転職サイトTOP画像

障害者が転職をする時のツールとして今では無くてはならなくなった転職サイトですが、しっかりわかって利用していますか?
どの転職サイトも同じではありません。転職サイトを運営している企業ごとに特色が有ります。
それを解って利用するのとしないのでは、効果が変わってきます。

ここでは、障害者が転職する時のツールとして、より効果的に利用できるように、転職サイトについて解説します。

ここでわかること

  • 転職サイトとは
  • 転職サイトの使い方
  • 転職サイト別の違い
  • おすすめの転職サイト
アドバイザーKアドバイザーK

解説は、企業で障害者の採用計画を担当している管理人のわたしがします。

転職サイトと人材紹介会社の違いは?

たまに、転職サイトと人材紹介会社を、一緒だと思っていたり、ごちゃまぜになっている人がいますので、まず転職サイトと人材紹介会社の違いを解説します。

人材紹介会社は、企業からの求人案件を元に登録されている障害者を紹介するのが仕事です。
1人づつ面談をしたり、面接の調整をしたりして、企業と障害者の間で転職の手伝いをするのが仕事です。人材紹介会社は障害者と一緒に転職活動をします。

転職エージェントを使う

一方、転職サイトは企業がweb上に掲載した求人案件を、障害者が1人で閲覧して内容を確かめ応募します。こちらは、1人で転職活動をしている事になります。

転職サイトを使う

もちろん、転職サイトにも色々なパターンがあるので、人材紹介会社が転職サイトを運営している場合もあります。この転職サイトの運用の違いについては、このあとで解説します。

転職サイトの使い方

転職サイトの一番の魅力は、人材紹介会社のように相手がいないので、自分の空いている時間、早朝でも深夜でも好きなときに利用できることです。
その時間を使って、求人の情報収集に活用します。

具体的な利用方法としては、自分の条件にあった企業を探し、その企業を複数のサイトで確認します。

虫眼鏡

理由は、古いデータがそのまま掲載されている事があるためです。
古いデータで判断してしまうと、給料などの待遇が最新で無かったり、応募した企業ではすでに採用が終わっていたりする事もあるので、一番新しい情報を収集します。

大体、2-3カ所の転職サイトで確認して、同じ内容であれば問題ありません。この時、気をつけないといけない事は掲載された日付です。
同じ月だから一番新しいと思うと昨年だったりする事もあるので、良く気をつけましょう。

転職サイトからわかること

企業情報
企業名、事業内容、所在地、設立年月、従業員数、資本金、売り上げなど

募集要項
募集職種、仕事内容、雇用形態、雇用期間、試用期間、応募資格、勤務地、給与・賞与、各種手当て、勤務時間、休日・休暇、福利厚生など

選考プロセス
エントリー方法、面接回数、適性検査の有無など

良い転職先を見つける為には情報戦です。
いかに、良い情報を多く集められるかが勝負です。
この情報収集が出来るのが転職サイトです。
インターネットに接続出来る環境であれば、誰でもいつでも収集できます。

こんな人が転職サイトを使うのに向いています

  • 在職中で、日中時間が取れない人
  • 人に会うのが苦手な人
  • 自分のペースで進めたい人
  • 人材紹介会社を利用する前に情報が欲しい人
  • 転職を考え始めたけど、まだ本格的に活動していない人
  • 在職中で、自分の処遇が妥当か調べたい人
  • 今後の転職で有利なスキルを学びたい人

このような人は転職サイトを活用してみてください。

こんな人は転職サイトを使うのには向いていません

  • 調べるのが苦手な人
  • 仕事や転職をしたいけど行動に移せない人
  • 将来のことを楽観的に考えている人
  • 仕事を探すのが面倒な人
  • ネット環境が苦手、または嫌いな人
  • パソコンが苦手、または嫌いな人

