに同じ案件を紹介されることがあります。ですが、これはどこか1つに決めて応募しましょう。企業は複数箇所から之応募は全てNGにします。

6.合わないカウンセラーは交代

いくら慣れていて良いカウンセラーでも、相性が合わない場合や、経験不足でこのカウンセラーで大丈夫かなと言う人もいます。その場合は、すぐに交代をお願いしましょう。そのまま我慢して進めても良い方向には行きません。交代は直接言わなくてもwebサイトの窓口からすれば簡単に変わってくれます

7.紹介された求人の企業は自分で確認

紹介された企業が、どのような評価をされているのかネットで検索します。社風や社員からの評価が解るので自分でも必ずリサーチしましょう。

入社までの流れ

ADHDのあなたが就職サイトとエージェントを利用した入社までの流れです。
この流れですすめると無駄がなく就職をすすめられます。

  • STEP1
    無料登録
    当メディアで紹介した就職サイトとエージェント2-3社に登録します。
  • STEP2
    押さえに登録
    当メディアで紹介した就職サイトとエージェント1-2社に登録します。
  • STEP3
    メールに返信
    就職エージェントからメールで連絡が来たら、確認をしてすぐに返信します。
  • STEP4
    カウンセリングを受ける
    就職エージェントのカウンセラーと対面か電話、オンラインでカウンセリングを受けます。
  • STEP5
    応募する
    就職エージェントで紹介された求人から2-3社選び応募ます。
  • STEP6
    サポートを受ける
    カウンセラーから応募書類の作成・模擬面接等のサポート受けながら内定まですすめます。
  • STEP6
    内定
    無事に内定
  • STEP6
    条件交渉
    内定後、就職エージェントが条件交渉をします。
  • STEP6
    入社
    入社日までに書類を用意します。

まとめ

如何でしたでしょうか。
ADHDが利用する就職サイトとエージェントのランキングと利用するコツと入社までの流れを解説しました。

ADHDの就職サポートをしている会社は沢山あります。
今回、当メディアではその数あるなから15社を選びました。

そして、更にその中から「求人数と質」「提案力」「サポート力」の高いおすすめをランキング形式で出しました。

どの就職サービスを選んで良いのか解らない人は、ランキングの1位-3位までを登録しておいてください。この3つは『全国対応』です。
ランスタッド公式サイト
https://www.randstad.co.jp/

dodaチャレンジ公式サイト
https://doda.jp/challenge/

アットジーピー公式サイト
https://www.atgp.jp/

 

首都圏のみ対応のエージェント
ラルゴ高田馬場
https://go-largo.jp/

アビスタ公式サイト
https://ability.r-staffing.co.jp/

 

関西圏対応のエージェント
DIエージェント
https://di-agent.jp/

エージェント・サーナ
https://www.agent-sana.com/

本当は、全てのエージェントに登録をすることが、就職を早く成功させる為には一番良い方法なのですが、面倒な人はせめて『ランスタッド』と『dodaチャレンジ』だけは登録をしておきましょう。

アドバイザーKアドバイザーK

私たちはADHDの就職を応援します。