このような人は、人材紹介会社に登録することをおすすめします。

転職サイトごとの違い

ここでは、転職サイトごとの特徴を解説します。
この記事の最初でも書きましたが、転職サイトは様々な所が運用をしています。

人材紹介会社が運営している転職サイト

人材紹介会社が運用している転職サイトです。
利用者は、転職先の企業情報を予め調べてから人材紹介会社に依頼できるメリットがあります。

特徴情報がサイトと人材紹介とリンクしているので活用しやすいです。

転職フェアと転職サイトを運営している

転職フェアを運営しているところの転職サイトです。
民間企業主催の転職フェアに参加する企業が掲載されている事が多いです。

特徴この民間企業主催の転職フェアは、企業は有料で参加しますので、採用する気満々なところが魅力です。

サテライトオフィスと転職サイトを運営している

サテライトオフィスを運営している企業が運営しているサイトです。
障害者の働き方のひとつとして、サテライトオフィスでの就業があります。
そこを運営している母体が運用している転職サイトです。

特徴サテライトオフィスでの採用情報と企業本体での採用情報の両方が掲載されています。

就労移行支援を運営してる人材紹介会社

転職の準備をする、就労移行支援を運営している企業の転職サイトです。
転職サイトや人材紹介会社を介して就労移行支援にも相談が出来ます。働く事に不安がある人が学んでから転職まで出来ます。

特徴就労移行支援では、就労定着支援まで通してのフォロー体制がある所もあるので、働くことの学びから転職まで一カ所でフォローを受けることが出来るのが魅力です。

転職サイトの比較とおすすめ

ここでは、おすすめの転職サイトを紹介します。
口コミについてはこのブログの運営に関わるライターやアシスタントの各企業の人事の社員調査と無料相談の時のアンケートを基にしています。

*転職サイトの利用は全て無料です。

人材紹介会社が運営する転職サイト

障害者転職の総合商社
dodaチャレンジ

dodaチャレンジ

パーソルチャレンジはこんな会社ですパーソルチャレンジは、dodaチャレンジとして障害者の人材紹介会社とミラトレという就労移行支援を運営しています。また、2018年には、障害者のサテライトオフィス勤務導入推進事業を厚労省から受託していました。障害者が働く事に特化した事業者です。

利用者の口コミ

woman

一番最初に登録した転職サイトでした。印象は求人案件が多いです。サイトがシンプルで使いやすいです。


人事の声

man

求人案件の掲載が依頼してから早いので、新しい情報が発信できて良いです。求人案は生ものですからね。


dodaチャレンジデータ総合:90点

総評求人案件数も多く、利用者からの評判は良いです。登録が簡単で情報の鮮度が良く見やすいのも高評価です。企業も情報の反映が早いのが良いと評価されていますが、それは求人案件数が高い事で証明されています。障害者の転職サイトとしては、必ず押さえておきたいサイトです。1つ残念なのは、地方の案件がすくないことです。

*この転職サイトの利用をおすすめする人は、首都圏で仕事を探す人です。

【公式】dodaチャレンジ


障害者の求人案件とサポートNo.1
アットジーピー

アットジーピー転職サイト

アットジーピーはこんな会社ですアットジーピーは人材紹介会社と就労移行支援を運営しています。アットジーピーの就労移行支援は障害によって通所するところが変わる、より専門性の高い物になっています。また、障害者の求人案件は業界No1で地方の求人案件も1番多いです。

利用者の口コミ

woman

求人案件が、一般の案件から、年収の高いハイクラス、スポーツ転職を考えたアスリート、新卒の就活と分かれていて凄くわかりやすく使いやすいです。登録後に利用できるスカウトのプラチナ機能は良いです。


人事の声

man

企業ごとに採用する障害者のニーズを理解してくれているので、転職サイトでのアピールの仕方をアドバイスしてくれて助かります。なので転職サイトを利用されている障害者も、企業がどのような人を採用したいかわかりやすく利用しやすいと思いますよ。また、転職サイトのスカウト機能が良いですね。


アットジーピーデータ総合:98点

総評企業の求人も、障害者の転職にも解りやすく使いやすくよく考えられたサイトの作りです。地方の求人件数も多く、全国で利用できるサイトです。このサイトは必ず登録しておくべきです。

*この転職サイトの利用をおすすめする人は、地方と首都圏で仕事を探す人です。

【公式】アットジーピー


就業経験やスキルが無くても転職できる
ラルゴ高田

ラルゴ高田データ

アスリートプランニングはこんな会社ですアスリートプランニングはラルゴ高田馬場という人材紹介会社とラルゴ神楽坂という就労移行支援を運営しています。ラルゴ高田馬場の特徴は就業経験やスキルが無い人に対応しているところです。転職サイトとしてだけで無く、一緒に人材紹介を利用することで転職への効果が発揮されます。

利用者の口コミ

woman

転職サイトの利用だけでは、もったいないです。バーチャルオフィスとして実践的・実務的なトレーニングを積めるのが特徴なので、就業経験が無い人やビジネススキルに自信が無い人には一押しです。


人事の声

man

障害者の採用マーケットは売り手市場となっていますが、実際は経験不足やスキル不足により就職や転職に至っていない人達がたくさんいます。そこを開拓しているのがラルゴ高田馬場です。昨今、障害者の採用が難しくなっていく中、新しい期待のできる転職サイトであり人材紹介会社です。


ラルゴ高田馬場データ総合:90点

総評障害者の転職や就職でもパフォーマンスが高い人やキャリアがある人が優遇されていますが、このラルゴ高田馬場ではパフォーマンスやキャリアに関係なく転職、就職に向けて相談が出来ます。また、企業も障害者の採用が売り手市場の中、人財不足で障害者の奪い合いとなっているので新しい採用をここから始められます。なので、障害者は今までに無い求人に出会える可能性が大きいです。ここは、自信の無い人と新しい求人を探す人は登録必須です。

*この転職サイトの利用をおすすめする人は、就業経験がなかったり、スキルに不安がある人です。

【公式】ラルゴ高田馬場


外資の人材紹介会社正社員案件No.1
ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドはこんな会社ですランスタッドは外資系の人材紹介会社で規模はグローバルです。正社員と外資系の求人に強いです。外資の企業は日系企業とは働き方も考え方も異なります。日本にいながら違う働き方を探す事が出来ます。

利用者の口コミ

woman

求人は、外資ばかりで無く地方も含め、たくさん有ります。社員は日本人ですが考え方は外資なので、企業への求人への売り込みが違います。障害は障害として配慮をしますが、対等な成果報酬を望む成果主義の人にはおすすめです。


人事の声

man

ランスタッドは、一般求人も扱っているので、障害者採用が遅れている企業とも付き合いがあり、その関係で障害者の求人案件が出たりしているようです。なので、他の障害者の転職サイトや人材紹介会社が発掘していないお宝求人が眠っていると聞きます。


ランスタッドデータ総合:93点

総評これは、私の感覚ですが、ランスタッドの障害者採用は企業の採用担当者からすると以前は力を入れていないように感じていましたが、ここ数年で凄く変わって来ました。障害への理解が進み、求人をする企業のニーズにあった紹介をしてくれます。これは、障害者から見てもミスマッチの無い転職が出来ると言えます。また、正社員や外資系企業の求人案件も多く持っているので、配慮より自分の力をを試したい障害者や対等な成果報酬を望む障害者に向いている転職サイトです。

*この転職サイトの利用をおすすめする人は、正社員の仕事を探す人です。

【公式】ランスタッド


アビリティスタッフィング

アビリティスタッフィング

アビリティスタッフィングはこんな会社ですアビリティスタッフィングはリクルート系の会社です。就職と転職をサポートするプロの基本があるので、障害者の求人についても同じように良く考えられたプロセスが有り、安心して利用が出来ます。

利用者の口コミ

woman

アビリティスタッフィングは、精神障害や発達障害に強い転職サイトです。人材紹介会社としてサイト以外に利用をする場合は働く事に不安があってもアビリティスタッフィング内で働く事について体験が出来、企業への紹介予定派遣も利用できるので、働く事に不安がある精神障害者、発達障害者の利用におすすめです。


人事の声

man

アビリティスタッフィングは、人事から見ると色々な採用アイデアを持っています。いつも、新しい提案に感心させられます。それだけ障害者によりそった考え方を持っている企業なんだと思います。特に精神障害や発達障害がある人は、この転職サイトを利用することで働く事への問題が解決されることが多いと思います。


アビリティスタッフィングのデータ総合:87点

総評アビリティスタッフィングは転職サイトとしてだけの利用では、本来の良さがでません。登録して参加しないと体感できないです。転職情報としては都内の精神障害者や発達障害者の求人案件がサイトで確認が出来ます。障害別に就職体験記が転職サイトで読めるので参考になります。

【公式】アビリティスタッフィング


BABナビ

BABナビ

D&Iはこんな会社ですBABナビはD&Iが運営をしている転職サイトです。その他に人材紹介会社、就労移行支援、就職面接会など幅広く展開をしています。

利用者の口コミ

woman

BABナビは全国の障害者の求人案件を取り扱っています。地方の求人も多くあるのが特徴です。転職サイトは文字も大きめで見やすく出来ています。


人事の声

man

BABナビは、担当者の対応が早く求人案件の掲載スピードも早いです。利用する障害者にとっては生の新しい情報が手に入るサイトなので使い勝手は良いと思います。


BABナビのデータ総合:91点

総評BABナビは、後発ですが勢いがあります。先発が手薄になっている地方の障害者の求人や在宅での仕事の進め方などに力を入れているように見てます。今後の成長が期待されます。案件は多めなので登録はおすすめです。

【公式】BABナビ


パソナハートフル

パソナハートフル

パソナハートフルはこんな会社ですパソナハートフルはパソナグループの特例子会社です。障害者の転職や就職をサポートしながら自社でも多くの障害者を採用しています。都心にある本社ビルには、オフィス内に稲が植えてあり田んぼがあります。

利用者の口コミ

woman

パソナハートフルは、転職サイトとしては求人案件を見ることが出来ません。求人案件を閲覧できるのはエントリーシートを提出してからになるので、転職サイトとしての使い勝手は良くありません。ただし、自社でのノウハウが多いので、始めて障害者として働く人には行き届いたサポートが期待できます。求人案は首都圏のみになります。


人事の声

man

パソナハートフルの求人案件は、すべて未公開です。企業は転職サイトとしては利用しにくいです。ただし、依頼をした場合は1件ごとに丁寧に対応をしてくれるので、障害者の採用になれていない企業には向いています。また、同じ事が求職者にも言えますので丁寧な対応が期待できます。


パソナハートフルのデータ総合:30点

*転職サイトとして登録は出来ますが、求人案件が見れないので評価不可能

総評パソナハートフルは、転職や就職が上手くいかない人や、就労支援を利用しても就職や転職がダメだった人が頼れる所です。転職サイトの閲覧としては評価は出来ませんが、このサイトを利用してエントリーが出来るので、働く事で困った障害者は登録をしておくことをおすすめします。

【公式】パソナハートフル


webSana

webSana

イフはこんな会社ですwebSanaは、イフが運営する転職サイトです。イフは障害者の就職と転職のパイオニアとして実績があります。冊子の創刊から、新卒の就職などを手がけています。

利用者の口コミ

woman

webSanaの転職サイトは全国を対象に求人案件を紹介しています。求人案件数は、他の転職サイトと差は無いように感じます。サイトの作りが古く感じます。


人事の声

man

webSanaは、30年近い実績のある障害者の転職サイトです。古くから掲載を続けている企業も多く、また新しい企業も増えているようなので障害者にとっては情報源として活用が出来ます。気になる方は登録しておくと良いです。


sanaのデータ総合:86点

総評webSanaは、最近の転職サイトとしては見にくいと思います。内容は良いのでリニューアルを期待します。情報源としては良いので活用してください。

【公式】webSana

転職フェアを運営する転職サイト

クローバーナビ

ジェイブロードはこんな会社ですクローバーナビは、ジェイブロードが運営する転職サイトです。ジェイブロードは障害者の就職と転職以外に新卒採用支援事業、薬学生・薬剤師支援事業、大学支援事業などの採用支援を企業にしています。。

利用者の口コミ

woman

クローバーナビの転職サイトは全国が対象です。求人案件数は、首都圏は他のサイトと比べると少なめです。ですが、地方の案件は多いです。地方にお住まいの人やIターンやUターンで転職を考えている人には有効な情報源がある転職サイトです。でも、作りが古いので見やすくありません。


人事の声

man

クローバーナビは、合同面接会を中心にしていますので、企業がここに掲載するのには、面接会とセットになったような契約が必要だったりして登録が面倒です。首都圏の求人案件が少ないのも、それが原因かも知れません。ですが、地方の案件には強いです。


クローバーナビのデータ総合:84点

総評首都圏より地方の案件を探している方におすすめの転職サイトです。サイトが見にくいのでリニューアル期待。

【公式】クローバーナビ


BABカンファレンス

BABナビ

アドバイザーKアドバイザーK

BABカンファレンスはBABナビを運営するD&Iが運営しています。
BABナビを確認する


合同企業面談会webSana

webSana

アドバイザーKアドバイザーK

合同企業面談会webSanaは転職サイトwebSanaを運営するイフが運営しています。
webSanaを確認する

サテライトオフィスを運営する転職サイト

MyMylink

mymylink

スタートラインはこんな会社ですMyMylinkは、スタートラインが運営をしている転職サイトです。スタートラインはサテライトオフィスを活用した障害者の雇用に力を入れている企業です。

利用者の口コミ

woman

MyMylinkは使いやすくて見やすいです。専用アプリもあり使い勝手は良いですが、求人案件が少ないです。また、サテライトオフィスの性質上か取り扱っている求人案件も正社員は無いようです。


人事の声

man

厚生労働省が障害者の雇用でサテライトオフィスを利用することを進めているので、今後の需要が期待できます。それに伴い、MyMylinkの求人案件も増えていくと予想します。今後の伸びに期待です。サテライトオフィスという転職サイトとは少し違うジャンルの窓口からの情報は利用価値があります。


MyMylinkのデータ総合:73点

総評MyMylinkは、後発で情報が少なめですが、サイトもアプリも使い安いので、情報収集に向いています。

【公式】MyMylink

転職準備のサイト・就労移行支援を運営する転職サイト

ミラトレ
dodaチャレンジ

アドバイザーKアドバイザーK

ミラトレはdodaチャレンジを運営するパーソルチャレンジが運営しています。
転職サイトパーソルチャレンジを確認する

障がいのある方への就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】


アットジーピーの就労支援
アットジーピー転職サイト

アドバイザーKアドバイザーK

アットジーピーはうつ病、発達障害、聴覚障、統合失調症、難病、web、ITの就労支援をやっています。
転職サイトアットジーピーを確認する

就労移行支援【シゴトライ】


ラルゴ神楽坂
ラルゴ高田データ

アドバイザーKアドバイザーK

ラルゴ神楽坂は、ラルゴ高田馬場の転職サイトを運営するアスリートプランニングが運営しています。
転職サイトラルゴ高田馬場を確認する

【公式】ラルゴ高田馬場

***転職サイトは複数登録するべき!***

ここだいじ転職サイトはたくさんあります。
求人をする多くの企業は、コストが掛かるので一度にたくさんの転職サイトに掲載しません。それなので情報に漏れが無いように複数の転職サイトに登録するべきです。
転職サイトの登録は無料で2-3分ほどで出来ます。

登録する転職サイトを選ぶのが面倒な人はここだけ登録しておけば仕事が見つかります。

まとめ

アドバイザーKアドバイザーK

ここまで、転職サイトについて解説してきましたが、自分が登録する転職サイトは見つかりましたか。
最後に良くある質問です。

登録すれば、必ず転職できますか。
確約はできませんが、今回のアンケートの結果では8割の方が登録をしていました。
利用するのにはお金がかかりますか。
どの転職サイトも全て無料で利用できます。
登録した後に、しつこい勧誘や連絡はありませんか。
登録情報は、転職以外の他に使用することはありません。
フリーメールアドレスでの登録は可能ですか。
もちろん問題ありません。
複数の転職サイトで登録できますか。
はい、できます。複数登録することをおすすめします。
気になる企業に何度も応募することは出来ますか。
1年未満に同じ企業に応募することはおすすめしません。その時点でNGになる事が多いようです。
おすすめの転職サイトはありますか。
どれも、おすすめですが自分の目的に合った転職サイトを複数登録することが効果的です。解りやすいように、下に目的別にまとめておきました。

目的別転職サイトの活用

就労移行支援から転職までの就労支援
dodaチャレンジ
アットジーピー【atGP】
【ラルゴ高田馬場】
採用する気満々の企業を探すのなら転職フェア
webサーナ
クローバーナビ
サポートを受けながら安心して働きたい人はサテライトオフィス
MyMylink

自分の転職スタイルに合わせて複数ご利用ください。

転職サイトに登録するメリット転職に成功した8割の人が転職サイトに登録しています。
ここに登録しておけば、自分に合った新しい転職情報がメールで送られてきます。
おすすめは2-3社です。
アドバイザーKアドバイザーK

どれに登録して良いかわからない人や、面倒な人はここだけ押さえておこう。
あなたの転職成功を応援します。